★ ランチカロリー ★

ご当地料理に特化したお店はたくさんありますが、長崎料理の専門店はめずらしい!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4477.JPG
銀座にある、その名も『長崎まるごと屋』は、そんな長崎料理にこだわっているお店。 銀座のステーキ店「みやま」がプロデュースしているということで、これは期待に胸とお腹がふくらみます。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4479.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4478.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
長崎と言えば、ちゃんぽんのイメージが強いですが、実際に長崎で食べて美味しかった…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4480.JPG
【壱岐牛のレモンステーキ定食(1580円)】
長崎名物「レモンステーキ」が、まさか東京のランチでも食べられるときが来るなんて!

【動画(▶︎をクリック))】
このレモンステーキとは、まずは↑の動画を見てほしいですが、鉄板に敷いた生肉に…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4482.JPG
レモンの輪切りを置いて、レモン果汁入りの特製ソースを流しかけて食べるというもの。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4540.JPG
もともと鉄板は熱々なので、ソースをかければジュ〜ッと音を立てながらソースが踊り出し…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4541.JPG
これをすかさずOTR(=On The Rice)すれば、白米との相性もバッチリ♪ 稀少な壱岐牛を使っているので、脂の甘味も感じることができ、それでいてレモンソースの爽やかな酸味で脂の重さを軽減してくれています。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4484.JPG
【壱岐牛の赤身ステーキ定食(1980円)】
ちなみに、友人が注文していた壱岐牛の赤身ステーキも、ひとつだけ横からもらったら…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4539.JPG
しっとりなめらかな肉質が堪能でき、やっぱり赤身肉はこれくらいレアじゃないとね!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4490.JPG
そもそも、壱岐牛は幻とも言われているくらい都内で見かけるのも少なく、壱岐島で繁殖〜肥育まで一貫生産された牛。 海に囲まれている島なので、ミネラル豊富な大地で育ったわけです。

そんな壱岐牛を1000円台で食べられるのもリーズナデブルですが、次回は夜メニューもぜひ攻めてみたいところ。 夜はこのレモンステーキにトリュフ卵がつくようなので、白米もう1杯イケそうです☆


▼ こんなときにココで太りたい!
壱岐(イキ)牛のレモンステーキで、肉汁もソースも、イッキ飲みしたいとき。

▼ Instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:居酒屋 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

★ ディナーカロリー ★

川崎で焼肉4軒ハシゴツアーの続き。 いよいよ、4軒目となるファイナルステージです!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4363.JPG
トリを飾るのは、川崎駅近くのホルモン専門店、その名も「川崎ホルモン劇場」。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4365.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4364.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4366.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4367.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4368.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
川崎フロンターレの選手もよく来るというこのお店は、とにかく店員さんが明るくて…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4369.JPG
【お通し】
お通しのキャベツが金魚鉢に入っていたり、気軽に楽しめるエンタメ感もあるお店。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4373.JPG
金魚鉢キャベツの中から、赤いニンジンの金魚を見つけたら、店員さんから「おめでとうございます!当たりです!」と言われたので、「いやいや、きっと全部当たりというオチなんでしょう…」と思ってしまいましたが、なんと20〜30人に1人の確率らしく、デザートを無料でもらえることになりました(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4374.JPG
【生キムチ(480円)】○
生キムチは、漬け込んでいないタイプのキムチで、直前にキムチの素でもみこむので…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4375.JPG
白菜のシャキシャキとした食感が活きていて、480円なのにボリュームもたっぷり。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4376.JPG
【炙りユッケ(980円)】○
でぶり、じゃなかった、あぶりユッケは、見た目的にはユッケそのものだけど炙っていて…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4377.JPG
タレがちょっと甘すぎる気はしたけど、卵黄と絡ませながら、レア肉のなめらかさを堪能♪

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4370.JPG
【生タン(1980円)】◎
そしてここでぜひ食べてもらいたいのが、タンをドカンと塊ごと焼き上げる、生タンです!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4468.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4372.JPG
あらかじめタンには細かく切れ目を入れていることで、このサイズでも丸まることがなく…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4379.JPG
焼きあがったら厨房に引き上げられて、食べやすいようカットされて出てくるという演出。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4388.JPG
これをトロロ昆布につけて食べるわけですが、、ザクザクとした心地良い食感と、噛めば噛むほどにあふれる肉汁が、デブリシャス! タンを昆布締めにしたり、塩昆布をふりかけたりするお店はあるものの、トロロ昆布につけて食べるのは初めてで、ナイスなテク肉(ニック)です。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4382.JPG
【和牛上ハラミ(1880円)】◎
さらに、やっぱりハラミLOVERとしては、ここでも和牛ハラミを見つけたら即注文。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4470.JPG
全体的にリーズナデブルなこのお店の中でも、最上級に高めの価格帯なこともあり…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4389.JPG
この和牛ハラミの肉質はこだわりを感じるもので、見るからに美味しいのが分かる♡

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4381.JPG
であれば、ここまでの3軒で封印してきた白米を、ここぞとばかりに緊急招集しちゃいますが…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4380.JPG
【日本昔話盛り(400円)】
なんとメニュー表に書かれている名前自体が「日本昔話盛り」で、DEBU的に親近感!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4390.JPG
白米に飢えた仲間たちに一部の白米を奪われてしまったものの、さっそく和牛ハラミをOTR(=On The Rice)してみると、、口の中でハラミが大暴れ! プリンとした弾力感がありつつも、繊維がほぐれたあとに溶けてなくなる妖艶さを秘めていて、このハラミならいくつでも食べたくなります♪

