★ ディナーカロリー ★

世の中にはまだまだ知られざるおもしろいものがあり、東京の台所・築地でも新発見!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4502.JPG
それは、築地の路地裏にある「たつみ鮨」という、一見普通の大衆寿司屋に見えますが…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4503.JPG
店頭には「セパレートちらし鮨をお勧めいたします」と書いてある不思議な張り紙が。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4504.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4505.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
店内に入ってみると、これまた昔ながらの大衆店で、大将前のカウンターもあるけれど…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4507.JPG
【ハイボール(450円) / 昆布煮(お通し)】
テーブル席にひとりでゆったり座らせていただき、濃いめのハイボールでスタート(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4508.JPG
【生牡蠣(350円)】
いきなりメインにいくのもなんなので、軽いおツマミとして、生牡蠣を注文してみたら…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4558.JPG
これが大正解で、大ぶりでいて味わいはしっかり濃厚で、クリーミーでミルキーな牡蠣エキスが口いっぱいに広がります。 これだけの素晴らしい牡蠣が、1個350円だなんてリーズナデブルや!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4513.JPG
【特上ちらし鮨(2750円)】
そしていよいよメインのセパレートちらし鮨を頼んでみたら、、たしかにセパレート!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4557.JPG
酢飯の上に魚介が散らされているのが、本来のちらし鮨ながら、ここは具が多すぎて…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4516.JPG
酢飯の上にウナギ・カニ・ウニ・イクラ・玉子・シソ・生姜などが乗っていることに加え…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4512.JPG
別の木の板には、マグロ赤身・マグロ中トロ・イカ・赤貝・ボタン海老・ブリ・トリ貝・ホタテ・コハダなどが身を寄せ合っていて、もはやこのおしくらまんじゅう感は、ちらし鮨の具というよりも、刺身盛りでしょ(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4518.JPG
少し硬めに仕上げられた酢飯とともに、オンザライスした具材をモリモリいくわけですが…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4517.JPG
プルっとした弾力感のあるボタン海老など、どれもしっかりと鮮度の良さが感じられるもの♪ しかも、1切れずつ盛られているので、それぞれの違いを楽しむことができるし、濃厚なウニやイクラで味が濃くなっても、散らされた生姜やシソでサッパリとさせてくれる気遣いも嬉しいところ。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4520.JPG
普通は別盛りにされたくないところ、これだけの贅沢ができるならセパレート大歓迎です!

なにげに、これは牛丼(ごはんの上に焼肉がのっていて牛肉煮はセパレート)や、親子丼(ごはんの上に焼鳥がのっていて卵とじはセパレート)のように応用できそうなので、ぜひ築地からセパレートのブームが起こってほしいものです☆


▼ こんなときにココで太りたい!
昔ながらの大衆寿司屋で、セパレートという英単語が飛び交う現場を体験してみたいとき。

▼ Instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:寿司 | 新富町駅築地駅東銀座駅