★ ランチカロリー ★

東銀座と言えば、歌舞伎座(かぶきざ)がありますが、良きグルメスポットでもあります。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4176.HEIC
歌舞伎座の裏には隠れた名店が多くあるので、カブキよりもデブキ(デブになる気)です!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4177.HEIC
今回発見したのは、そんな歌舞伎座横にある「Le Kochia(ル・コチア)」というビストロ。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4179.HEIC
テーブル席の2Fとカウンター席の3Fがあり、ランチは基本3Fのみで、2Fはコースを事前予約すれば使えるようです。 カウンターは6席だけで、後ろを通るのもやっとなので、DEBUにとってはかなり狭め(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4178.HEIC
【メニュー(クリックで拡大)】
それでも、肩身ならぬ腹身が狭くなっても、食べに行きたくなるメニューがあるんです。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4498.JPG
【フレンチ牛丼(1200円)】
それがこちら! フレンチビストロが手がける牛丼、その名も「フレンチ牛丼」です!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4501.JPG
レアに仕上げられたローストビーフのような牛ステーキに、ドカンとのったフォアグラ!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4502.JPG
こんなにも大ぶりな、高級食材のフォアグラを使っているのに、1200円とは驚きです。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4506.JPG
牛ステーキは、しっとりなめらかで、口の中でほろりとほぐれるもの。 低温調理したサガリ(ハラミ)のような食感で、赤身感がありつつも柔らかさも楽しめます。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4503.JPG
そして肝心のフォアグラは、香ばしくソテーされていて、味付けごはんとも相性ばっちり!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4508.JPG
ひと噛みすれば、プリッとした弾力が歯を押しかえし、中から気品あふれる妖艶なエキスが。 安かろう悪かろうではなく、ちゃんとビストロとして自信を持って提供しているフォアグラがここにあります!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4181.HEIC
 夜はきっと良い値段を取られそうなフォアグラを、この価格で出せているのはコスパ良しです♪(ランチで1000円オーバーはエクスペンデブぎみだけど、フォアグラの満足感として)

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4509.JPG
【しっ鶏サラダ(ラーメンセット内)】
とは言え、その味とともに、量もいたってお上品なので(笑)DEBUの胃袋は満たされず。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4512.JPG
なので、ランチのもうひとつの看板メニューである、「トリュフヌードル」も追カロリー!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4514.JPG
【トリュフヌードル(1800円)】
鶏むね肉のサラダをなぜか牛丼のあとに逆戻りして片付け、いざラーメンとご対面です。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4515.JPG
出てきた瞬間、ぶわっと顔を覆い尽くすほど、トリュフの鮮烈な香りにたじろぎますが…

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4517.JPG
それもそのはず、スープには黒トリュフがたっぷり。(トリュフオイルも使っていそう)

NcBwBbE04m.jpg
スープはそんな香りを楽しみつつ、鶏と野菜の優しい味わいも、体中に広がっていきます♪

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4520.JPG
麺はパスタで使うデュラムセモリナ粉も使っているからか、もっちりというよりはパキッとした食感で、スープを吸わない配慮がなされていますが、個人的な好みとしては、通常のラーメンに使う麺のほうが、上質なスープを吸ってくれて、スープとの一体感をより楽しめそうな気がするかな?(選べたら良いかも)

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4183.HEIC
スープの完成度は高いので、むしろ残ったスープにごはんを入れたくなりました(笑)

というわけで、フレンチ牛丼が1200円でコスパ良いとか言っておきながら、1800円のトリュフヌードルも食べてしまい、けっきょく昼から1人で3000円も使ってしまう結果に。 どちらか選ぶならフレンチ牛丼がオススメなので、次回はフレンチ牛丼を2杯食べたいと思います☆


