★ ランチカロリー ★

チャップリン監督が作った映画の名作「ライムライト」に出てくる、名言のひとつに…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1733.JPG
Life is a desire」(=人生は欲望だ)というセリフがありますが、言わせてください。

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1734.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
ライフよりもライスのほうがデザイヤー(欲望)だということを!(目先のカロリー重視)

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1735.JPG
【サラダ(ランチセット内)】
さて、そんな映画と同じ名前がつけられたお店が、市ヶ谷にある「らいむらいと」。

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1736.JPG
【らいむらいと風チーズハンバーグ 300g(1980円)】
ここはハンバーグが名物で、分厚いチーズをトッピングした、チーズハンバーグもアリ!

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1737.JPG
200g(1380円)もあるけれど、やっぱりDEBU的にはMAXサイズの300gを頼みたくなり…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1739.JPG
迷うことなく300gをオーダーしたら、大きめのチーズであろうとも肉がハミ出ちゃってる!

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1740.JPG
んもう、このチーズの照りといい、肉の焼き目といい、それだけで食欲がそそられます♪

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1741.JPG
このハンバーグに箸を入れてみると、、表面はカリッとしながらも中はふんわり柔らかく…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1742.JPG
かなりキメ細やかなタイプなので、この粗挽き全盛期の時代に、いさぎよい逆張り!

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1743.JPG
なめらかな舌触りが心地よく、それでいて、このように浸み出てくる肉汁も蓄えているので…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1744.JPG
ここはもちろんOTR(=On The Rice)することで、肉汁を余すことなくオールキャッチし…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1745.JPG
さらに、肉汁が浸みでた、ガーリックバター香る濃厚なソースもぶっかけちゃうYO!

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1746.JPG
上品な肉の味わいと呼応した、濃厚ながらも適度な酸味でキレがあるソースにも品があり…

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1748.JPG
【アイスコーヒー(ランチセット内)】
サラダ&ドリンクもつくなら、そりゃあマダムたちも横の席で会話が弾んでいます(笑)

1Fは喫煙、B1Fは禁煙で分かれているのも嬉しいところ。 コクのあるソースの誘惑にいざなわれるように、デザイヤーでデブイヤーなライスも、がっつりススんじゃいました☆


▼ instagram投稿


====================
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ステーキ | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅

