★ ディナーカロリー ★

嫁さんとの初デート場所が焼鳥屋だったほど、焼鳥ファミリーなので、今回は家族で焼鳥を。

RIMG3966
いつもは、朝挽き水郷鶏&究極レモンサワーの「九四八@門前仲町」に行ったりしますが、
新橋にある「ごくう」が九四八の姉妹店だったことが発覚。 なので今回は「ごくう」へGO!

RIMG3968RIMG3969RIMG3970RIMG3971
RIMG3973RIMG3975RIMG3978RIMG3977
【フード&ドリンクメニュー (クリックで拡大)】
ここは、近くにある別館(華店)には行ったことがありましたが、本店は今回がはじめて。
ただ、メニューは同じなので、喰らうべき料理は把握済みです! (ちなみに上野店もアリ)

RIMG3981RIMG3984
【お通し】
まずはお通しで、鶏モモ肉の和風ジュレのせ。 しっとりした鶏モモ肉に、菜の花やシメジ、
サイコロカットの煮こごりを合わせたものですが、お通しからテンションと食欲が増す一品♪

お通しがウマイ店はハズレなし」の格言どおり、やはりお通しとはお店の姿勢そのもの。
作り置きしたモヤシ炒めで500円取るお店もありますが、シンプルに素材(鶏)を食べさせ、
それでいて煮こごりでテクニックもチラつかせるという、今後の料理に期待感を膨らすもの。

RIMG3990RIMG3992
【焼きそら豆 (450円)】
と、お通しのウンチクが長くなりましたが、そんなことを述べたり、空豆で痩せてるヒマはなく・・・

RIMG3997
【ムネ肉の刺身とタタキ (980円)】
DEBU的には一刻も早く、鶏を喰らいまくるのみ! 週替わりメニューの刺身&タタキから。

RIMG3999RIMG4000
RIMG4001RIMG4008
九四八と同様、当日朝に絞めた「朝挽きの地鶏」を使っているので、鮮度の良さはバツグン。
さっぱりとしたムネ肉の刺身&タタキも、濃厚な卵黄&ワサビ醤油につけると、旨さ倍増!

RIMG4021
【大山軍鶏のたたき (880円)】
そして、必食メニューなのが、鳥取の地鶏である、大山軍鶏(だいせんしゃも)のたたき

RIMG4023
歯を押し返してくる弾力フルな肉質に、甘辛いタレが絡み、これはお酒がススみまくる味♪

RIMG4026
【鶏皮ポン酢 (550円)】
嫁さんが最近、苦手だった鶏皮を食べられるようになり、これでより脂を補給できますが・・・

RIMG4029
この鶏皮ポン酢は、カリカリに揚げた皮と、柔らかく茹でた皮の、2つの食感を楽しめるもの。

RIMG4030
【塩もつ煮込み (450円)】
九四八の名物でもある塩もつ煮込みを、このお店でも食べられるのは嬉しくなりますが・・・

RIMG4036
モツの小宇宙(コスモ)とも言える、いろいろなモツが入り乱れる煮込みに、DEBU興奮!
(途中から自家製のラー油を投入すると、サッパリとした塩味に刺激が加わり、より美味に)

RIMG4047
【若鶏の唐揚げ (600円)】
さらに、揚げ物なくしてDEBUを語ることはできないので、もちろん、揚げ物も果敢に口撃!

RIMG4041
【軟骨の唐揚げ (600円)】
王道タイプのジューシーな若鶏の唐揚げに、いまや九四八ではメニューから消えてしまった、
ヤゲン軟骨の唐揚げを食べられるのは、DEBUの理性を失わせるには、じゅうぶんな条件。

RIMG4052*.JPG
サバンナで獲物を見つけたトラのごとく、唐揚げを見つけた豚は、これはもう本能のままに!

RIMG4010
【パワーアップセット (850円)】
さぁ、そしてここからは焼鳥タイムへ! まずは、ネーミングがナイスなパワーアップセット

RIMG4011
ソリレース、正肉、ふりそで、の3串にネギ塩がてんこ盛りされたこのパワーアップセットは、
てっきりニンニク風味かと思いきや、意外にもネギでサッパリ。 しかし肉質は、パワフル!

RIMG4056RIMG4043
【正肉 2本 (220円×2)/白レバー 2本 (220円×2)】
焼鳥は1本ずつ頼めるので、お店自慢の正肉白レバーは、2本ずつキープしつつも・・・

RIMG4045RIMG4050
【上レバー (220円)/はつ (200円)/ささみわさび (220円)】
あとはDEBU的に気になる串を、片っ端から注文するのみ! とりあえず上から順に!

RIMG4058RIMG4054
【せせり (230円)/ハラミ (200円)/砂肝 (190円)/大人のぼんじり (210円)】
砂肝はもうちょっとコリッとした食感があればと思いながらも、肉汁たっぷりなセセリや・・・

RIMG4062RIMG4064
【背肝 (220円)/つくね (280円)/皮タレ (200円)】
めずらしいハラミ背肝などの稀少部位も。 ぼんじりは、ガーリックバターで風味豊かに♪

RIMG4063
そんな焼鳥の中で特に気に入ったのは、つくね。 ふわっとしながらも、軟骨入りでコリコリ♪

RIMG4068
【鶏煮込みうどん (980円)】
〆炭水化物は、刺身&タタキで美味しかった卵黄を使った、卵かけごはんを頼もうとするも、
娘がうどん好きという理由から、強制的に鶏煮込みうどんに。 そこに父親の威厳はナシ!

RIMG4069
でっかい丼にたっぷり入ったうどんは、先日も「特集」で紹介した、癒し系の鶏白湯スープ
麺は、一般的なうどんの麺というよりも、韓国料理に使われているような、もちっとした食感♪

RIMG4074
そんなわけで、唐揚げは自分ひとりだけで食べたこともあり、、、なにげに満腹創痍で完食!
お酒も同時にけっこう飲みましたが、なんとこのお店、梅酒を12種類もそろえていたので・・・

RIMG3993RIMG3995
【完熟梅酒 (500円)/紀州の梅酒 (500円)】
RIMG4003RIMG4006
【さつまの梅酒 (550円)/美濃菊黒糖梅酒 (550円)】
RIMG4039RIMG4040
【京都の梅酒 (580円)/とろとろ梅酒 (550円)】
RIMG4060RIMG4061
【梅乃宿あらごし梅酒 (550円)/にごり梅酒 濁濁 (600円)】
RIMG4065RIMG4066
【完熟マンゴー梅酒 (550円)/はっさくの梅酒 (550円)】
RIMG4072RIMG4073
【皇帝 (550円)/レモンとジンジャーの梅酒 (550円)】
嫁さんとふたりで、梅酒12種類を全制覇しました(笑) 上品な甘さがある紀州の梅酒や、
フルーティーな濁濁、まったく甘くない皇帝に、養命酒のような黒糖梅酒まで、味もさまざま。

姉妹店の九四八に比べると、土地柄もあってか、価格帯が少し高めなのは気になりますが、
焼鳥屋にしては安心できる鶏系ツマミが充実しているので、飲んだくれ必至なお店です☆

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
******************************

ごくう
夜総合点★★★☆☆ 3.8

関連ランキング:焼き鳥 | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