前夜の激しい飲み(コレコレコレ)によって二日酔いになりましたが、
体にムチを打つべく、辛くてボリューミーなものをランチに食べることにしました!

1.JPG
















おそらく日本一行列のできる立ち食い蕎麦屋! 虎ノ門(西新橋)の「港屋」です。
黒塗りの怪しい外壁に沿って、ズラッと行列ができます。

2.JPG
















中では、ドデカイ正方形のカウンターを囲んで、猛者たちが立ち食い蕎麦を食べています。
いつも思いますが、このカウンターがでかすぎて、デブには横の通路が狭すぎます!(><)

3
















待つことしばし、「温かい鶏そば(850円)」をゲットです!

4
















温かいスープには、ラー油やスパイスがこれでもか!というぐらい入り、かなりスパイシーです。
そして中には、じっくり煮込まれた鶏がどっさり隠れており、蕎麦つゆとは思えぬパンチ力!

5
















いっぽう、冷水でキュッと締められた麺は、力強いコシと弾力があり、
パンチ力のあるスープに負けることなく、威圧感をまとっています。
しかもこのボリューム!普通の蕎麦屋の3人前ぐらいあるような気がします。。。

6
















しかも、この個性的な麺とスープが、もはや蕎麦の概念を越えて、意外にもよく合うんです!
ピリッと辛みの効いたスープが食欲をそそり、二日酔いなんて、いつの間にかそっちのけです♪

まさに、蕎麦界のラーメン二郎とも言えるこのお店、時おり無性に食べたくなる味です(^0^)


***************お店情報***************

プライドをかけた、激しいこの戦いを終え、勝者のラーメンをみんなで食べることにしました。

勝者、それは頂上に到達できた者。そして、勝者のラーメンとは、頂上の麺のこと。
このお店には、そんな勝者だけが食べることを許された、「頂上麺」というメニューがあります。

RIMG0568
















でてきました「頂上麺(1600円)」! 別の名は、フカヒレラーメンとも言います。

フカヒレの名店・筑紫楼によるフカヒレラーメンは、やっぱり格別です!
とろっとしたスープには、フカヒレがたくさん入っており、とても贅沢な気分になります♪

RIMG0571
















じゅうぶん煮込まれたスープは、奥深いコクと香りがあり、弱った体を優しく包みこんでくれます。
なんで飲んだあとのラーメンはこんなに美味しいのでしょう。これを卒論のテーマにすべきでした。

ちなみに、前のお店からこのお店に入る間に、うっすらとした記憶がたしかであれば、
回転寿司屋で15皿ぐらい食べまくったような・・・(特に、イクラが美味しかった記憶あり)。
ですが、そんなに食べてることを嫁さんに知られると、「どこまで太る気なの!」と、
また怒られてしまうので、この記憶はこのまま忘れてしまおうかと思います。。。


***************お店情報***************

やってきました、リベンジの舞台! ぼくらはあの時をけっして忘れません。
10種類のハイボール飲み放題で、あと1つだけ残して全制覇できなかった、あの屈辱!

ホルモン&ビールで体調を整えたあと、飲み放題開始の14時きっちりに到着です!

1
















連休中に2度も、このお店で飲み放題する客は、ぼくらぐらいでしょうか。笑
とにかく!一度負けてしまった勝負に勝つまでは、飲みロードを前に進めません!!

2
















2時間飲み放題1300円コースの出だしは、いつもどおり「プレミアムモルツ」から!

3
















10種類のハイボール討伐スタート! まずはスタンダードの「ザ・角ハイボール」。

4
















「ストロングハイボール」 ここで度数を強くしてくるのは、店側の戦略か!?(自由に注文できるけど)

5
















「ジンジャーハイボール」 ショウガでスッキリ飲めちゃうのは店側の戦略ミスか!?(自由に注文できるけど)

6
















すいません、途中のハイボールの写真を忘れました・・・。(きちんと飲んでますよ!)
「濃縮レモンハイボール」「夏みかんハイボール」「グレフルハイボール」「柚子ハイボール」
を乗り越えて、上の写真は「オレンジハイボール」です。あと2つ・・・(><)

7.JPG
















「パイナップルハイボール」 前回はここで断念しただけに、まだ油断はできません!

9.JPG
















前回の敵には2倍がえしで勝つべく、隣の杯と合わせて、毎度恒例の、
「升酒風ハイボール(日本酒の升酒のように注いだもの)」にして飲み干しました!

8
















「グレープハイボール」 さいごのハイボールは情熱の赤色をしてました。
誰もが到達できなかったこの赤色を見て、ぼくは、喜びと吐き気が激しくこみあげてきました。。。

ラストハイボールを飲みきったかどうか、じつは記憶が飛んで覚えていませんが、
できれば飲みきったということにして、こんな勝負はもうやりたくないかも・・・(><)

さいごに、どのハイボールも美味しかったです! さすがハイボールタワー設置店♪
どうもごちそうさまでした!!


みんなで作る角ハイボールマップ[酒ログ×サントリー]
角ハイボールマップでお店をチェック!

***************お店情報***************

↑このページのトップへ