★ ランチカロリー ★

炭水化物に炭水化物を重ねる、その行為は「禁断」と言われながらも、背徳的な美味しさ

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2152.HEIC
つまり、ダメだと分かっていても、本能のままに喰らいたくなる食べ物とも言えます。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2155.HEIC
南新宿代々木からも徒歩圏内)にある「ICON(アイコン)」は、まさにそんなお店で…

Al4mONlYKW.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
2名がけテーブル4卓、カウンター3席だけの小さな店内ながら、禁断のメニューがあります。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2157.HEIC
【ドリンクセット(+200円)】
DEBUと言えども、少なからず恐れを抱いたのか、キャラにもなくコカコーラゼロを片手に…

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2406.JPG
【牛すじスープ(セット内)】
あまり意味がないゼロカロリーで準備しつつ、ランチセットのスープで、スイッチオン。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2408.JPG
【マッカンバーガー(1500円)+マカロニチーズW(300円)】
すると、出てきました! これがハンバーガー界を揺るがすモンスター、マッカンバーガー!

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2412.JPG
このマッカンとは、いわゆるマカロニチーズのことで、ハンバーガーにおさまりきらない雪崩のようにあふれて流れ出る、圧巻のビジュアル。 それもそのはず、大のマカロニチーズ愛好家としてマッカンダブルで注文したら、お店の人から「ダブルは初めて」と言われたほど、史上初の「ダブルマッカンバーガー」がここに誕生です♡

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2430.JPG
つまり、ダブルでデブルというわけですが、まずはバーガーを持ち上げてそのままカブりついてみると、、濃厚デブリシャス! まるでマカロニチーズがソースようにパティやバンズと絡み合い、チーズのコクに加えて、マカロニのムニムニとした食感も心地良し。 しかも、粗挽きにしたパティが、ちゃんと歯を押し返してくるような肉の存在を感じさせ、隠し入れられたナッツの食感も重なり合うことで、全体としての相乗効果も高めてくれています。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2431.JPG
バーガーを持ち上げたあとは、ぽっこりと穴が空いたようにマカロニチーズが残るものの…

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2432.JPG
これはバーガー袋にそのまま流し入れれば、いつまでもなくならないチーズとして楽しめ…

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2160.HEIC
さすがに炭水化物オン炭水化物の組み合わせで、腹パンになりながらも、美味しく完食!

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2424.JPG
【りんごバーガー(1800円)】
ちなみに、、一緒に行った後輩が注文した「りんごバーガー」も、これまた美しく…

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2425.JPG
青森りんごのコンポートを合わせることで、フルーティーな酸味と甘味が肉を引き立てます♪

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2418.JPG
でも、どちらか選ぶとすれば、、やはりDEBU的にはダブルマッカンバーガーかな!笑

それだけ破壊力バツグンな逸品に、身も心も打ちひしがれて、昼から動けなくなりました★


▼ Instagram投稿(スライドすると最後に動画も見れます)
この投稿をInstagramで見る

怒涛のマカロニチーズ! そんな破壊力バツグンのハンバーガーに出会えるのが、南新宿(代々木からも徒歩圏内)にある、【ICON(アイコン)】という小さなお店🌟 マッカンバーガーのマカロニチーズをダブルにしたら、お店から「ダブルにした人は初めて」と言われてしまったけど、マカロニ好き&チーズ好きなら、避けて通れぬ道😂😂 粗挽きのパティとチーズが濃厚に絡み合い、マカロニとナッツのアクセントも加わって、これは文字どおり「デブリシャス」だね❗️笑 - #東京グルメ #新宿グルメ #代々木グルメ #アイコン #ICON #TokyoEats #個室なし #11席のみ #禁煙 #ハンバーガー #マッカンバーガー #マカロニチーズ #りんごバーガーも美味 #イエスフォーリンデブ ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ新宿 #フォーリンデブ代々木 #フォーリンデブハンバーガー

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ハンバーガー | 南新宿駅代々木駅参宮橋駅

★ ディナーカロリー ★

ブログの更新が滞っていてすみません! なんだかSNS(特にインスタ)の更新もしていると…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0271.HEIC
ブログのほうでレポートを書くのが大変になってきたのですが、それでもブログは大事!

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0272.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0273.HEIC
【メニュー(クリックで拡大)】
なぜならSNSでは、基本的に省略した情報(インスタなら写真中心)しか載せられないので…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0573.JPG
【味玉チャーシューメン(1000円)】
有益なグルメ情報をお届けしたいDEBUとしては、両方で食レポしていきたいんです!