▼ Instagram投稿
View this post on Instagram

フレンチ牛丼! そんな食欲そそる一皿をランチで提供しているのは、銀座にある【ル・コチア】というフレンチビストロ🌟 しっとりなめらかなローストビーフに加え、大ぶりで上質な高級フォアグラがドカンとのって、これで1200円はおトク感あるね😊✨ とは言え、量もお上品なので(笑)鶏スープがベースの「トリュフラーメン」も追カロリーしちゃった😂 - #東京グルメ #銀座グルメ #ルコチア #LeKochia #TokyoGourmet #個室なし #フレンチ牛丼 #トリュフラーメン #迷ったら両方 #だから太る ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ銀座 #フォーリンデブ丼もの #フォーリンデブラーメン

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:フレンチ | 東銀座駅築地駅銀座駅

★ ディナーカロリー ★

イタリア語で、神様からの慈悲深い贈り物を意味する言葉、それが「ジャンカルロ」。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3553.HEIC
2017年7月に、六本木の飯倉片町の交差点近く(オーグルマンの横)にオープンしました。

mntjZTMxEr.jpg
zQtfN6EEm9.jpg
CsQka4lhjw.jpg
0Xi3OxNCnc.jpg
QnOgDVj46r.jpg
Ap6H9Mmper.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
こちらは、ナポリピッツァの世界大会で優勝した小曽根シェフが手がけているので…

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3766.JPG
【素焼きピッツァ(お通し)】
石窯焼きのナポリピッツァをメインとしながら、いろいろなイタリア料理も楽しめるお店。

2YzvKaeL1a.jpg
【ピテッロ トンナート(1580円)】◎
お通しから素焼きのピッツァを出すあたり、その生地にお店の自信がかいま見えますが…

CagGovz29V.jpg
そんなピッツァよりも先に、仔牛のハムにツナソースをかけたトンナートにいきなり感激!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3774.JPG
クリーミーなツナソースが、しっとりなめらかな仔牛のハムを濃厚に包みこみ、そこにオリーブオイルとケッパーの香りが合わさってくる、見事な一体感です。 トンナートは、都立大学「カーリカリ」の西洋わさびをふりかけたものが一強だと思っていましたが、ここで新たなライバルが出現してしまったほど。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3775.JPG
【マルゲリータ(1600円)】○
そしていきなりメインのピッツァに突入です。 頼むべきは、やはり王道のマルゲリータ!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3778.JPG
世界チャンピオン・小曽根シェフは、姉妹店の恵比寿「エスクラッシコ」のほうにいるので、小曽根シェフが焼いてくれるわけではありませんが、ソースやチーズのバランスはさすが。 甘酸っぱいトマトの爽やかさ、とろけるチーズのコクが口いっぱいに広がります。(ただ、生地はちょっと水分が飛んでしまったような食感が気になるところ)

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3779.JPG
【ジャンカルロ(2500円)】◎
店名「ジャンカルロ」が名付けられた、いわゆる看板メニューのピッツァもあって…

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3782.JPG
こちらはイタリアンチャーシューのポルケッタに、水牛のモッツァレラ、そして半熟卵を合わせたもの。 仕上げにふりかけたトリュフオイルの香りがふわっと鼻を抜けていき、まさに六本木らしいオトナの遊び心あふれる一枚です!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3784.JPG
【ミラノ風サフランリゾット(2250円)】◎
さらに炭水化物リレーは続きます。 ラストを飾るのはこちら、ミラノ風サフランリゾット!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3785.JPG
イタリアのミラノ名物・オッソブーコが好きで、以前にミラノ万博のステージに出たとき、ここぞとばかりにミラノでオッソブーコを食べ歩きまくってオッソデブーコになりましたが、これはそれをお店なりにアレンジしたもの。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3787.JPG
本来のオッソブーコは、チーズたっぷりのサフランリゾットに、肉がついた骨髄入りの骨(輪切り)を添えますが、こちらは肉をつけないかわりに、ドカンとでっかい骨髄入りの骨(縦切り)を添えたもの。 出てきたときにインパクトがあり、お客さんの前で骨髄をスプーンでかき出して、リゾットと混ぜ合わせてくれるので、目の前で料理が完成する楽しさがあります。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3789.JPG
骨髄は脂身のようにも見えますが、旨味の塊なので、リゾットと合わせると深みが出て…

