★ ディナーカロリー ★

昔からマスコミの業界人に愛されてきたお店、それは「巨牛荘(きょぎゅうそう)」。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8282.JPG
両国に本店があり、六本木と半蔵門に支店がありますが、自分もデブリーマンの新入社員時代に先輩から連れられ、六本木店で太ったのは良き思い出です。 当時の六本木店は、あまりキレイとは言えない内装だったのを記憶していますが、今は昔の近く(ロアビル裏あたり)の大箱に移転リニューアルしました。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8321.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8322.JPG
oaDjAsIulq.jpg
JiK4qbrl3o.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8283.JPG
【飲み放題メニュー(クリックで拡大)】
ここの名物はプルコギで、もちろんそれも美味しいけれど、やっぱり〆がまた格別!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8284.JPG
【キムチ盛り合わせ(3人分/コース内)】○
その〆を食べるためだけにプルコギを食べ、このお店に来ると言っても過言ではないほど。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8288.JPG
【サラダ(1人分/コース内)】○
今回は名物がひととおり全部入った@6000円の巨牛荘コースに、2000円の飲み放題を追加。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8287.JPG
つまり、お酒を浴びるようにガンガン飲みながら、巨牛荘で自分も巨牛になっちゃいます♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8285.JPG
【タン塩(4人分/コース内)】○
キムチやサラダなどをさっそうと胃袋にしまいつつ、まずはプルコギの前の焼肉から。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8286.JPG
いきなり出てきたのは定番の牛タンで、あらかじめ塩ダレでもみこまれているタイプで…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8291.JPG
これをサンマを焼くような焼き台で、簡易的に網焼きするわけですが、火の通りがあまり良くないので、焼きぶぎょう、改め、焼きデブぎょう的にはしっくりこず(笑) それでも、グイッと歯を押し返してくるタンの弾力感は健在で、まずは歯の準備体操からスタートするわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8294.JPG
【カルビ・ヒレ・ハラミ(4人分/コース内)】○
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8348.JPG
続いては、タレに漬け込んだカルビ・ヒレ・ハラミを、豪快に焼いていくわけですが…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8298.JPG
やっぱりタレが焼ける香りが立ち込めるだけで食欲が増すのは、いわゆるタレマジック!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8296.JPG
肉質はそこまで良いというわけではないけど、ここぞとばかりに肉の脂とタレが融合すれば…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8297.JPG
飲み放題のハイボールをぐいぐいとススませちゃうので、メインの前に酔っぱらい!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8299.JPG
【サニーレタス(4人分/コース内)*本当はプルコギ用】
普段は食べないサニーレタスという名の痩せちゃう野菜で、とりあえず酔いを覚ましたら…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8289.JPG
【ケジャン(4人分/コース内)】◎
プルコギとともにもうひとつの看板メニューである、ケジャンに喰らいついちゃいます!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8290.JPG
これは韓国料理ではメジャーな、ワタリガニを殻ごとカンジャン(醤油)ベースのタレで漬け込んだもので、火を通していないので、中がトロンとなめらかな柔らかさ。 いわゆるマグロのヅケと同じで、タレの旨味をしっかりと吸い、しかも熟成の工程を経ているため、これでもか!というほどに旨味がぎっしり♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8293.JPG
殻ごと持ってチューチュー吸えば、誰もがチューチュートレインのようにハイテンションに!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8300.JPG
【プルコギ(4人分/コース内)*最初の半分だけ】◎
そしてお待たせしました。 すでに酔っぱらいながらも、メインのプルコギが登場です。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8302.JPG
プルコギとは、和牛カルビの薄切り肉に、ネギなどの薬味&タレを混ぜ合わせ、中央がこんもり盛り上がった鍋で焼き上げる料理で、脂肪分が多い肉の部位だからこそ、タレとの一体感が魅力的。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8305.JPG
つまりそれは、白米との相性が良いことを意味するため、もちろん日本昔話盛りに…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8346.JPG
有無を言わさずにOTR(=On The Rice)しちゃうわけですが、これをひとくち食べれば…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8308.JPG
誰もが「めっちゃデブリシャス! 略して、めちゃデブ!」と叫んでしまうだろう美味しさ。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8310.JPG
そう、薄切りだからこそ、トロけてなくなる口溶け感があり、和牛の脂の甘さと相まって…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8311.JPG
ごはんと合わせるために生まれてきたと思えるこの出会いは、まさに Rice to Meat you!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8312.JPG
しかも、この鍋に残った肉汁こそが、肉と脂の旨味がぞんぶんに浸みでた黄金のエキス。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8314.JPG
【焼きうどん(4人分/コース内)】☆
それを白米にぶっかけだけでも美味しそうだけど、ここにうどんを投入しちゃえば…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8315.JPG
どんどんと、うどんがゴールデンエキスを吸いはじめ、光輝くゴールドセイントに!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8345.JPG
しかも、ケジャンの漬けダレも混ぜちゃうことで、以前から力説している「動物系×魚介系」による旨味の相乗効果がここでも発揮され、んもうこれは反則技でしょ!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8347.JPG
本来のうどんは麺が主役でありながら、この料理では、肉汁を楽しむためのツールであり…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8319.JPG
だからこそ麺をバキュームすると、、今まで積みあげてきた肉汁の旨味がスパークリング!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8320.JPG
ケジャンの甲羅の中に麺をぶちこみ、蟹味噌とともに食べるのも、ツウな太り方です♡

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0719.JPG
今回は、チーム「食べあるキング」が毎月やっている定例会で、このお店を選びましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0720.JPG
やはりこれらの演出はとても盛り上がるので、これからの忘年会シーズンにも重宝しそう♪

今も昔も愛され続ける「巨牛荘」のように、自分もたくさん肉汁を出していこうと思います☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:焼肉 | 六本木駅麻布十番駅六本木一丁目駅