★2010年1月訪問記★

スープカレー界の中では有名なお店、新橋「ガネー舎」でのランチ。
ここの主人は、旅行会社に勤務時代、札幌「アジャンタ」のスープカレーに感動し、
脱サラしてお店を始めたという熱い人! いつか・・・自分も二郎を!と共感してしまいます♪

RIMG0084
















新橋ランチにしては、なかなかエクスペンシブなので、ベーシックに「とりカリィ」をチョイス!

RIMG0085
















【とりカリィ+チーズトッピング(980円+100円)】
ただし、デブにはチーズは欠かせません!1000円の大台を越えようと、チーズは譲らないから!

RIMG0088
















ライスは、香り控えめなターメリックライス。これをスープカレーに浸しつつ、シャバシャバ食べます。

RIMG0089
















数十種のスパイスが、じんわり体に入っていく奥深さ♪ じっとり汗が出てくる辛さもあります。
チーズは、もっとピザのようにとろけるチーズを想像していたので、デブ的には残念なところ(泣)

ちなみに、トッピングメニューに「納豆」もありました。次回、ネタ作りでチャレンジすべき!?


******************************

★2010年1月訪問記★

現在の"肉"業界で存在感を光らせ、日本中の肉好きデブが注目する会社、ヤザワミート。
ハンバーグは「ミート矢澤」、焼肉は「ジャンボ」、ホルモンは「稲田/鶴見」という
独自の肉ワールドに、ついに半年前、残る肉聖域・ハンバーガーにも進出しました!

RIMG0245
















前置きが長くなりましたが、そんなハンバーガー屋、こちら「BLACOWS(ブラッカウズ)」です。
さすが牛肉専門店が経営しているだけあって、どのパテも、なんと黒毛和牛100%のようです!

RIMG0248
















【チーズバーガー(1470円)】
意外とシンプルな形で登場。「俺のバーガー喰ってみろ!」といった威圧感がないような・・・。
なんかしっくりこない気がしていたら、どうやら野菜がまったくナッシングなハンバーガーでした!

RIMG0249
















自分はべつに野菜がなくともOKな肉食系男子ですが、やっぱりハンバーガーというと、
あふれんばかりの具材を、そのままかぶりつく口福感も求めてしまうので、ちょっと悲しいかも。

ただ、パテは、さすがに肉汁が次から次へとあふれ出る、パワフルジューシ~な肉質!!
それだけに、野菜のシャキシャキ感や、バンズのどっしり感があれば!と期待してしまいます。


******************************

★2010年2月訪問記★

新橋で魚が美味しいお店、「ととや」へディナーで行ってきました。
ランチ(魚系の定食)では時どき訪問しますが、夜は久々の訪問になります♪

RIMG0846
















【刺身盛り合わせ(1680円~)】
今回はコースではなく、アラカルトで注文! まずは、その日のいいところを盛ってもらいます。

RIMG0849
















刺身は、タイ・マグロ中トロ・コチ・アジ・イカ・タコなどが、キレイに盛られて登場!
特に、中トロは口に入れると、脂がじんわりとろける美味しさ♪ 早くも白米が欲しくなります!

RIMG0851
















【いわしのつみれ(1260円)】
つみれは、丸い形状のものを想像していましたが、このような形で登場してビックリ!

RIMG0852
















食べてみて、その美味しさにもビックリ! いわしの旨みがギュッと詰まっています♪

RIMG0853
















【キンキ鯛の煮つけ(3150円~)】
そしていよいよ、大御所の登場! 貴重なキンキを、豪快にまるごと煮つけています♪

RIMG0855
















プリプリな身には、脂がこれでもか!というぐらいノリノリで、これはさすがに脱帽モノ!(**)

RIMG0857
















【キンキ鯛の焼き(2940円~)】
そして贅沢にも、キンキの焼物も食べちゃいます。 頬の肉が特に美味で、たまりません♪

RIMG0860
















【アナゴ白焼(1365円)】
育ち盛り(横に)の自分は、まだまだいきますよ! お酒と合う、ふっくらアナゴに続いて・・・

RIMG0862
















【たらの白子焼(1050円)】
これまたお酒と相性抜群の白子焼(いいかげん痛風は大丈夫かしら?)も楽しみつつ・・・

RIMG0866
















【銀だらの西京焼(945円)】
ランチでもよく注文する、好物の銀だら西京焼で、思うぞんぶん、"魚"を満喫しました♪

RIMG0871
















【大麦麺(525円)】
そして〆は、珍しい大麦麺でフィニッシュ! 蕎麦ではありませんが、蕎麦っぽくいただきます。
(写真の麺は半人前ですが、けっきょく他の人の分まで食べたので、いつもの量に異常なし!)

いずれも美味しい魚づくしを堪能しましたが、特筆すべきは、やっぱりキンキです!
「西のノドグロ、東のキンキ」と呼ばれる貴重な高級魚を、カウンターのショーケースに何匹も、
ズラリと並べ揃えているのは、お店のプロ根性を垣間見ました☆  (これで安ければ・・・笑)


******************************

↑このページのトップへ