月別アーカイブ / 2013年04月

★ ランチカロリー ★

鶏白湯特集」の続き。 「鶏白湯」と書いて、TPT(=Tori Pai Tan )と読むこのスープは、
昨年から今年にかけて、ラーメン業界でイッキにブームアップしている、注目すべきラーメン。

RIMG2576
完成度の高い「友@赤坂」に続いて紹介するのは、新橋にある、「麺屋武一(たけいち)」。

RIMG2579
【メニュー (クリックで拡大)】
昨年7月にオープンしたお店ですが、メニューはすべて、白鶏湯をベースにしている専門店。

RIMG2581
【濃厚鶏白湯そば 全部入り (980円)+大盛り (100円)】
DEBU的には、「濃厚」という文字を見たら条件反射で注文するので、濃厚鶏白湯そばを!

RIMG2585
白濁した鶏白湯スープには、鶏つくねや、鶏チャーシュー、黄金に輝く卵などが乗りますが・・・

RIMG2588
まずはスープをすすってみると、、、うほっ♪ 翌日お肌がツルツルになりそうな、鶏の出汁
鶏本来の、ふわっと鼻を抜けるような心地良い香りに包まれ、これはなんとも癒し系やー♪

RIMG2589
麺はパキパキとしたストレート麺なので、スープと少し絡みにくいのが、惜しいところですが・・・

RIMG2594
ハイクオリティなスープと、ひとつひとつ調理に時間を惜しまれてない食材は、満足度高し♪

RIMG2599
卓上にある、黒七味をかけても味変できますが、個人的にはかけず、鶏の旨みをまるごと・・・

RIMG2602
一滴も残さずに飲み干してしまうほうが、よりダイレクトに、鶏エキスを楽しめるというもの。

そんなわけで麺はともかく、鶏エキスが浸み出た一杯に、新橋デブリーマンも癒されます☆

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
******************************

麺屋武一
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 新橋駅内幸町駅汐留駅

★ ランチカロリー ★

今、ラーメン業界でブームになっている「鶏白湯(とりぱいたん)」を、皆さんご存じですか?
鶏ガラや丸鶏をじっくり煮込んで作った、白濁したスープのことですが、これがデブリシャス!

以前から、「鶏の穴@池袋」や「香妃園@六本木」などの「鶏白湯」を紹介してきましたが、
美味しいお店が増えたので、いろいろ食べ歩いた中で厳選した4店を特集で紹介します☆

RIMG2042
まず最初の鶏白湯オススメ店は、昨年5月にオープンした、赤坂エリアにある「(とも)」。

RIMG2045RIMG2049RIMG2050
RIMG2046RIMG2047RIMG2048
【メニュー (クリックで拡大)】
芳醇あごだし醤油の豚骨醤油スープと、濃厚鶏塩の鶏白湯スープの、ツートップですが・・・

RIMG2053
【特製濃厚鶏塩らーめん (980円)+大盛り (100円)+葉にんにく餃子3個 (200円)】
昔から鶏白湯が大好きなDEBUとしては、もちろん迷わず、特製の濃厚鶏塩らーめんを!

RIMG2057
底がまったく見えないほど白濁したスープは、見た目からして、濃厚さが一目瞭然ですが・・・

RIMG2062
ひとくちすすってみると、これはデブリシャス! 鶏の旨味と風味が凝縮した、秀逸なスープ。

RIMG2064
は中太でゆるくウェーブがかかったものですが、もちっとした低加水麺なので絡みが良く、
スープを適度に吸ってくれるので、言うことナシの相性。 まさに、スープをより楽しめる麺♪

RIMG2066RIMG2069
鶏つくねや、半熟っぷりがスゴい味玉、そして味変アイテムの海苔茎ワサビなどに加え・・・

RIMG2054
サイドオーダーした、香りと口当たりの良い葉にんにく餃子も含めて、、、これは死角なし!