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4384.JPG
【黒毛和牛ホルモン まる腸(780円)】◎
しかし、エクスペンデブな和牛ハラミをおかわりし続けるわけにはいかないので…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4385.JPG
白米に合う=脂が多め、のロジックで導き出した答えは、脂たっぷりのマルチョウ

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4391.JPG
この4軒目にしてはちょっと重いと思われるマルチョウも、こってりとした甘い脂を白米で中和させながら食べれば、ちょうど良いバランスに。 塩・タレ・味噌ダレで選べますが、やはり味噌ダレで攻めるのがオンザライサーとしての正攻法と言えるでしょう。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4392.JPG
【上ミノ 青唐辛子(890円)】△
「しみず@不動前」の名物のひとつである上ミノ青唐辛子を、ここでも見つけたので…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4393.JPG
追カロリーしてみたものの、青唐辛子の存在感が弱かったので、これはまぁまぁかな(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4395.JPG
【あさりラーメン(880円)】◎
〆炭水化物として、あさりラーメンを頼むと、「あさりだからあっさり」ではなく…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4396.JPG
あさりバターのような重厚感があり、体にしみわたる慈悲深いスープが、今までの戦いの傷を癒してくれます。 余りかけていた白米をスープにインザライスすれば、極上の雑炊も味わえちゃいます♪

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4397.JPG
【当選デザート(お通しで当選)】○
さすがに満腹になってお店を出ようと思ったら、ここでお通しで当選したデザートが登場。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4398.JPG
最初は嬉しかったはずが、ここでは最後の胃袋への追い討ちとなり、もはや嬉しい悲鳴や! パンケーキっぽいビジュアルながら、これはホットクにアイスクリームをのせたもので、カリモチな食感のホットクはお腹が空いているときに食べたら美味しそう(笑)

というわけで、これにて川崎焼肉4軒ハシゴツアーは終了! どれもキャラがかぶらないお店に出会えたので、これだから焼肉の開拓はやめられません。 我こそは!という強靭な胃袋と、焼肉へのゆるぎない情熱を持っている人は、ぜひハシゴツアーに同行してくれると嬉しいです☆


▼ こんなときにココに行きたい!
牛タン(舌)の塊焼きにうっとりしながら、牛とのディープキッスを楽しみたいとき。

▼ Instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ホルモン | 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

★ ディナーカロリー ★

川崎で焼肉4軒ハシゴツアーの続き。 2軒目でまさかの「プロレス焼肉」に出会って…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4338.JPG
食欲のゴングが鳴らされてしまったので、これはもう完食して走り抜けるしかありません。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4342.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4339.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4340.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4341.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4343.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
というわけで3軒目に訪れたのは、こちららも川崎駅近くの「ジャンジャン」というお店。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4347.JPG
食べログでまだ点数が表示されていない隠れ家なので、だからこそ期待感が高まります。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4345.JPG
【タン塩(1500円くらい)】△
手始めの牛タン塩は、見るからにカッチカチな冷凍モノ(笑)ではありましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4350.JPG
それでもモノ自体は悪くなく、丁寧に焼き上げれば、それなりの肉汁は味わえるもの。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4348.JPG
【和牛特上ハラミ(2100円)】○
そしてハラミLOVERとしてはハラミも欠かせず、和牛ハラミの文字を見つけると必ず注文。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4349.JPG
肉の赤と脂の白による、鮮やかな紅白が特徴的で、これをちょっとレアめに焼き上げれば…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4356.JPG
ハラミならではの、繊維がほぐれていく柔らかさを、タレの甘味とともに楽しめます♪

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4351.JPG
【骨つきカルビ(1900円)】◎
ここはいろいろな韓国料理も置いてあったり、タレでもみこんだお肉が中心なことから…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4352.JPG
いわゆる「韓国焼肉」のタイプなので、であれば王道の骨つきカルビも欠かせない!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4463.JPG
最近の焼肉屋ではめっきり骨つきカルビを見る機会が少なくなったので、これは嬉しく…

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4464.JPG
まるごと焼き上げてそのままカブりつけば、、歯を押し返してくるワイルドな弾力感で、肉々しさが全開に! やはり骨まわりのお肉は柔らかくてジューシーで、噛めば噛むほどに肉の旨味も味わえ、そこに韓国焼肉ならではのタレの美味しさも上乗せしてきます。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4357.JPG
【タコ炒め(1500円)】◎
そんな骨つきカルビもさることながら、正直、肉以上に驚いてしまったのがコチラ。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4466.JPG
以前に韓国で食べて美味しかった「タコ炒め」を見つけたので追カロリーしてみたところ、これが正解! むっちりとしたタコが、玉ねぎ・ピーマン・ニンジンとともにコチュジャンなどで炒められ、コクのある甘辛さがハイボールをススませます♪

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4362.JPG
いやはや、これが焼肉ハシゴツアーじゃなければ、このタコ炒めを本能のままにオンザライスしていたのに!と、思わず後悔してしまったほど(笑)

しかしDEBUにはまだ残されたお店があるので、ピリ辛な料理で食欲を刺激されたまま、いよいよラスト4軒目のファイナルステージへと突撃したのでした☆


▼ こんなときにココで太りたい!
韓国料理をツマみながら、骨つきカルビにカブりつき、デブりつきたいとき。

▼ Instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:韓国料理 | 京急川崎駅川崎駅八丁畷駅

↑このページのトップへ