★ ランチカロリー ★

トレンドは反復の歴史と言われているので、何かがヒットすれば揺り戻しが起きます。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5886.JPG
健康ブームからの揺り戻しでデカ盛りブームが起きたように、糖質オフブームもそろそろ…

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5932.JPG
終わりを迎えて、DEBUにはウェルカムな糖質オンブームが到来か?と期待しています。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5889.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5890.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5891.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
しかし、揺り戻ってくるときには進化を遂げていることが多いので、ただの糖質オンではなく…

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5892.JPG
【カルボナーラのリゾット(1050円)】
「やっぱり適度な炭水化物を摂ることで腹持ちが良くなるし、ごはん文化の日本人としては、お米をちゃんと食べることで体の健康を維持したいよね〜」のような、健康文脈での糖質オンが来るんじゃないかと思っていました。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5894.JPG
そして! それを確信できたのが、東京駅構内の地下(グランスタ)にあるリゾット専門店「リーゾ カノビエッタ」を訪れたときのこと。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5895.JPG
リゾット=お米(炭水化物)が主体で、イタリアンなので決してカロリーは低くなく、それでいてランチでも1000円オーバーしちゃう価格帯。 なのにカウンター席だけの店内は、ほぼ女性客で占められています。 

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5933.JPG
普通に考えたら、糖質オンど真ん中ですが、バターや生クリームなどの動物性油脂をなるべく使わずに健康に配慮していて、しかもニンニクや唐辛子を使わないというブレスケアも。 にもかかわらず食べてみるとしっかり美味しく、芯のあるアルデンテなお米が、濃厚なソースというドレスをしっかりまとってくれています♪

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5897.JPG
種類も豊富で、チーズ好きのDEBU的には3種のチーズリゾットにしようか迷いつつも…

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5898.JPG
カルボナーラのリゾット版にしてみると、生クリームを使っていないはずなのにクリーミーなコクがあり、パンチェッタの甘い脂が全体に厚みを加えてくれている一品でした。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6212.JPG
【魚介とカラスミのリゾット(1470円)】
そして他のメニューも気になったので、後日またひとりで再訪しちゃいましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6214.JPG
カラスミ好き(=プリン体好き)として、魚介とカラスミのリゾットをチョイスすると…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6215.JPG
カルボナーラリゾットとは打って変わって、魚介の優しさがにじみ出ていて、デブリシャス! 慈悲深いお出汁をお米がたっぷりと吸っていて、リゾットのはずなのに、なんだか雑炊を食べているような錯覚にも陥ります。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6216.JPG
エビやイカなどのゴロゴロ感とともに、カラスミの鼻を抜けていく風味もアクセントになり…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6218.JPG
ひとり用の鍋にたっぷりとお米が入っているので、じゅうぶんな食べごたえもキープ。

もしかしたら雑炊のように、スープを吸っていることでお米がふくらんでいるので、実際のお米の量は少ないのかもしれませんが、女子ならたしかに満足できそう。 これから揺り戻しで来そうな健康文脈の糖質オンブームに、やっとDEBUの時代が到来する!?と、勝手にワクワクしちゃっています☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:イタリアン | 東京駅京橋駅大手町駅

★ ディナーカロリー ★

肉×ウニの「うにく」が肉業界を席巻していたのは、以前から書いているとおりですが…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4278.JPG
その組み合わせは昔から「かねます@勝どき」が実践してきていたものの、「寿司さいしょ@銀座」が「うにく」の商標を取得してしまったので、他のお店は「うにく」と言えなくなってしまいました。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4308.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4310.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4312.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
過激な発言は慎しみますが、ここで思い出されるのはラーメン二郎の創業者(山田さん)や目黒店主(若林さん)の言葉です。 それは「二郎インスパイア系(二郎をマネたお店)が増えてきていますが、どう思いますか?」と聞いたところ、返ってきた言葉は「どんどんやってほしい、なぜならニセモノが増えれば増えるほどホンモノの価値があがるから」とのこと。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4282.JPG
【キムチ&ナムル盛り(コース内/2人分)】△
そう、「うにく」の権利を独占してブームに水をさすのではなく、肉業界がさらに楽しく盛り上がるために、二郎のような寛大な心で見守ってくれたら…と、肉好きのひとりとしては思ってしまうわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4280.JPG
【上タン(コース内/4人分)】◎
さて、そんな話はさておき、ブームの「うにく」改め、「うににく」を提供しているのが…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4281.JPG
六本木に昨年10月オープンした「YAKINIKU DAICHI ROPPONGI」というオシャレ焼肉屋。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4295.JPG
本とさや@浅草」で修行された方がシェフを務めているので、肉の目利きはたしかで…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4296.JPG
プリプリッとした、心地よい弾力感が魅力的な上タンで、まずは幸先の良いスタート!

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4299.JPG
【ユッケ(コース内/4人分)】○
たくさん飲むメンバーなので、2時間の飲み放題つきコース@7500円にしましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4302.JPG
ちゃんと保健所の許可を取った「合法生肉」もコース内についてきて、タレユッケは、なめらかな赤身の生肉に濃厚な卵黄とタレが絡みまくり♪

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4297.JPG
【塩ユッケ 2人前(コース外/1800円×2)】○
生肉好きとしては、タレユッケ1品だけじゃ物足りないので、コースを食べ終える前に…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4301.JPG
アラカルトで塩ユッケを追カロリーしちゃうと、こちらは香ばしい塩ダレで風味を立たせたもので、ちょっと味付けが濃いけれど、トロンとした生肉ならではの妖艶さは健在。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4283.JPG
【うににく 4個(コース外/3900円)】◎
そして!名物の「うににく」は、、名物なのにコースに入っていなかったので追加し…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4284.JPG
1個1000円近いお値段というのは、さすがにエクスペンデブすぎる強気プライスなものの…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4285.JPG
悔しながら、これがデブリシャス! レアめの霜降り肉があま〜い脂とともに口溶けし、そこに中にも上にもたっぷりと添えられた生ウニが、濃厚なソースとなって旨味という旨味を上乗せ。 高いけれど一口で幸せになれる「口福感」と、SNS映えする「フォトジェ肉」なのは嬉しいところ!