★ ディナーカロリー ★

最近はパクチー専門店をはじめ、ネギ専門店・キノコ専門店・のどぐろ専門店など…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8390.JPG
一点特化型のお店が増えてきましたが、銀座の東急プラザにある「はなたれ」もそのひとつ。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8392.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8391.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8393.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8395.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8394.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8396.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8397.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
こちらはなんと「金目鯛」の専門店で、メニューはどれも金目鯛を使ってアレンジしたもの。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8402.JPG
しかもここでは、千葉県銚子沖の「地きんめ鯛」を使い、さらに脂肪10%以上を「とろ地きんめ鯛」として出しているなど、ちゃんと質の良いものを使用。(ちなみにDEBUは体脂肪率35%なので「大とろ」表記でよろしいでしょうか?)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8400.JPG
【とろ地きんめ鯛 うに巻きいくら(1個500円)】○
さっそく前菜に、金目鯛でウニを巻いてイクラをのせた、反則技的な料理を頼んだら…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8401.JPG
出てきたとたん「小さっ!」と思ってしまったものの(笑)金目鯛×ウニ×イクラによる旨味の相乗効果を発揮。 もうちょっとサイズが大きければ嬉しいですが、金目鯛の切り身で巻いている時点でこれが限界なのかも。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8404.JPG
【地きんめ鯛 食べ比べ4種盛り合わせ(2人前1900円)】○
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8497.JPG
食べ比べセットは、刺身に加えて、昆布締め・藁焼き・湯霜造り、そして皮の唐揚げが入り…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8406.JPG
どれも個性はあったけれど、やっぱりシンプルイズベストに、刺身で食べるのが品質の良さを感じられます。 金目鯛ならではの上品な甘味がやんわりと口中に広がり、それでいて強調しすぎない、奥ゆかしさのある味わいです♪ (皮の唐揚げはちょっと油切れが悪かったかな)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8408.JPG
【とろ地きんめ鯛 煮付け(2500円)】◎
そして金目鯛と言えば、やっぱり煮付けは欠かせないので、とろ地きんめのほうで注文し…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8496.JPG
骨から身をはずして口に運んでみると、、これぞキンメ! 甘辛く煮付けられたことで、パワフル感が増し、それでいてタレに負けない旨味と口溶けを演出。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8412.JPG
いやぁ、値段のわりにすぐなくなっちゃって悲しいけど、この残った汁も有効活用すべく…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8413.JPG
やっぱり煮付けにお米は必要でしょ!ということで、ここぞとばかりにお米を緊急招集。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8414.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8415.JPG
そのまま残り汁をぶっかけちゃえば、金目鯛の旨味が浸みでた極上のタレとなって、お米のひとつひとつを余すことなくコーティング。 なにげに金目鯛の身よりも、むしろこっちのほうがDEBU的にはご褒美!(ただし惜しむべきは、麦飯じゃなくて白米で食べたいところ)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8399.JPG
【生玄米茶(500円)・生抹茶(550円)】◎
店主らしき人が目の前で淹れてくれる本格的なお茶で、スッキリとノドをうるおしながら…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8416.JPG
【とろ地きんめ鯛しゃぶしゃぶ 中(3500円)+松茸トッピング(時価)】○
続いては、いちおうテレビの鍋王決定戦で優勝した初代鍋王として、鍋もいっちゃいまーす!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8494.JPG
金目鯛のしゃぶしゃぶは、通常バージョンと、とろバージョンのふたつが相盛りにされ…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8420.JPG
まずは鯛のアラで出汁をとったあと、煮付けと同じような濃いめのスープで、しゃぶしゃぶ。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8421.JPG
生でも食べられそうな切り身なので、サッとレアめに仕上げるぐらいがちょうど良く…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8423.JPG
とろんとした脂のノッた鯛をそのまま楽しむのも良し、香りの良い松茸と合わせるのも良し♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8424.JPG
そして鍋と言えば、やっぱりアレは避けて通れない道なので、オンザライスしたあとでも…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8425.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8426.JPG
そうです! やっぱり食べずにはいられません! 鍋の〆と言えば雑炊に決まってるでしょ!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8427.JPG
これまた金目鯛の旨味が浸み出たスープを、お米がたっぷりと吸い込んでくれて、しかも溶き卵によってマイルドな顔つきに。 卵でまろやかにコーティングされたこの雑炊は、まさに鍋のフィナーレと言えるべき存在です。 (ただし惜しむべきは、麦飯じゃなくて白米で雑炊を作りたかったところ)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8428.JPG
いやはや、ごはん3杯分の山盛りオンザライスからの雑炊で、満腹タイムは近いけれど…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8429.JPG
【名物 地きんめ飯(2000円)】◎
さいごに頼まざるを得ないのは、そう、このお店の名物でもある、地きんめ飯です!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8495.JPG
今日のフジテレビ「ワイドナショー」にDEBUが登場して、コレも紹介しちゃいましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8431.JPG
インスタでは「とりあえず卵黄」という法則で、艶やかな卵黄がのるだけで「いいねが2割増し」になるというDEBUなりの定義がありますが、このお店ではまさかの卵黄3個のせ!(2個か3個かで選べ、自分で言わないと2個になってしまうので注意)

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8433.JPG
見た目のインパクトもさることながら、卵黄が金目鯛と濃厚に絡み合うことは正義で…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8434.JPG
金目鯛の刺身とそぼろを相手に、卵黄3つでも多すぎると感じることはないほど善戦。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8435.JPG
途中からは、金目鯛のアラから出汁をとった上品なスープを、上からぶっかけちゃえば…

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8436.JPG
お茶漬け風にして食べることもでき、適度に熱が入った金目鯛も、これまたイメチェンに♪

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8437.JPG
まさかのオンザライス→雑炊→丼によるトリプルごはんで攻めちゃったから、動けないほど満腹だYO! (ただし惜しむべきは、麦飯じゃなくて白米で丼も食べたかったところ)

商業施設に入っていることもあり、そこそこ値が張ってエクスペンデブだったり、注文してもなかなか出てこなかったりサービスも決して良いとは言えないところはありますが、それでも金目鯛に特化した専門店というのは嬉しいところ。 インスタで「いいね」が欲しければ、ココの地きんめ飯で「とりあえず卵黄」しちゃうのも良いかもしれません☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:居酒屋 | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