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3793.JPG
艶やかな旨味エキスがお米をしっかりコーティングするので、なんとも妖艶な美味しさです! 濃厚なチーズ感と、サフランの香りも相まって、これまたデブリシャス!(略して、これまたデブ)

ナポリピッツァも良いものの、なにげに前菜とシメに感激した夜でした。 次回は、姉妹店で世界チャンピオンの焼いたピッツァも攻めにいきたいと思います☆


▼ Instagram投稿
View this post on Instagram

骨つき肉ならぬ、骨つきリゾット! 六本木にある【ジャンカルロ東京】は、ナポリピッツァの世界チャンピオンに輝いた小曽根シェフがプロデュースしたお店🌟 小曽根さん本人は姉妹店(エスクラッシコ@恵比寿)にいるので不在だけど、水牛のモッツァレラチーズと豚のポルケッタを使った、トリュフ香るピッツァなどが楽しめるよ🙌✨ 〆は、ミラノのオッソブーコをアレンジした「ミラノ風サフランリゾット」で、コクのある牛骨髄をお米にたっぷり絡めて💛 - #東京グルメ #六本木グルメ #ジャンカルロ東京 #GiancarloTokyo #TokyoEats #個室なし #ナポリピッツァ #オッソブーコ #ミラノ風リゾット #炭水化物からの炭水化物 #略してTT ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ六本木 #フォーリンデブピザ #フォーリンデブイタリアン

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ピザ | 六本木一丁目駅麻布十番駅神谷町駅

★ ディナーカロリー ★

長野って、東京から近い旅先のようで、DEBUはなかなか行かないエリアでもあります。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8888.HEIC
以前に放牧豚が見たくて、長野の安曇野放牧豚の養豚場まで自腹で行ったこともありましたが、東京でも長野気分が味わえるお店を発見! それは月島にある「アネッソやまか」という信州料理の居酒屋です。

J3DvN15GRV.jpg
jUZSfPrmJi.jpg
Zxb8BtYaBz.jpg
A5Ivsh4c6N.jpg
GuaazDjPvA.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8895.HEIC
【メニュー(クリックで拡大)】
なぜ長野なのか? それもそのはず、こちらは長野の木曽町にある老舗旅館「やまかの湯」が直営しているお店だから。 長野から蕎麦の実を直送し、店内で挽きたての蕎麦が食べられる、こだわりようです。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9101.JPG
【りんごジュース580(円)/ プレミアムモルツ(620円)】
アルコールは、ビールが620円だったりエクスペンデブぎみなものの、日本酒の品揃えは豊富。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9106.JPG
【だし巻玉子(650円)】○
なにげに長野県は日本酒の蔵の数が全国2位で、そんな長野の地酒も楽しめるわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9108.JPG
ついつい見つけたら頼んでしまう、だし巻き玉子で、まずは胃袋を優しくスタートさせて…

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9103.JPG
【ふわトロ蕎麦がき(780円)】◎
前述のとおり、蕎麦にこだわりがあるお店なので、前菜として蕎麦がきもオーダー。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9104.JPG
するとこれが正解で、いわゆる一般的な団子のような蕎麦がきとは違い、ふんわりトロける食感。 濃いめのつゆが蕎麦がきを引き立て、まるでお餅のように心もお腹も弾んでしまう一品です♪

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9109.JPG
【信州牛の贅沢ローストビーフ(フルサイズ:3980円)】◎
そして、なにげにコレを目当てにしていたのが、インパクト大な、信州牛のローストビーフ!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9114.JPG
ハーフサイズとフルサイズが選べますが、このように山のように盛られるのはフルサイズのみ。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9116.JPG
レアめに仕上げたローストビーフを、弧を描くように配置し、ニンニクやワサビとともに…

