2018年12月17日放送の【めざましテレビ】に出演いたしました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1960.JPG
歌手misonoさんの夫が闘病中の精巣がんについて、がんのエキスパートとして解説させていただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1962.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1959.JPG
精巣がんは10万人あたり1人が罹患する比較的稀ながんではありますが、20代〜30代の男性においては最多のがんでもあります。

片則の精巣の腫れで気づくこともありますが、非常に進行が早くて短期間でどんどん転移していくので、転移病変による症状で見つかることも少なからずあります。

misonoさんの夫も、お腹の中のリンパ節転移巣が15cmにも達し、胃の違和感を訴えられていたようです。

治療としては、片則の精巣を摘出したうえで、ステージによっては抗がん剤治療を追加することになります。

多くの精巣がんは適切な治療により完治が望めますので、是非ともmisonoさんご夫妻も明るく前向きに治療に当たっていただけたらと思います!

それではまた(*^_^*)

内科 消化器科
胃カメラ 大腸カメラ
健診 小児予防接種

ファミリークリニック ひきふね
院長  梅舟 仰胤

http://fc-hikifune.com

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1904.JPG
10月25日 NHK 「所さん!大変ですよ」に出演いたしました!

消化器内科専門医として、逆流性食道炎について解説いたしました

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1902.JPG

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流する事で起きる病気で、胸焼け・ゲップ・呑酸・胃のむかつき・ノドの違和感や痛み・背部痛・嘔気嘔吐などの多彩な症状を呈します。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1909.JPG
原因としては
・アルコールの過剰摂取
・脂質の多い食べ物の過剰摂取
・食べたあとすぐ横になる
・姿勢の悪さ(猫背)
・大食い、早食い
・肥満
・妊娠
・ストレス、冷え、疲れ、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れなどによる胃の働きの低下
・食道裂孔ヘルニア(胃と食道のつなぎ目が緩くなる)
が挙げられます。

逆流が長く続くと食道ガンのリスクも高まります

「もしかしたら自分は逆流性食道炎かもしれない。。。」

と思った方は、お近くの消化器内科を受診して、まずは胃カメラによる診断をしっかりとつけましょう!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1912.JPG
なお、ファミリークリニックひきふねでは、眠っている間に苦痛なく胃カメラ・大腸カメラを受けられます年間2,000件の検査実績があり、検査はすべて東大消化器内科出身の専門医により行われます(^^)

逆流性食道炎と診断がついた場合には、上記に挙げた生活習慣の改善や、症状がひどい時にはお薬を使って上手く対処していきましょう

それではまた!

内科 消化器科
胃カメラ 大腸カメラ
健診 小児予防接種

ファミリークリニック ひきふね
院長  梅舟 仰胤

http://fc-hikifune.com

告知です

10月25日(木) 
20:15〜20:45 
NHK「所さん!大変ですよ」
に出演いたします(^^)

今回は梅ちゃん先生の専門である消化器領域のお話となります

目の前の患者様を救うだけでなく、お茶の間の向こうの皆様にも有益な情報を届けることで役に立ちたい

その想いを胸に、これからもオファーを頂いたメディア出演のお話は極力断らずに行こうと思います!

それでは25日(木)、良かったら番組をご覧ください
内科 消化器科
胃カメラ 大腸カメラ
健診 小児予防接種

ファミリークリニック ひきふね
院長  梅舟 仰胤

http://fc-hikifune.com

↑このページのトップへ