★ ランチカロリー ★

DEBUは穴場のカロリーを見つけるのが得意である。 なぜならそれしか特技がないから。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8590.JPG
今回も、食べログでまだ点数さえ表示されていない、隠れ家とも言えるお店を発見。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8591.JPG
【ランチカロリー(クリックで拡大)】
それは六本木駅前の雑居ビルの中にある「apios(アピオス)」というダイニングバーで…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8592.JPG
ランチは明るくゆったりした店内で、オンザライスしたくなるハンバーグに出会えます!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8593.JPG
クリーミーなドレッシングがかかった、シャキシャキでなにげに美味しいサラダに続き…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8594.JPG
【ハンバーグ デミグラスソース(950円)+チーズ(100円)】
姿をあらわしたのが、そう、ランチの看板メニューらしき、熱々の煮込みハンバーグ

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8649.JPG
ソースはデミグラス・トマト・カレーの3種類から選べるので、王道のデミをチョイスしつつ…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8648.JPG
チーズもトッピングしてみれば、とろっとろにハンバーグを包み込むビジュアルにうっとり♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8598.JPG
まずはソースからいただいてみると、、上品な甘味のあるデミグラスと、とろけてソースと一体化したチーズがマイルドに合わさり、この濃厚感な旨味の重ね技はクセになる!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8599.JPG
しかも、そんな妖艶なソースをまとったハンバーグは、ふんわりと柔らかく、荒々しいワイルド系ではないけれど、そのぶん優しくほっこりとする癒し系バーグ♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8597.JPG
すかさず白米と合わせようと、もちろん大盛り(無料)した白米にぶっかけてみると…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8650.JPG
あまりの白米との相性の良さに、デブリシャス! このハンバーグにおいては、肉を楽しむというより、肉の旨味も浸みでたソースを白米とともに楽しむ、というのが正解な気がします。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8651.JPG
まるでハヤシライスを食べているかのように、ソースで白米をモリモリとイケてしまい…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8603.JPG
甘いタマネギが効いたハンバーグがまるで脇役のように、ソースという主役を引き立てます。

肉を一緒に煮込んでいるからこその一体感なので、思わず自分も煮込まれたくなりました☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ダイニングバー | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

★ ディナーカロリー ★

四谷三丁目で焼肉と言えば、「名門」と「羅生門」がツートップ的な存在の老舗。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8489.JPG
「羅生門」好きは得てしてマスコミ業界人、という法則を最近発見しましたが、それだけ歴史があり、昔から一部の人たちに愛され続けているという証拠でもあります。

eFuZPBdoJo.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8463.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
今回は、協栄ジムで亀田興毅さんにボクシング練習をしてもらった後で、もうへろへろ。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8466.JPG
【お通し&タレ】
これはすぐに肉チャージしないと!ということで、ひとりでふらっと「羅生門」に突撃です!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8471.JPG
【スペシャルレバー(1500円)】
お通しで肝臓に優しいアサリを食べたあとに、肝臓(レバー)を食べるのはシュールですが…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8472.JPG
今日は良いレバーが入っているということで、さっそく注文してササッと炙り焼きしつつ…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8505.JPG
まるで今はなきレバ刺しのようにゴマ油で食べてみると、、レバーのぷりぷり感が炸裂! サクッと心地よい歯切れの良さに、ゴマ油ならではの香りとコクが上乗せされ、これはもう何枚でも食べられます。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8474.JPG
であれば、ひとり焼肉だし、数枚を重ねて口に放り込んじゃうような、贅沢もアリアリ♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8467.JPG
【スペシャルタン塩(2300円)】
そしてタンは、スペシャルバージョンのほうをチョイスすると、さすがに値は張るものの…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8502.JPG
白ピンク色をした、まさにタンの美味しい部分だけをくり抜いた、タン元が7枚入り!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8476.JPG
出てきたときに冷凍感があり、ちょっとカチカチだったので焼きあがりが悩ましいけど…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8477.JPG
ネギを包んで片面焼きしたほうが、旨味がドリップせずに中にたまるし、ネギが蒸されて甘くなるので、ここは包み焼きのほうが良さげ。 柔らかくもザクザクとした食感とともに、余すことなく肉汁とネギ汁をオールキャッチ!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8478.JPG
【冷雑炊(650円)】
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8479.JPG
そして驚くべきは、この冷雑炊という、他の焼肉屋さんでは見かけたことがなメニュー。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8503.JPG
鶏ガラがベースの透き通ったスープは、どこまでも優しく、しかも青ネギがてんこ盛り。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8481.JPG
冷雑炊はそのままでも美味しいけれど、まずはそのまま楽しんだあとは、肉を泳がせ…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8504.JPG
肉をオンザライスならぬオンザ雑炊してみると、、驚きのデブリシャス! 肉の中でなにげに一番アブラが多いと言われているタンが、冷雑炊によって清涼感がプラスされ、サラサラなお茶漬けのようなごはんとも相性バッチリ。 先ほどここのタンはネギ包み焼きが良いと言ったけど、前言撤回します! ぜひオンザ雑炊で!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8469.JPG
【ハラミ(2000円)】
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8470.JPG
タレ焼肉も攻めてみようと、肉の中で一番好きな部位と言っても過言ではないハラミを…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8483.JPG
追カロリーしてみると、、歯をグイッと押してくる弾力感と、少し甘めのタレが食欲を刺激。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8485.JPG
これまたオンザ雑炊してみると、透き通ったスープがじょじょに汚れていく背徳感があり…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8486.JPG
でもそれが、なんだか自分(肉)色に染めていっているような、DEBUとしての高揚感も(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8487.JPG
冷雑炊は半熟のボイルドエッグ入りなので、途中から卵もくずせば、とろっとマイルドに♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8488.JPG
タレや肉汁も浸みていくことで、じょじょに顔つきが変わっていく冷雑炊にうっとりです♡

