月別アーカイブ / 2017年05月

★ ディナーカロリー ★

ブログの更新が遅れぎみですみません!
宇都宮餃子祭り⇒肉フェス⇒まかないフェス大阪(5/12-14)、まかないフェス名古屋(5/19-21)、まかないフェス東京(5/25-28)とグルメイベントが続き、毎日のSNS更新やメディア出演もあって、なかなか多忙な脂肪になっておりました。。(でもいつもはヒマなヒマンなんです)

毎日楽しみにアクセスしてくれている方には大変申し訳ないので、落ち着くまでの間、半年前にお知らせした「ブログ簡易レポート形式」をまた踏襲して、「序章+写真+総評」で簡潔にまとめて、スピード重視(できれば毎日更新)でアップしていきたいと思います!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6831.JPG
今回ご紹介するのは、銀座にある焼肉屋「鳴尾(なるお)」。 ザギンでクーニー(銀座で焼肉)と言うと、土地代もあってどこもエクスペンデブなイメージですが、こちらは他と比べてリーズナデブル。 しかも「特殊な焼き台」を使って楽しめるオンリーワンのお店です!

では、記事の最後におすすめポイントをまとめるので、まずは写真をご覧ください♡

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6835.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6836.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6838.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6839.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6837.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6842.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6834.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6841.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6840.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6833.JPG
【特殊な焼き台】
(半分が炭火の網焼き、もう半分が溶岩プレート焼き)

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6851.JPG
【塩ハラミ(1180円)】
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6846.JPG
(まずは網のほうで片面を焼いて…)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6847.JPG
(途中から溶岩プレートをのせて両面焼き)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6848.JPG
(外は高温でカリッと、中はふわっと)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6844.JPG
【内ハラミ(700円)】
(塩ハラミよりリーズナデブルで…)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6853.JPG
(こちらのほうが繊維質の肉々しさが好き)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6849.JPG
【トマトキムチ(390円)/白菜キムチ(390円)】
(キムチ食べると翌日に胃もたれしにくい)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6884.JPG
【アイスグレープフルーツサワー(600円)】
(凍らせたフルーツを氷がわりに入れるサワーも)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6857.JPG
【大判ハラミ(1280円)】
(でっかい肉塊サイズの大判ハラミ)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6858.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6863.JPG
(カットせずに塊ごと焼き、さいごにハサミで切り分ける)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6861.JPG
(もちろんアイツも必要)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6866.JPG
(白米の日本昔話盛りにOTR=On The Rice!)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6868.JPG
(歯を押し返してくるハラミの弾力感がたまらない)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6878.JPG
【牛コプチャン(750円)】
(ホルモンメニューも充実)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6882.JPG
(ぷるっぷるな脂身は正義)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6879.JPG
【炙りスウィートブレッド(850円)】
(シビレを薄切りにしためずらしい部位)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6883.JPG
(ただしこれはさすがに脂っこすぎた。笑)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6862.JPG
【鶏ハラミ(480円)】
(お気づきのとおり、自分は無類のハラミ好き)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6869.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6870.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6871.JPG
(鶏ハラミはかなりサッパリ)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6872.JPG
(でも塩ダレ効果でごはんのオカズに)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6854.JPG
【チーズもつ煮込み(700円)】
(欠かせないサイドメニューがこちら)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6856.JPG
(チーズとろっとろやん!)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6873.JPG
(もちろんごはんにぶっかけちゃうよね)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6874.JPG
【ユッケジャンスープ(650円)】
(そして欠かせないスープはこちら)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6875.JPG
(刺激的な辛さながらコクがある)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6876.JPG
(もちろん白米にぶっかけちゃうよね)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6877.JPG
(今日もニッポンのお米が美味しい)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6859.JPG
【盛岡冷麺(650円)】
(でも〆炭水化物は別腹)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6860.JPG
(太麺でもっちりタイプ)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6885.JPG
【フォンダンショコラ(690円)】
(もちろん〆スイーツも別腹)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6887.JPG
(中にはトロけるチョコレートがたっぷりんこ)

以上、そんなダイジェストでした!

