★ ディナーカロリー ★

汁なしタンタン麺とは、一見、麺料理に見えるが、ごはん料理にも生まれ変わる。」

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5334.JPG
そう、先祖からの遺言を胸に秘めて生きてきましたが、それがこのお店で証明されました。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5336.JPG
それは、札幌の人気店が先月(2018年1月)に東京初進出してきた「175°DENO担担麺」。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5337.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
変わった店名ですが、175°とはラー油を作るときの温度のことで、つまり自家製ラー油

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5340.JPG
【汁なし担担麺 シビれる(850円)+粉チーズ(100円)】
それを使って、店主の出野(DENO)さんが担担麺を作る、ということでその名前に!

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5343.JPG
この美しさは思わずウットリしてしまう完成度で、これぞ汁なしタンタンのあるべき姿

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5344.JPG
自家製ラー油ゴマペースト、そして挽肉、干しエビ、ナッツ、水菜を麺とともに混ぜて…

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5346.JPG
さっそく口に運んでみると、、つるんとしながらもムチムチで弾力感のある平打ち麺が、デブリシャス! ピリッとした自家製ラー油、そして舌をビリビリと刺激してくる山椒でパンチはあるのに、コクのあるゴマペーストによってマイルドに仕上げてくれています。 いわゆる激辛タイプではなく、どちらかと言うと辛さは控えめなのに、しっかりシビレさせてくれる高等テクニック!

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5348.JPG
しかも、たっぷりの粉チーズをかけると、香りと旨味が増して素晴らしき味変になり…

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5808.JPG
そのまま麺をバキュームして完食してしまったものの、ここからがDEBU的には本番です。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5352.JPG
そう、冒頭に明記したとおり、汁なしタンタン麺はごはん料理に化けるポテンシャルがあり…

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5353.JPG
残ったソースにインザライスすれば、これぞ、汁なしタンタンごはんのできあがり♡

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5354.JPG
ソースの旨さが肝心なので、ごはんを投入することで、さいごまで余すことなく楽しめます。

いやはや、札幌からの刺客はここまで強敵だとは思わず。 麺、自家製ラー油、ゴマペースト、そしてさいごまで飽きずに食べられる粉チーズ&ライスというパートナーを味方につければ、これは東京でも名を馳せることマチガイナシです☆


▼ こんなときにココで太りたい!
DENO担担麺が、DEBU担担麺に空目してしまったとき。

▼Instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:担々麺 | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