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9117.JPG
漬け卵黄生ウニ、そしてまさかのあん肝と、蕎麦つゆのジュレを合わせる斬新な一皿!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9120.JPG
意外にも、あん肝と牛肉の相性が良く、ねっとりと濃厚に溶けるあん肝がソースのように合わさります。 肉自体はちょっと旨味に欠けるというか、少し物足りなさはあるものの、逆にウニ&あん肝といった旨味の塊が相乗りし、そこに蕎麦つゆのジュレがコクと塩気を加えてくれることで、ナイスなマリアージュ!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9122.JPG
【市場直送海老の天ぷら(1580円)】○
そんなローストビーフに打ちのめされたあとに、直立不動する海老の天ぷらが登場しても…

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9124.JPG
あのインパクトを超えられず、これはまぁ、塩につけながら美味しくいただくのみ。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9126.JPG
【山賊焼き(780円)】◎
しかし、それでもDEBUをふたたびハマらせたのが、信州名物のひとつ、山賊焼きです!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9131.JPG
これは「焼き」という名前がついているのに「揚げ」ている料理で、いわゆる、鶏の一枚肉の唐揚げ。 香ばしくクリスピーな衣の下には、柔らかい鶏肉が身をひそめ、そこに風味豊かな紫蘇の実のソースが勇気をもって抱き合います。 もともと衣にもしっかりと味が付いているので、力強いパワフル感がたまりません!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9134.JPG
【クルミだれ蕎麦(1160円)】◎
ちなみに、なぜ山賊焼きと呼ばれているのかと言うと、山賊は物を取り上げる=とりあげる=鶏揚げる、という語呂からきているのが有力。 もちろん諸説ありますが、こういうネタは飲み会でも使えそうです(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9136.JPG
そして、メインは店内で実を挽いて打った、看板メニューのお蕎麦と、いざご対面!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9139.JPG
そのまま麺だけ食べても、ふわっと優しい香りが広がりますが、クルミだれにつけると、今度は真逆の顔つきになって、こってり濃厚! もはや蕎麦の風味を消すんじゃないというぐらい、クリーミーに麺を包みこむので、そのまま⇄つけて、を交互に繰り返しながら楽しむが良さげかも。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9141.JPG
【冷製からすみ蕎麦(1230円)】○
季節メニューのからすみ蕎麦は、ぶっかけ蕎麦にたっぷりとからすみを振りかけたもの。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9143.JPG
お酒のような香りがガツンとくるので、これは〆というより、むしろお酒のお供かな?

_Mk34GxRCb.jpg
ちなみに、蕎麦つゆは蕎麦湯で割れば、とろんとした口当たりになって癒してくれます♡

そんなこんなで、長野に行かずとも、なんだか長野旅行をした気分になって太れてしまうこのお店。 ローストビーフのインパクトもさることながら、ぜひまた蕎麦を食べに行きたい、そば(側)にあってほしい、信州居酒屋でした☆


▼ Instagram投稿
View this post on Instagram

ローストビーフ×ウニ×あん肝! 月島にある【アネッソ やまか】は、長野の老舗温泉旅館「やまかの湯」が直営する、長野の信州料理が楽しめるお店🌟 看板メニューは「信州牛のローストビーフ」で、まさかのウニとあん肝がオンされてて驚くけど、これが意外と相性が良く、あん肝のなめらかな濃厚感がばっちり❣️ なにげに〆の蕎麦が美味しく、クルミだれや、自家製カラスミがけなど、こだわりの蕎麦屋さんとしても楽しめちゃう🙌✨ - #東京グルメ #月島グルメ #アネッソやまか #AnnessoYamaka #TokyoEats #個室なし #居酒屋 #信州料理 #ローストビーフ #蕎麦 #クルミだれ #濃厚デブリシャス ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ月島 #フォーリンデブ居酒屋 #フォーリンデブ蕎麦

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:居酒屋 | 勝どき駅月島駅築地駅

↑このページのトップへ