全体を通して感じたのは、、

*ホルモンが好きな人であれば、ハラミやコプチャンなどを中心に、銀座でもリーズナデブルにおさまりそう。 特にハラミに関しては、塩ハラミ・内ハラミ・大判ハラミ・鶏ハラミと種類豊富なので、ハラミ好きならぜひ食べ比べしてみたいところ。(個人的には大判>内>塩>鶏)

特殊な焼き台がおもしろい。 溶岩プレートは高温なのでイッキに熱を入れやすく、ホルモンを焼くのが苦手という人でも焼きやすいタイプ。 しかも、銀座のようなオシャレエリアで炭火を使っているのは、だんぜん炭火派の自分にとっては好感度アップ。

サイドメニューのチーズもつ煮込みはマスト。 まるでビーフシチューやビーフストロガノフのように洋風テイストで、白米との相性がバツグン。 むしろこのチーズもつ煮込み定食をランチでやってほしいレベル。

といった感想でした。
炭火で焼いたり、溶岩プレートで焼いたり、BOXシートできゃっきゃ楽しめそうです☆


▼ 今回の動画


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ホルモン | 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

★ ディナーカロリー ★

いつも新店がオープンした直後は、基本的にはすぐには行かず、少しだけ時間を置きます。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8753.JPG
なぜなら、オープン直後はメニューにもバラつきがあったり、オペレーションも整っていなかったり、本来のお店の「型」がまだできていないことが多いから。(めちゃめちゃ好きなお店から独立した新店であればスグに行っちゃうけど)

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8754.JPG
こちらの「うしごろバンビーナ銀座店」も、昨年オープンした新店ながら、少し間を置いて、あえてこの時期に突撃しちゃいます!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8756.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8757.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8758.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8755.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
勢いのある「うしごろ」グループの中で、カジュアルなセカンドラインを担う「うしごろバンビーナ」ですが、なんとこちらの銀座店は「生肉」メニューをウリにしているので、生肉好きとしては歓喜♪

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8759.JPG
【うしごろサラダ(500円)】○
ご存知のとおり、法律によって、保健所の許可を取ったお店しか牛生肉を提供できませんが…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8760.JPG
【特製うしごろユッケ(1500円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8761.JPG
その許認可の条件がかなり厳しく、生肉用の厨房が必要だったり、既存店では対応しにくいレベル。 だからこそ新しくオープンする新店が、あらかじめ生肉用の厨房を工事段階から作り、他のお店と差別化するために生肉が活用されています。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8768.JPG
【極上生肉とアボカドのミルフィーユ(1500円)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8769.JPG
王道のユッケは、肉質は良いものの、ちょっとタレの強さが気になりましたが、生肉とアボカドのミルフィーユはまったりと口の中で合わさるクリーミー感が相性良し♪ いわゆるマグロとアボカドのタルタルのように見えて、しっかりと生肉ならではの旨味が主張しています。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8765.JPG
【特選赤身肉のやわらかカルパッチョ(1500円)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8767.JPG
赤身肉のカルパッチョは、とても赤身肉に見えないほど霜降っていますが、これはA5ランクの黒毛和牛を使っているからこそ。 牛自体が霜降り最高ランクなので、赤身部位のウチモモを使っていても脂がノっていて、濃厚に口溶けする脂の妖艶さにうっとり。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8777.JPG
【雲丹と特選赤身肉のロール寿司(1500円)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8778.JPG
そしてもちろん欠かせないのは、流行中の肉×ウニの組み合わせ(うにく)で、まるでウニが濃厚なソースのように肉を包み込み、このステキなマリアージュがデブリシャス! 

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8783.JPG
中にはごはんがちょっとだけ入っているので、生肉とウニの両方を、母なる大地のごはんが優しく受け止めてくれます。(欲を言えば、もっちり系のお米だったので、もう少し口ほどけが良いお米のほうがさらに相性良さそう)

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8770.JPG
【うしごろ特製ガリバタ焼き(500円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8771.JPG
さぁ、そんな生肉でテンションを爆上げしたあとは、名物のガリバタ焼きを注文し…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8782.JPG
こってりめのガーリックバターで炒められた脂のモンスターを、中のキャベツで中和しながら、ひたすらビールやハイボールと合わせるのみ! これで500円なら、白米つけてランチ定食やってほしい〜