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0575.JPG
と、前置きが長くなってしまいましたが、、今回訪問したのは、田町(三田)の慶應大学・幻の門前にある「博多 一端亭(いっすいてい)」というお店。 新宿にも店舗があり、豚骨ラーメンLOVERとしては、田町で飲んだあとはココで太ろう!と以前から決めていました。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0578.JPG
泡系豚骨ラーメンの「博多 一幸舎」と同じく、泡立つ豚骨ラーメンと謳っていますが…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0581.JPG
まずは、泡立っていないところをすすってみると、、あれ?なんだかアッサリしてる?

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0582.JPG
と思いきや、泡立ったところをすすると、まろやかな脂の甘味と、豚骨ならではの旨味もしっかりと感じることができて、、デブリシャス! たまたま脂分が多い箇所だったからかもしれませんが、泡立つことで表面積が広くなり、泡が舌にねっとりとまとわりつくことで、スープの美味しさをより感じやすいのかもしれません。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0585.JPG
そんなバブルで立体感が生まれたスープを、極細ストレート麺がリフトアップしてくれて…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0587.JPG
手切り感のあるチャーシューで、肉感と脂感もチャージすれば、すべてがパワーアップ。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0588.JPG
箸が止まらず、アップアップしながらも、半熟とろ〜りな味玉で気を落ち着かせれば…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0276.HEIC
飲んだあとの〆ラーメンとして、これで胃袋も、1日の役目を終えることができるわけです。

なにげに、チャーシューも味玉も良かったので、ここは味玉チャーシューメンにして正解。 どちらかというと全体的に上品にまとまっているので、ドMな自分としては、もっとワイルドに豚骨が攻めてきても良かったかな(笑) 次回はスタミナ鉄板焼きもセットで自分を追い込んでみます☆


▼ Instagram投稿(スライドすると最後に動画もあるよ)
この投稿をInstagramで見る

バブル豚骨! 新宿と田町にある【一瑞亭(いっすいてい)】は、まろやかな泡立つ豚骨スープが楽しめるラーメン店🌟 最初、泡立っていないところを飲んだら「あれ?薄いかな?」と思ったけど、泡立っているところは油分もあって、舌に絡みつくような、豚骨ならではの濃厚な旨味がしっかり🐽✨ 博多ラーメンにしては厚切りのチャーシューも、食べごたえがあってイイね👍 - #東京ラーメン #田町ラーメン #三田ラーメン #一瑞亭 #Ittantei #TokyoRamen #カウンターとテーブル席 #喫煙 #ランチ禁煙 #豚骨ラーメン #泡系ラーメン #バブルでデブル ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ田町 #フォーリンデブ三田 #フォーリンデブラーメン

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -




====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:ラーメン | 三田駅田町駅赤羽橋駅

★ ディナーカロリー ★

築地と鎌倉の人気中華「一凛」が、中華×スペイン料理のお店を、2週間前にオープン!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8926.HEIC
場所は、日比谷のペニンシュラホテルの目の前で、日比谷・有楽町、銀座からも歩けます。

TWZCxUwcbj.jpg
_LeE7M1Beb.jpg
yJyq0hlwj6.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
中華とスペイン料理の「融合」との前評判だったので、ワクワクしながら行ってみましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9206.JPG
【イチリンハナレのよだれ鶏(900円)】◎
先に結論をお話しすると、「融合」というよりも、美味しい中華料理とスペイン料理がそれぞれ「個別」に楽しめるというお店でした(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9212.JPG
中華料理の「よだれ鶏」は、皮つきの柔らかい鶏肉が、たっぷりと白ごまが入って香りの良い、刺激的な麻辣ソースを、まるで真っ赤なドレスのように着込んだもの。 スペインの要素がない、ザ・中華料理ではありますが、そのソースの美味しさに中華としての実力を感じさせてくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9226.JPG
【に つける餃子と山椒麺(600円)】○
鶏肉は2切れのみで小ポーションでしたが、残ったソースを有効活用するメニューがあり…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9231.JPG
大ぶりの焼き餃子を、このソースにドボンとつけると、むっちりした皮がソースと合わさり…

rtSORX7JkA.jpg
さらに、そのあとに山椒麺も入れて、まぜそばのようにして食べれば、まさに3段活用

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9264.JPG
その3つの、どれもが美味しいことには間違いないんですが、ちょっと驚くような変化には欠けたかな。 残ったソースを使うので、基本的にはどれも味付けが同じになり、単調になりがちなイメージ。 たとえば「ふるめん@六本木一丁目」のイリュージョン担々麺のように、食べ進めるたびにどんどんと料理の顔色が変わっていくような、進化する楽しみがあると個人的にはうれしいかも。(ただ、さいごの麺には黒酢を足したような酸味が加わっていました)

