★ ディナーカロリー ★

そろそろ夏の足跡が聞こえる季節になってきましたが、夏バテになってからでは遅い!

IMG_8850
時代とカロリーを先取りするDEBUとしては、夏が来る前にウナギでスタミナつけます。

IMG_8853
IMG_8851
IMG_8854
【メニュー(クリックで拡大)】
そんなわけでひとりで突撃してしまったのは、有楽町・日比谷にある「炙り一徹」で…

IMG_8852
有楽町と新橋を結ぶガード下の飲食ストリートにありますが、こちらは落ち着いた雰囲気。

IMG_8855
【短冊(300円)/くりから(300円)/肝(300円)/ヒレ(300円)】
カウンター数席だけの小さな店内で、カウンター越しには大将が炭火でウナギを焼いていて…

IMG_8857
まずはお重の前に、前菜ならぬ前ウナギとして頼んでみたのは、ウナギの串4種を全部!

IMG_8858
ヒレは正直、少し火入れが甘くてヌメッと感はあったけど、短冊くりからは抜群!
プリッとした活きのいいウナギの弾力感もあり、噛むたびに上品な甘味と香りも感じます。

IMG_8860
【かさね重(3800円)】
そしてメインのお重と、早々に対決しちゃうわけですが、見るも美しくデブューティフル!

IMG_8862
こんがり艶やかに焼かれたウナギは、食べる前からタレの香ばしさを感じさせるもので…

IMG_8864
真っ白なごはんの上に鎮座する姿は、これぞニッポンの食卓の原点、オンザライス。

IMG_8865
ウナギはふっくらふわふわで、口の中でサラッと溶けていき、優雅な余韻が残りますが…

IMG_8866
少し硬めに炊いた相性良いごはんを食べすすめると、、下にはなんとウナギがもう1枚!

IMG_8868
そう、このかさね重とは、上にも下にもウナギがある、ミルフィーユうな重のことで…

IMG_8869
ウナギの価格が高騰している中、計4枚も入って3800円は、これでもおトクなほう♪

IMG_8871
甘ったるくないキレのあるタレが、ウナギとごはんの架け橋になってデブリシャスです♡

むしろ途中からは白米不足に陥りそうになるほど、たっぷりのウナギに腹鼓を打てました☆


【こんなときにココで太りたい!】
*丁寧にひとつひとつ炭火で焼きあげたウナギの美味しさにウナりたいとき。

▼ instagram投稿

ひとつひとつ炭火で丁寧に焼きあげる有楽町【炙り一徹】のウナギは、かさね重にすると、ごはんの下にもウナギが入ってるという、計4枚のウナギを食べられる贅沢品。上から下からウナギで白米をローリング! #有楽町 #日比谷 #炙り一徹 #ウナギ #白米 #ミルフィーユ -------<English> Eels are carefully charcoal-grilled one by one at "Aburi-ichigen" in Yurakucho. You can have four slices of eels in total if you order multi tiered box as eels are hidden in the rice, too. Let's roll over the rice with eels from both top and bottom! #japan #tokyo #yurakucho #hibiya #aburiittetsu #eels #rice #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)が投稿した写真 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram  twitter  / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント         
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
     
====================

関連ランキング:うなぎ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