なにげに肉だけが注目されがちな焼肉ですが、こうした掘り出し物のサイドメニューを発見すると、それを軸に肉との掛け合わせも楽しめるので、だからこそオク(ニク)が深い食べ物です☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================


関連ランキング:焼肉 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

★ ディナーカロリー ★

新橋には仕事で疲れたサラリーマンが多いせいか、ほっこりする癒し系のお店もあり。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8218.JPG
新橋の人通りが少ない路地裏で、ひっそりと店を構える「幸正(ゆきまさ)」というお店は…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8222.JPG
夜は女性店員ひとりだけで営業している、まるで家に帰ってきたような落ち着ける雰囲気。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8219.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8220.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8221.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
「晩御飯…食べてますか…?」の張り紙がされ、なんだか「…」に哀愁さが漂いますが…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8223.JPG
【マッシュポテト(セット内)】
名物のスープカレーを注文すると、気持ちが明るくなるようなカラフルな一皿が登場!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8235.JPG
これはアイスクリームとかではなく、3種類の芋から作ったマッシュポテトで、少し塩気は強いけれど、ねっとりと舌の上でとろけるなめらかさにうっとり。 酸味を効かせた野菜ピクルスもあり、カレーを食べているときの味変になりそう。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8225.JPG
【幸正カリー ビーフ(1500円)+ブロッコリー&チェダー(300円)】
さぁ、そして出てきました! これが新橋サラリーマンを癒している、スープカレーです!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8237.JPG
ブロッコリー&チェダーをトッピングしたら、チェダーよりもブロッコリーが強調していて…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8238.JPG
なんだか緑がモコモコしていて、これじゃあヘルシーすぎてデブロッコリーになれないYO!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8229.JPG
とは言え、気を取り直して、まずはスープからすすってみると、、じんわりと出汁感のあるスープ! それもそのはず、牛テールから出汁を取っているようで、スーッと体の奥に浸みていくような透き通った深みがあり、そこにスパイス感が後からやってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8231.JPG
ごはんは黄色と赤色の2種類が折り重ねられ、パラパラとしているのでスープとも相性良し♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8236.JPG
そして驚くべきは、ブロッコリーの下に隠れていた牛テール肉で、これを口に運べば…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8232.JPG
煮込まれてほろりとした柔らかさの中に、濃い味わいがあり、優しさとワイルド感が共存!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8233.JPG
これが食欲というスイッチを押してくれるので、肉ひとつでスープごはんをグイグイいけ…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8234.JPG
気づいたときには目の前からなくなっているという、肉マジック! (いつもどおり)

ブロッコリー&チーズは、もっとチーズとろとろなのかと思いきや、そうでもなかったのでトッピングしなくても良いかな? もうちょっと価格帯がおさえめだと嬉しいですが、優しい牛テールスープカレーで癒されたいときにまた再訪します☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:カレー(その他) | 新橋駅汐留駅御成門駅

↑このページのトップへ