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8772.JPG
【極上の生タン(1500円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8775.JPG
焼きものは、定番のタンを攻めるかどうか悩んでいたら、店員さんから「名物の生タンは残り1人前のみになりました」という悪魔のささやき。。 であればDEBUとしては「悔いのない喰い」をまっとうすべく、そちゃ注文しちゃうYO!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8780.JPG
生タンはぷりっとした適度な弾力がありながらも、柔らかく噛みきれる歯切れの良さ。 うしごろグループのタンは、森下「静龍苑」のような塩ダレで揉みこんでいるタイプですが、こちらの銀座店のみ、1日ずっと漬け込んだマリネタイプ。 だからこその柔らかさが実現できていますが、個人的には漬け込まずに、パツンと弾けるような食感が恋しいかな。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8784.JPG
【ハラミ(1000円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8786.JPG
そして焼肉で1番好きな部位と言っても過言ではない「ハラミ」は、とてもハラミとは思えないほどの脂のノリで、どうしちゃったのハラミさん! う〜ん、これはこれで美味しいけれど、ハラミには繊維質の肉々しさを求めたいところ。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8788.JPG
【カメノコ(500円)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8789.JPG
しかし、A5ランクの肉にこだわっているからこそ、すべての肉に脂がノっているとも言えるので、だったら裏をかいて、ザ・赤身肉にも適度な脂がノっていてジューシー感が楽しめるはず。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8790.JPG
そう、深読みしたDEBUは、普通は真っ赤っかなカメノコを頼んでみたら、これが正解!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8792.JPG
赤身肉ならではの肉の濃い旨味がありつつ、みずみずしい肉汁のジューシー感も共存。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8791.JPG
【カメノコ(500円)】◎
あまりに美味しくて、しかも安かったので、思わず「おかわり」しちゃって追カロリー!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8796.JPG
【濃厚コラーゲンのコムタンスープ(500円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8797.JPG
これまたワンコインのコムタンスープで、気持ちばかりのコラーゲンを摂取したら…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8793.JPG
【特選赤身肉の醤油燻製握り 3貫(300円×3)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8794.JPG
ラストの〆炭水化物は、生肉の握りをチョイス! 燻製醤油を塗ってあるので、鼻を抜けていく香ばしさが心地良く、舌の上でまったりとトロけていく生肉の口福感と言ったら、んもう♡ 焼肉はともかく、これだけの生肉メニューを楽しめるだけで嬉しくなっちゃいます!

今回は、肉フェスでたらふく食べたあとに立ち寄ったので、満腹ぎみでオンザライスは握り寿司だけになっちゃいましたが、それでも幸せの余韻を得られたのは、やはり稀少な生肉の存在感。 生肉を愛する生肉DEBUとして、これからも「合法生肉」を攻めまくっちゃいます☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:焼肉 | 銀座駅東銀座駅有楽町駅

★ ランチカロリー ★

焼肉屋の牛丼と言えば、自分の中で真っ先に思い浮かぶのは、麻布十番の「三幸園」。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8692.JPG
大学時代に家庭教師のアルバイトをしていたとき、そこのご両親がときどきご褒美で連れてきてくれた、思い出のお店でもあります(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8693.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8694.JPG
【ランチメニュー(クリックで拡大)】
ベースは焼肉屋ながら、ランチに食べられる牛丼が、なんとも白米がススむ一杯で…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8695.JPG
【大盛焼肉丼(1200円)】
卵スープの器が大きいので、サイズ感がちょっと分かりにくいけど、しっかりボリューミー!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8696.JPG
タマネギなどの野菜はいっさい入れず、甘辛く炒めた牛肉のみという、潔さがステキ!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8697.JPG
注文して1分かからずに出てくるスピード感もあり、ここは本能のままにガッついてみると…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8700.JPG
タレの旨味を吸わせた肉の炒め感が素晴らしく、ホカホカのごはんと相性がバツグン♪

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8702.JPG
焼肉屋の丼モノは、肉にこだわっていてもお米にこだわっていないときもありますが…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8698.JPG
しっかり艶やかで美味しいお米なので、これはもっと楽しむべく、スープの卵部分と…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8703.JPG
ナムル・キムチを途中から一緒に混ぜ合わせて、ビビンパ風にして食べるのがDEBU流!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8704.JPG
麻布十番という立地もあってランチ1000円オーバーは免れませんが、それでも食べたい一杯。

今も昔もずっと愛され続けている、焼肉屋だからこその牛丼は、オンリーワンの味わいです☆


▼ instagram投稿

焼肉屋の牛丼と言えば、麻布十番の【三幸園】でしょ! タマネギなどの野菜はいっさい入れず、牛肉だけの潔い牛丼は、ホカホカごはんと相性バツグン🌟 途中からキムチやナムル、卵スープのふわふわ卵も一緒に混ぜて、ビビンパ風に食べるのがDEBU流🐽✨ #麻布十番 #三幸園 #牛丼 #肉丼 #丼は飲み物 ------- <English> You cannot think of any other place than "Sankoen" for a beef bowl at yakiniku restaurant! Beef bowl using only beef without veggies like onions goes perfectly well with hot and steamy rice🌟 The way I eat this is to add kimchee, namul, and airly egg in the soup, making it like a bibimbap🐽✨ #japan #tokyo #azabujuban #sankoen #beefbowl #meatbowl #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================
 

関連ランキング:焼肉 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

↑このページのトップへ