札幌や旭川のフロアボールカフェ、なぜ無料にこだわるか、それは、地域の子供たちの居場所、いつでも帰ってこれる家みたいな場所にしたいからです。ただそこにいるだけでもよい。べつにプレーしなくても、帰るべき家に集まってきてただワイワイするだけのスタンスも拒まない。

そんな場所を、大人がちょっとずつお金を出して(サポーターになり)確立させませんか、という思いです。フロアボールなら。できます!

↑このページのトップへ