★ ディナーカロリー ★

鳥栖で約40品におよぶ「スタジアムグルメ」を、仲間たちとともに制覇したあと…

IMG_5939
周辺グルメを攻める旅は終わらず、博多に戻ってきて、生きたかった念願のお店へ!

IMG_5942
【お通し 5人分】
それは、博多から近い薬院(天神)にある、牛タンと牛サガリのお店、「たんか」。

IMG_5940IMG_5941
IMG_5943IMG_5944
IMG_5946IMG_5947
IMG_5948IMG_5949
【メニュー(クリックで拡大)】
じつはここ、タンしゃぶが絶品の「小滝野@白金高輪」の見本になったお店で、
小滝野の店主がこのお店の味に感激し、がんこ親父に頼んで味を引き継いだもの。

IMG_5950
【キュウリの1本漬け(300円)】
小滝野はフォーリンデブ本「東京 肉らしいほどうまい店」でも紹介しているほど…

IMG_5953
【牛サガリのタタキ(980円)】
好きなお店のひとつなので、その師匠ならば、きっとそれ以上に肉らしさMAXなはず!

IMG_5955
そんな期待を抱いて訪れたら、、まず最初に頼んだ牛サガリで、んもうビックリ!
表面をサッと炙っただけなので、なめらかなレア感が素晴らしく、赤身の肉々しさが♪

IMG_5958
【たんかの牛タン焼き(1300円)/たんかの牛サガリ焼き(1300円)】
そう、ここはそんな牛サガリ(ハラミ)と、牛タンがウリなので、その2つはマスト。

IMG_5959
サガリとタンを串焼きにしたものは、串に刺して焼くことで絶妙な火入れを管理でき、
串からハズしてみると、中がほんのりレアピンクに輝く、まさにこれは赤いルビーや♪

IMG_5962
歯を押し返してくるほど弾力フルなタンは、サクッとした歯切れの良さも演出し、
繊維と繊維のスキマから肉汁が溢れ出てくるサガリは、野性的ながら高貴な気品も。

IMG_5964
【たんかの牛テール焼き(950円)】
一串にしっかりと量がついているので、2~3人で分けてもじゅうぶんな満足感で…

IMG_5965
続いての牛テール焼きも、コラーゲンたっぷりな、トロッとした口溶けに興奮です♪

IMG_5974
【牛タンのしゃぶしゃぶ 2人前(1800円×2)】
さぁそして、コレを食べずには帰れない、牛タンのしゃぶしゃぶもオーダーするYO!

IMG_5967
小滝野の原点となった牛タンしゃぶしゃぶは、皿に盛られた姿からデブューティフルで…

IMG_5971
まさにそれは満腹で視界が薄れる中でも、しっかりと雄々しく咲き誇る一輪の肉花。

IMG_5977
昆布出汁にさらっとクグらせると、タンはほんのり色づき、それをポン酢で食べると…

IMG_5978
さらに力強さを増したタンが、口の中でプリップリに暴れ出し、同時にお腹も踊り出す!

IMG_5980
生の肉を1枚1枚、手切りするからこその、適度な肉厚感となめらかさが同居していて、
ここまでDEBUをトリコにしてしまうとは、、これぞ、牛との最高のディープキッス!

IMG_5982
【がんこ親父の焼めし(650円)】
牛タン(舌)と自分のタン(舌)を絡ませるから、ディープキッスと表現していますが、
今までテレビでそう発言してもすべてカットされているのは、正直、悲しいところ(笑)

IMG_5983
さすがテレビはお上品ですが、そんなこと関係なしに、本能のままに太るDEBUは…

IMG_5986
このお店の名物であり、「チャーハン王@新橋」の元になったチャーハンもおかわり。

IMG_5987
パラッとした米離れを実現している炒めの技術はもちろんのこと、なんと言っても、
肉の切り落としをペースト状にして混ぜているので深みが違い、満腹でも2杯イケる!

店員さんが注文を忘れたり、ハイボールが異常に濃かったり、いろいろありますが(笑)
それでも「肉」に関しては間違いなく感激できるもの。博多に来たら、再訪決定です☆


===コチラもお願いします!====
 instagram / twitter / facebook 
東京 トレンドグルメ2015
東京 肉らしいほどうまい店」出版!
 240_40-1
==================

たんか
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:焼肉 | 渡辺通駅西鉄平尾駅薬院駅