★ 肉遠征 ★

さて、ここからは昨年行ってきたグルメ遠征を、簡単にレポートしたいと思いますが…

IMG_0617
まずはアメリカンミートが生み出されている肉の聖地・アメリカ中西部での豚肉遠征

IMG_0623
BBQのメッカとしても有名なシカゴまでは、飛行機で約12時間もかかるフライトで…

IMG_0626
着いた頃には時差ボケになりますが、食欲だけはボケないのがDEBUの良いところ。

IMG_0627
今回は豚肉を勉強しに行きましたが、以前に日本の養豚場や工場は見学してきたので、
輸入量が多いアメリカンポークの養豚場や工場も見ることで、俯瞰的に肉を知ろうと…

IMG_0641
たまにはちょっとマジメな活動もしてみますが、先に結論を言うと、、かなりの驚き!

IMG_0639
というのも、生産や加工においては、しっかりと「安心・安全性」が担保されていて…

IMG_0644
料理も、日本ではあまり出会えない「BBQソース」を駆使した味が魅力的だったから。

IMG_0801
飼料工場に行って話を聞いたら、正直、それまでは無理やり成長させるホルモン剤を、
たくさん投入しているイメージを勝手に持っていましたが、そういうものは使用せず…

IMG_0797
アメリカ中西部の名産品である甘いトウモロコシを中心に食べさせている、自然由来。

IMG_0804
そして農場では、ザ・グレートアメリカンな大自然に囲まれた環境で、ゆっくり育てられ…

IMG_0808
汗をかかずに呼吸によって温度調整している豚だからこそ、湿気の多いミズーリ州は、
呼吸でより多く水分補給できることで、美味しく健康的な肉質になっているようでした。

IMG_0824
そして、世界最大の食肉加工メーカー・スミスフィールド社のマイラン工場にも行き…

IMG_0812
その加工過程も見てきたら、日本では職人さんたちの技術に頼る加工が多かったものの…

IMG_0814
アメリカでは、まるでトランスフォーマーばりの大型機械も使いながら加工されていき…

IMG_0817
オートメーション化された行程は、まさに最先端の技術と規模をかいま見た瞬間!
日本をはじめ、世界に安定供給を続けていられる生産体制の底力が分かりました。

IMG_0772
そんな豚肉は、日本の豚とはまた違った「肉質」と「カット」で提供されていますが…

IMG_0677
それはやはり食べて学ばないと!ということで、もちろんシカゴでも食べてきましたYO!

IMG_0687
じつはBBQインストラクターの資格も取ってしまったほど、BBQ好きのDEBUですが、
BBQコンロはアメリカから取り寄せており、そのコンロこそが崇拝するWEBER社製。

IMG_0689
シカゴの街を歩いていたら、WEBERの直営店を見つけたので、迷わず入ってみたら…

IMG_0700
【シカゴ:Weber Grill Restaurant Chicago】
WEBERのコンロを使った豚肉のBBQ料理に出会えたので、もちろん食べちゃうでしょ?

IMG_0701
これは「バックリブ」というロース側にある骨付き肉で、アメリカならではのカット。
日本でも食べられるスペアリブはバラ側の骨付き肉ですが、このバックリブがスゴイ!

IMG_0702
ほろっと崩れる柔らかさがあり、脂感は弱めなものの、そのぶん赤身肉の濃い味わい!
最近は日本でも少しずつ見かけるようになりましたが、こりゃあ肉好きは必食モノです。

IMG_0726
【シカゴ:Carson's Ribs and Steaks】
2軒目にハシゴしたお店でも本場のバックリブは健在で、その独特の肉質に加えて…

IMG_0727
そのお店ならではの、スモーキーでピリ辛なBBQソースも食欲がそそられる美味しさ♪

IMG_0835
【カンザスシティ:Smokehous BBQ】
まるで日本の味噌汁のように、それぞれのお店や家庭でオリジナリティーのあるソースで、
ケチャップとウスターソースを混ぜたような味わいですが、なんともビールすすみまくり♪

IMG_0653
【シカゴ:The Farmhouse Restaurant at Fair Oak】
もちろん、バックリブ以外の部位や、BBQソース以外の味付けも豊富にありましたが…

IMG_0668
日本でもBBQブームが到来していることもあり、ぜひBBQソースは試してもらいたいです!

IMG_0729
【シカゴ:Carson's Ribs and Steaks】
ちなみに、、アメリカ中西部は牛肉も盛んなところなので、牛肉も合わせて食べてみたら…

IMG_0735
日本でも有名なアンガス牛なので、赤身の野性的で肉々しさが際立つ、パワフル感!

IMG_0836
【カンザスシティ:Smokehous BBQ】
しかもカンザスシティで食べて度肝を抜かれたのがコチラで、なんと牛のスペアリブ

IMG_0844
豚のスペアリブは見るけど、牛のスペアリブをドカン!と提供しているのは初めてで…

IMG_0865
骨を持ってそのままカブりついてみると、身も心もお腹も踊り出すほど、デブリシャス!

IMG_0870
歯を押し返す肉々しさにジューシー感が加わった、スペアリブだからこその味わいでした♪
(これは日本でもヒットしそうなので、ぜひとも日本のお店も出してもらえると嬉しい!)

IMG_0779
というわけで、BBQ文化の本場アメリカで、豚肉を学びつつ太って帰ってきたこの遠征。

IMG_0649
もちろん日本の豚も大好きなので、日本人として日本を応援したい気持ちはありますが、
輸入で成り立っていることも事実なので、両方が共存することが大事だと思っています!

IMG_0830
個人的には、日本はキメ細かい美味しさで、アメリカはワイルドで野性味のある美味しさ。
もちろんすべてではないですが、キャラは違っているので、食べ比べる楽しさがあります♪

image
さいごに余談ですが、、今回行ったお店は「instagram」にアップしていて…

2016-01-17-11-48-25
店名のところをクリックしてもらえれば、地図が出るよう位置情報もつけています。

fe9afab7-s
そんなこんなで、アメリカの養豚場で思わずDEBUも出荷されそうになりましたが、
無事に帰れたので、成田空港から「一福」に直行して、うどん3杯食べたのでした☆


====コチラもお願いします!====
   instagram twitter / facebook         
東京 トレンドグルメ2015
東京 肉らしいほどうまい店」出版!       
==================