★ ディナーカロリー ★

前記事で紹介した「玄海@新宿」で、老舗の水炊きに腹つづみを打ったあと…

IMG_7408.JPG
なぜか水炊きコース完食後なのに焼肉も食べようということになり、まさかのハシゴ!

IMG_7409.JPG
まさか!と言っておきながら、じつは自分が仲間を強制連行した、言い出しっぺです(笑)

IMG_7417.JPG
IMG_7411.JPG
IMG_7412.JPG
IMG_7413.JPG
IMG_7414.JPG
IMG_7415.JPG
IMG_7416.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
突撃したのは飯田橋にある「とびうし」というお店で、2フロアにわたって全席個室

IMG_7420.JPG
【キムチ盛り合わせ(900円)】
なぜわざわざ新宿から飯田橋に移動してまで来たのかと言うと、それはこちらの…

IMG_7423.JPG
【ウニ肉巻き(2貫1300円×2)】
ウニ肉巻きをどうしても食べたかったから! そう、肉業界トレンドのひとつ、肉×ウニ!

IMG_7426.JPG
東京でこの組み合わせが流行り、今では大阪にも飛び火して盛り上がっているようで…

IMG_7498.JPG
ウニがまるで濃厚なソースとなって、レアめのお肉と絡み、ステキなマリアージュを実現♪

IMG_7440.JPG
中にはごはんが入っていて、シソの葉の清涼感とともに、すべてが一体化して押し寄せてきます! なにげに東京では勝どき「かねます」が昔から肉×ウニの組み合わせを提供していましたが、かねますさんは霜降り肉を使っているので個人的には脂の口溶け(ロウソクのロウのように口に残りがち)が気になっていたところ、最近は牛肉の脂の融点が高いことを配慮してか、レアめに仕上げた赤身肉とウニを合わせるお店が多くなってきた印象です。(ちなみに、この肉×ウニは「うにく」とも呼ばれています)

IMG_7434.JPG
【和牛炙り握り(2貫1000円×2)】
そして、もうひとつ、気になって前菜がわりに頼んでしまったのが、和牛炙り握りで…

IMG_7436.JPG
しっかり炙って脂を溶かしてあるので、口に放り込んだときの肉汁の開放感にうっとり♪

IMG_7442.JPG
こういった肉寿司=肉のオンザライスではあるので、美味しくないわけがありません!

IMG_7450.JPG
【とびうしローストユッケ(1400円)】
IMG_7453.JPG
ローストビーフに濃厚な卵黄をのせたユッケ風な一皿に続き、いよいよここからは焼肉タイム。

IMG_7444.JPG
【極み牛タン(2400円)】
IMG_7447.JPG
IMG_7461.JPG
厚切りタンが食べたくて豪勢に極タンにしてみたら、クララじゃないけど、お肉が立ったYO! 冷凍モノなのは気になったものの、プリッとした弾力は健在で、リズミカルに噛みしめれば同じタイミングで肉汁が溢れだします。

IMG_7456.JPG
【ランプ(1400円)/特上和牛ハラミ(1800円)/大判サーロイン(2000円)】
さらに、ランプ!ハラミ!サーロイン!を部位ごとに注文したら、一皿に盛られて登場。

IMG_7460.JPG
IMG_7465.JPG
大判サーロインはその名のとおり大判型にカットしたサーロインで、脂いっぱいな霜降りなので爽やかなワサビとともに。

IMG_7458.JPG
IMG_7467.JPG
特上和牛ハラミは、肉の繊維と繊維の間から浸みでるエキスがたまらなく、それがまた重たくないので、いくらでも食べられそう♪ ちなみに、こちらのお店ではメニュー表に産地も明記して和牛に統一していますが、あえてハラミだけ和牛の名が添えられているのは、ハラミはホルモンに属して流通が違うから。和牛のハラミを出せているというのは、お店にとってはお客にアピールしたい肉の仕入れ力です。(タンもホルモンで、黒タン=黒毛和牛のタンのこと)

IMG_7457.JPG
IMG_7470.JPG
ちょうどアメリカの大統領選でトランプ氏が勝った日だったので、10秒ランプ=トランプも! なかなか肉々しくてワイルドなパワフルガイでした(笑)

IMG_7471.JPG
【ヘレ飯(2800円)】
IMG_7490.JPG
IMG_7492.JPG
IMG_7494.JPG
さいごの〆炭水化物は、阿佐ヶ谷「シャトーブリアン」の名物ブリ飯をインスパイアしたような、ヘレ飯。 ヘレ肉(ヒレ肉)を焼いたあと、ごはんにのせ、バターソースをかけてウニをのせれば完成! ヒレ肉自体はサッパリとした赤身肉ながらも、甘いタレと香り良いウニが白米を呼びよせます♪(でもさすがに高いので4人でシェア)

IMG_7476.JPG
【ウニ肉巻き(1300円)/和牛炙り握り(1000円)】
IMG_7488.JPG
そして、最初に食べて美味しかった肉ウニ巻き&和牛炙り握りをおかわり! ついついリピートしてしまい、誰もが写真を撮ってSNSに投稿したくなる「フォトジェ肉」だからこそ、この一皿を食べるためだけに立ち寄りたいお店です。

IMG_7483.JPG
【万願寺唐辛子のテグタンスープ(600円)】
IMG_7484.JPG
ちなみに、激辛姫こと金成姫ちゃんは、ここでも万願寺唐辛子の激辛スープを攻め…

IMG_7486.JPG
【大人のアマレット杏仁豆腐(500円)】
スイーツ番長とあまいけいきさんというスイーツ業界の2大巨頭は、2軒目でもスイーツを。 アマレットのリキュールがかかった杏仁豆腐は、クリーミーながらも、お酒が香るオトナテイストでした。

というわけで、水炊き後の2軒目であろうとも、果敢に戦ってしまったこちらのお店。 お肉が少し凍ったままだったり、料理提供にけっこう時間がかかるのはネックですが、全席個室でゆったり落ち着け、さらにウニ肉巻きをはじめとしたフォトジェ肉な料理は、ミーハー肉会に良さそうです☆


▼ instagram投稿

水炊きを食べて温まったあとは肉ハシゴして、飯田橋【とびうし】で、ウニの肉巻き寿司、略して、うにく! やっぱりトレンドのひとつ、肉とウニのマリアージュはホント相性ばつぐん。 焼肉も食べつつ、さいごにおかわりしちゃった♡ #飯田橋 #とびうし #肉ウニ #うにく #うに部 #フォトジェ肉 ------- <English> After warmed up with the chicken hot pot, I went to a meat-hopping to "Tobiushi" in Iidabashi to have a combination of sea urchin (uni) and raw beef (niku) or Uniku! No doubt that the mariage, one of the current trends, of the two ingredients are perfect. I ordered another one after yakiniku♡ #japan #tokyo #iidabashi #tobiushi #beefseaurchin #uniku #seaurchinclub #photogeniku #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)が投稿した写真 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:焼肉 | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