RIMG2071
普段は、ラーメンのスープを飲み干しませんが、これは勢いあまって、完飲したほどでした♪
(個人的には、このような高粘度スープが好みですが、アッサリ好きの人には重たいかも)

どうやら、音楽系の「友ミュージック」という会社がプロデュースしたラーメン屋のようですが、
とてもサイドビジネスとは思えない完成度にビックリ。ぜひ飲んだ〆でも食べたい一杯です☆

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
******************************


昼総合点★★★★ 4.2

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅

★ ディナーカロリー ★

年に170回も焼肉に行く「肉マニア」な友人に導かれ、友人が常連という某焼肉屋へGO!

RIMG2072
そこは、白金高輪から徒歩3分、セレブリティな街にあるオシャレ焼肉屋、「KIM(キム)」。
DEBU的にはセレブリティよりもセデブリティですが、それは優雅に太れる暴食集団のこと。

RIMG2074RIMG2075
RIMG2076RIMG2077
【メニュー (クリックで拡大)】
友人いわく、「KIMはおまかせこそ真骨頂」とのことなので、@1万円のおまかせコースを。

RIMG2079
1杯690円というエクスペンデブな生ビールで、高貴にノドを潤しながら、まず出てきたのは・・・

RIMG2081
【ランボソのローストビーフ (4人分)】
前菜ならぬ前肉として、ローストビーフが登場! ランボソという、ランプの一部分のお肉。

RIMG2083
赤身ならではの「肉々しさ」が引き出されながら、ローストビーフだからこその「なめらかさ」♪

RIMG2084
【炙りトモサンカク?のサラダ (4人分)】
コースへの期待感をローストビーフでイッキに高めつつ、次なるサラダにも、肉がオン!

RIMG2086
レアに炙り焼きされたトモンサンカクの、しっとりと溶ける脂に、DEBUの顔も溶けりんこ♪

RIMG2090
【タンの軍艦巻き/サンカクバラの握り/ランボソの握り (4人分)】
サラダで痩せるヒマもなく、次の肉は、タンサンカクバラランボソの、トリオ・ザ・にぎり!

RIMG2091
タンの軍艦巻きは、ちょっと海苔の風味とケンカしている気もしますが、ランボソの肉々しさ、
大トロのように溶けてなくなるサンカクバラの上品な脂は、白米とのナイスコラボレーション♪

RIMG2096
【カイノミ/タン/サーロイン(4人分)】
さぁ、そしてここからはDEBUの本腹、じゃなかった、本腰を入れて焼いていきますYO! 

RIMG2098
まずは、見事に中心部だけをキレイにカットされたタン元ですが、網の上でファイヤーしつつ・・・

RIMG2100
ワサビとともに口に含んでみると、、、うほっ♪ サクサクッとした身から、ジューシーエキス!

RIMG2107
カイノミはサイドでじっくりゆっくり火を入れつつ、DEBU好物の脂たっぷりサーロインは・・・

RIMG2103
焼き上がりを待つ前に、コイツがいないと始まらない!ってことで、白米の日本昔話盛りを。

RIMG2109
そして、肉から滴り落ちるを、OTR(=On The Rice)で漏らすことなく、オールキャッチ!

RIMG2111*.JPG
ひと噛みすればジュジュッと肉汁が弾け出すサーロインに、白米の勢いも留まること知らず!

RIMG2116RIMG2117
じっくり火入れして、小麦色のサマーボディに様変わりしたカイノミは、ハサミでカットしつつ・・・

RIMG2120
こちらもOTRで攻めると、カイノミらしい繊細な味わいが、白米というステージでダンシング。

RIMG2122
【テンダーロイン/ヒレミミ (4人分)】
続いては、いわゆるヒレ肉のことであるテンダーロインと、ヒレ肉の付け根部分のヒレミミ

RIMG2124RIMG2136
RIMG2125RIMG2140
どちらもヒレ肉らしい、繊維質が柔らかくほどける、深い味わい♪ なんとも、デブリシャス!