★ ディナーカロリー ★

赤坂で打ち合わせを終えたあと、遅めの時間にひとりでごはんを食べることにしましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0969.JPG
赤坂エリアにある永田町の暗い路地裏を歩いていたら、いきなり雰囲気の良い場所を発見。 それは「Anchor Point(アンカーポイント)」という、オトナの隠れ家的なお店。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0979.JPG
DEBUの第六感で、ココは美味しいオーラ(コーラじゃないよ)をなんとなく感じたので…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0968.JPG
ふらっと突撃してみると、店内は意外と空いていたけど、こだわりのラインナップ!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0970.JPG
【メニュー(クリックで拡大)】
どうやらアメリカンステーキハウスのようで、メニューが1枚にまとまっているのは好感。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0977.JPG
なんとお店でわざわざ作っているという自家醸造ビールを、3種類の中からヴァイツェンタイプをチョイスして飲んでみると、、甘くもスッキリとした後味の爽やかさ♪ 同時にフルーティーな香りも漂い、なかなかの本格派ビール!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0981.JPG
【蛤のクラムチャウダー(800円)】
メインにステーキを頼みつつ、前菜に一品だけ、クラムチャウダーを頼んでみると…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0983.JPG
熱々で大ぶりなハマグリがゴロゴロと入っており、ちょっと食べにくさはあるけれど、ぷりぷりな身が美味。 タマネギの甘味が引き出されたクリームスープも上品に仕上がっています。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0980.JPG
しかし、そこはお上品に振舞いきれないDEBUだもの、セットでついてくるパンを…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0984.JPG
ひきちぎってクラムチャウダーにディップしながら食べちゃうけど、ここで世紀の発見。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0985.JPG
細かくちぎったパンをスープに沈めて、たっぷり吸わせたほうが、より美味しいんです!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0986.JPG
【USプライムビーフ リブアイステーキ 450g(7200円)+フライドポテト(600円)】
そう、まるでスポンジのようにパンがスープを吸ってくれるので、クルトン的な役割に。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0987.JPG
そうやって技の開発にいそしんでいたら、、いよいよメインのアンガス牛ステーキが登場!

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1636.JPG
薪火で焼かれたというステーキは、お皿まで熱せられていたので、おそらくウルフギャングなどと同じく、バターをのせてオーブンで仕上げたタイプかも? それだけに、表面はカリッと香ばしく焼きあげながらも、中は美しきローズピンクの断面

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1635.JPG
さっそく肉にカブりついてみると、、口の中で赤身肉がパワフルにダンシング! 部位はリブロースなものの、赤身が強いアンガス牛なので肉々しさがあり、それでいて柔らかく肉がほどけていくのは、さすがはアメリカの肉質最上級にあたるプライムクラス

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0993.JPG
しかもバターのようなオイリーな重厚感もあるので、これはオンザブレッドしちゃうでしょ!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0995.JPG
肉厚なステーキをひとりでたいらげる、それはDEBUという生き物において快感でしかなく…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0989.JPG
以前に「フードデイズ@新橋」で600gのステーキをたいらげたのも記憶に新しいところ。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0994.JPG
今回は450gだったので、ポテトフライで追カロリーしたところ、、ホクホクの超厚切りタイプで好みが別れるところ(ちなみに自分は細切りのほうが好き)。 しかし、ソースが秀逸で、カレーを混ぜたようなスパイシーな食欲そそるテイスト!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0997.JPG
キンキンに冷やしたウィスキーで作る、氷を入れないアンカーハイボールもおさえつつ…

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0996.JPG
路地裏の優雅なレストランで、いつになく気取りながら #オシャレに太る を実践できました。

ちなみにこの #オシャレに太る というハッシュタグをインスタでたまに使っていたところ、いつもフォロワーさんに好評で徐々に広がってきたので、#フォトジェ肉 に続く流行タグにできるようがんばります(笑)

やっぱり、赤身の肉塊ステーキを完食すると、野生的なパワーがみなぎってきますね☆


▼ instagram投稿


=====コチラもお願いします!====
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================
 

関連ランキング:バル・バール | 永田町駅赤坂見附駅半蔵門駅

↑このページのトップへ