★ ディナーカロリー ★

前記事に続き、「うなぎ」⇒「あなご」⇒「あなご」⇒「うなぎ」の流れになっていますが…

IMG_3870
今度は、千葉県の柏で見つけた、なんともめずらしい調理法のうなぎ屋をご紹介します!

IMG_3845IMG_3846
IMG_3847IMG_3848
【メニュー(クリックで拡大)】
この日は、柏の高島屋さんで肉トークショーを開催させていただいた流れで突撃しましたが…

IMG_3850
【お通し】
イベントで肉寿司を食べたあとだったので、いわば、うなぎは〆炭水化物的な扱い。

IMG_3852
【山形牛 牛たたき(950円)】
それでも、マグロ・イカ・チーズきのこの嬉しいお通しとともに、も頼んじゃいますが…

IMG_3853
山形牛のたたきは、レアめのなめらかな口当たりで、ポン酢のジュレが清涼感をプラス♪

IMG_3855
【白焼き 特(2600円)】
さらに、うなぎ屋のツマミと言えば白焼きも食べたいところで、超シンプルな見た目ながら…

IMG_3857
弾力感のある焼きあがりで、少し泥臭さは奥のほうに感じるものの、お酒にはぴったり。

IMG_3858
【生むし鰻重(3300円)】
さぁ、そして、満を持して登場するのが看板メニューのうな重ですが、美しきビジュアル!

IMG_3863
タレが艶やかに光輝く姿に思わず見とれてしまうけれど、特筆すべきはその外見ではなく…

IMG_3865
生むしうなぎ」という独自の調理法で仕上げられた、超絶ふわふわエアリーな食感!

IMG_3866
関東風うなぎは通常、素焼き(白焼き)⇒蒸し⇒タレ焼き(蒲焼き)という調理行程ですが、
こちらは素焼きを省いて、いきなり生のまま蒸しあげたあとにタレ焼きするという調理方法。

IMG_3868
いきなり蒸したものをタレ焼きするのにも技術がいると思いますが、だからこその技で、
ふわふわっと口の中で溶けていくような柔らかさを演出できているのは、デブリシャス♡

IMG_3869
ごはんは「宮川本廛@築地」のように、もうちょっと硬めに炊いたほうが合いそうですが、
圧力釜でイッキに蒸す「鰻禅@浅草」と同じく、トロけるうなぎの食感は一級品でした♪

いつの間にか始まってしまった「うなぎ&あなご特集」ですが、専門は肉とごはんなのに、
このまま続けると、うなぎブロガーと思われそうなので、ここでいったん終わります(笑)


【こんなときにココで太りたい!】
*天使の口溶けの生むしうなぎで、ごはんもゴクゴクと飲み干したいとき。

【追記メモ】
*柏駅から徒歩10分くらいの路地裏にあり、店内はテーブル席が数卓。
*うなぎは注文を受けてから裁いて調理するので、提供までに時間必要。

▼ instagram投稿

このうなぎ、すごい! 通常の関東風うなぎは、素焼きしたあとに蒸して、さいごにタレ焼きするのが一般的だけど、柏にある【芳野屋】は、素焼きせずに蒸しあげる「生むしうなぎ」が名物。だからこそのふわっと溶けてなくなる新食感で、食通の田中先生もご満悦😂 #柏 #芳野屋 #うな重 #うなぎも肉料理 #うなぎも飲み物 ------- <English> I found this eel magnificent! Eel in Kanto region is usually grilled first then steamed and grilled again with sauce to finish, but at "Yoshinoya" in Kashiwa steam eels first without grilling, their special procedure called 'Raw steamed eel'. That made the eel fluffy and melty and made even Ms. Tanaka aka a food connoisseur happy😂 #japan #kashiwa #yoshinoya #eelbowl #eel #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)が投稿した写真 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:うなぎ | 柏駅