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4294.JPG
【DAICHIサラダ(コース内/1人分)】○
最初からコースではなくアラカルトにすれば良かったのでは?と思われたかもしれませんが…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4287.JPG
【リブロース(コース内/4人分)】○
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4303.JPG
じつはDEBUは体育会柔道部出身なだけあって、飲むスイッチを入れたときはそこそこ飲むので、飲み放題にするだけで費用をおさえられることに(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4304.JPG
【シマチョウ&上ミノ&上ハラミ(コース内/4人分)】○
ニンジンや水菜を包んで食べるリブロースに続き、3種類のホルモン盛りがここで登場。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4305.JPG
ハラミがホルモン盛りに入っているのは、横隔膜のハラミもホルモンに属するからで…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4306.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4307.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4315.JPG
サシ多めのジューシーなハラミ、シコシコとした貝のようなミノ、ガムのように噛めば噛むほど味が出てくるシマチョウなど、どれも一口サイズながらキャラ立ちが良し♪

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4316.JPG
【赤身の盛り合わせ(コース内/4人分)】○
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4318.JPG
ヘルシーな赤身肉で、サッパリと肉々しさをチャージしたら、このまま痩せるわけにもいかず…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4319.JPG
【ザブスキ(コース内/4人分)】◎
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4320.JPG
ラストミートは、ザブトンのスキヤキ風=略してザブスキで、脂のシャワーを浴びるのみ!

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4322.JPG
大判型にカットしているので肉汁の開放感がすさまじく、タレと卵黄で濃厚感もプラス♡

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4323.JPG
【特製和牛だし冷麺(コース内/1人分)】○
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4324.JPG
グニグニッとした太めの冷麺で、甘味の強い和牛だしとともにバキュームしつつも…

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4326.JPG
【うににく丼(コース外/2500円)】◎
IMs34dMgyG.jpg
オンザライサー的にはごはんナシで帰るわけにはいかないので、ここぞとばかりに「うににく丼」でさらなる追カロリーを! サッと炙った肉に、生ウニがドサっと乗り、タレの甘味とネギの清涼感が加われば、こりゃあもごはんノンストッピングでしょ! (とは言え、相性的にうずらの生卵はいらなかったかも)

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4328.JPG
【マンゴーアイス(コース内/1人分)】○
「うにく」であれ「うににく」であれ、名前はなんにせよ、美味しいもんは美味しい!笑

ちなみに個室は1室だけあって仕切られているものの、入り口から中が丸見えなので、お忍びの人には向かないかも。 ギロッポンということで価格帯はエクスペンデブぎみですが、それでもフォトジェ肉な「うににく」を攻めたいときは足を運んでしまいそうです☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:焼肉 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

★ ランチカロリー ★

高田馬場は、最近はトンカツ激戦区になりつつありますが、もちろんラーメン激戦区でも。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6153.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
DEBUはトンカツはもちろん、ラーメンも大好きなので、迷ったら両方とも攻めちゃいます。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6158.JPG
【味玉らぁめん 塩(850円)】
ラーメンは有名店がひしめき合う中で、代表格のひとつと言えば、「麺屋 宗(そう)」。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6160.JPG
ラーメンアワードをはじめ、数々の受賞歴を持つ、看板メニューの「塩ラーメン」は…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6161.JPG
澄んだスープに複合的な素材の旨みがしみ出ていて、動物系×魚介系のダブルスープによる、旨みの相乗効果! スッキリとしていながらもコクと香りがガツンと立っています。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6165.JPG
そんなスープを持ち上げる中太麺は、つるしこな口当たりで、本能のままにバキューム!

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6166.JPG
炙ったチャーシューは香ばしく、脂の重さを感じさせないので、スープを邪魔することなく…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6168.JPG
気づいたら目の前の杯がなくなっているという、気づかぬうちにグイグイいけちゃうもの。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6154.JPG
【味玉つけ麺 鶏白湯(880円)】
大盛りにするのを忘れたため、となりの仲間が注文していた「つけ麺」も少しもらうと…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6155.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6156.JPG
こちらのスープは、とろみのある鶏白湯スープで、しっかり抽出した鶏の旨みが前面に。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6157.JPG
個人的には、つけ麺の麺はもっとゴワムチでパワフルなタイプが好きですが、スープが白濁したドロドロ系ではなく、上品さがあるので、これはこれで良い相性かも。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6164.JPG
いっぽう、激辛グルメクイーンの金成姫さんは、いつもどおり激辛ラーメンをチョイスし…

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6162.JPG
【旨辛らぁめん 7辛(850円)】
1〜7段階まで選べる辛さのMAXにしていたので、ご覧のとおり、スープは地獄のよう。。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6163.JPG
おそるおそるひと口だけもらったら、ノドが痛くなるほどの辛さで、素人は無理だYO!泣

けっきょく何事もなかったように激辛クイーンは完食していたので、この人との食生活は無理だな…と感じた昼さがり(笑) DEBUはこれからも優しい塩ラーメンで癒されたいと思います☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅

↑このページのトップへ