RIMG2126
【炙りイチボの長芋サラダ (4人分)】
そして、驚いたのがこの長芋サラダ。 ここでもサラダかい!っていうことも驚きましたが・・・

RIMG2131
出汁で口当たり良くまとめられた長芋に、炙り焼きされたイチボが合わさるという、肉サラダ。
これはもうOTRせざるを得ませんでしたが、こんなに白米がススむサラダは、初めてやー♪

RIMG2142
そんなわけで、勢いあまって、コース中盤にもかかわらず、日本昔話盛りをフィニッシュ(笑)

RIMG2150
【ヒレカツ (4人分)】
しかし! 次なる肉料理、贅沢すぎるヒレカツが登場してしまうと、旅のカロリーはかき捨て。

RIMG2153
この肉旅行は白米なくして、ランデブーできず! 追加の白米(ちなみに300円)をゲットし・・・

RIMG2164
やはりOTRで、赤い断面から溢れ出る、肉本来のエネルギーを受け止めてこその、DEBU。

RIMG2166
元ラーメン女子大生の本谷亜紀ちゃんがとなりにいようとも、、、花より団子!美女より肉!

RIMG2144
【カタサンカク/ウチモモ (4人分)】
長芋サラダヒレカツでコースにアクセントを入れながらも、肉旅行はまだまだ続きますが・・・

RIMG2148
次なるランデブーは、バラ肉の王様とも言われるカタサンカクと、ザ・赤身肉のウチモモ

RIMG2178RIMG2173
噛むたびにパワフルな脂が溢れ出るカタサンカク、しっとり味わい深いウチモモに、興奮!

RIMG2180
【ザブトン/ミスジ (4人分)】
さぁ、そしてラストを飾る肉は、ザブトン&ミスジという、ここにきてサシいっぱいの霜降り肉。

RIMG2182RIMG2187
普通ならば重さを感じてしまう人もいるでしょうが、肉マニアな友人の絶妙な焼きっぷりと・・・

RIMG2188RIMG2192
カブおろしで爽やかに食べさせるというお店のテクニック、そして白米の後方支援があれば、
コース終盤の脂もなんのその。 ジョッキでも飲めそうなほど、サラッと口溶けの良い脂やー♪

RIMG2196
もちろん、そんな霜降り肉を前にしたら、白米も直進あるのみなので、2杯目もゴーアウェイ!

RIMG2198
【牛丼 (1人分)】
と思いきや、〆炭水化物として出てきたのは、想定外の白米3杯目となる、GYU-DON

RIMG2207
温玉を崩しながら食べる牛丼は、肉質の良さが感じられる、巷では食べられない上質なもの。
(ただ、〆として食べるなら、もうちょっと汁気を出したり、白米とのバランスも考えるべきかな)

RIMG2209
というわけで、白米3杯目(日本昔話盛りを2杯分で計算すると4杯目)の牛丼もクリアして・・・

RIMG2211
ラストのスイーツで、肉旅行に幕をとじたのでした♪ いやぁ、王道ながらも、満足度は高し!

RIMG2168
ちなみに今回、DEBUとは対極にいるオシャレブロガーkyahさんの、鋭い眼光が光る中・・・

RIMG2165
DEBUは本谷亜紀ちゃんと肉セッションしたわけですが、なんと!このたび亜紀ちゃんが・・・

RIMG4047
初の書籍を出版! その名も、「日本初の〈女性ラーメン評論家〉になっちゃいました!」。
扶桑社さんから出していますが、見てるだけでエアーラーメンライスしたくなる魅惑の一冊♪

会社後輩が彼女の親友だったことが判明したり、「肉」以外でも驚きがあった、肉会でした☆

<今回ご一緒した皆さま (50音順)>
*Kyahさん (漢の粋
*ちさとさん 
*本谷亜紀さん (ゆるっとラーメンブログ) ←今回記事!

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
******************************

KIM
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:焼肉 | 白金高輪駅白金台駅泉岳寺駅

↑このページのトップへ