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9221.JPG
【イベリコハムトマトパン(1600円)】○
そして、学生時代によく食べていた、なつかしの「パンコントマテ」も新たな形で登場。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9217.JPG
自分で作るという趣向で、パンにトマトとニンニクを塗って、オリーブオイルを垂らし…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9222.JPG
さいごにイベリコ豚の生ハムをのせて完成というわけですが、薄切りにされた生ハムの塩気がパンをいざない、これはいくつでも食べたくなる! あいにくパンは小さいカットで4切れのみだったので、思わずパンだけおかわりしてしまったほど。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9242.JPG
【焼売(2個600円)】○
そんなスペイン・カタルーニャ地方の郷土料理を楽しんだあとは、中華にカムバック

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9243.JPG
肉厚な焼売は、粗切りにされた肉の食感と、タマネギの優しい甘味が引き出されたもの。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9232.JPG
【アヒージョ パンつき(1500円)】◎
そして中華の気分に戻ったと思いきや、ここでまたスペインに旅立っちゃうわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9237.JPG
そんなスペイン料理の代表格・アヒージョは、いわゆる一般的なタイプとは違っていて…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9240.JPG
海老を殻ごとすりつぶしたような、海老の芳しい香りがソースに凝縮! ソースにざらつきがあったので、おそらく桜海老かと思いますが、ソースを楽しむアヒージョだからこそのアレンジです。 たっぷり浸したくなるパンはアンティークから仕入れているもので、700円でパンのおかわりも可能。(アンティークでは同じパンが130円で売られていて自分もときどき購入しています。今回のお店とは関係ないけど、アンティークのチーズパンはほんと美味しいからオススメ。)

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9255.JPG
【黒酢のカツサンド(1400円)】◎
そして、カツサンドは、中華の風がどことなく吹いていて、黒酢ソースで酢豚風に!

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9261.JPG
ザクッと歯切れの良い豚肉は、甘い脂身つきで、粒々のマスタードとともに食感も演出。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8931.HEIC
【本日のパエリア(全席自動提供)】◎
さらに、メニュー表には載っていないスペイン料理のパエリアは、できたタイミングで…

rI069JohLP.jpg
全席をまわってサーブするという、おすそわけシステムで、タイミングはお店のおまかせ。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9252.JPG
なので、ありつけるかどうは運次第ですが、今回の鶏パエリアは、鶏肉というよりも…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9253.JPG
鶏の旨味を存分に吸ったお米が素晴らしく、癒し系の味わいに、身も心もほっこりします♪

dIfRVWGn0J.jpg
【焼き飯(1300円)】◎
さいごは、中華の原点に立ち戻って、焼き飯という名のチャーハンを追カロリーしてみると…

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9269.JPG
これが予想以上に美味しく、パラパラに仕上げられたお米が、肉や魚介などの具と合わさり…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8935.HEIC
油や卵が架け橋となって、見事な一体感を作り上げているので、こりゃあデブリシャス!

普通にひとりでチャーハンだけ食べに行きたくなってしまうほど、中華料理としての底力を感じさせてくれました。 だからこそ、スペイン料理も美味しいものの、ふたつが「融合」してくれたらさらに嬉しいかな。(中華に和食のエッセンスを取り入れた「茶禅華@広尾」のように)

とは言え、まだオープン直後なので、中華の実力店なだけに、これからの進化が楽しみです☆


▼ 備考
・手前のバル席はアラカルト、奥のレストラン席はコースのみで、今回はアラカルトで。
・バル席はハイチェアーで座りづらい。(となりの背が低いおばあちゃんは、ほぼ立っていた)
・個室なし。禁煙。子連れは休日なら大丈夫そう。(お店と要相談)

▼ Instagram投稿
View this post on Instagram

中華×スペイン料理! 築地の人気中華「一凛」が手がけた、【TexturA(テクストゥーラ)】が、2週間前に日比谷でオープン🌟 中華とスパニッシュの融合との前評判だったので、ワクワクしながら行ってみたら、中華料理とスペイン料理をそれぞれ食べられるというお店だったよ(笑) ただ、スペインのアヒージョ、中華のよだれ鶏(+残りダレを使った餃子)や炒飯は、デブリシャスな美味しさ❣️ - #東京グルメ #日比谷グルメ #テクストゥーラ #TexturA #TokyoEats #個室なし #禁煙 #バル席はアラカルト #レストラン席はコースのみ #今回はアラカルト #ペニンシュラの横 #外国人に好かれそう ▼ エリア&ジャンル検索 #フォーリンデブ日比谷 #フォーリンデブ中華 #フォーリンデブスペイン料理

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)がシェアした投稿 -



====================
 Instagram    Twitter   / Facebook /
 TikTok はじめました!←フォローしてね♡
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
====================

関連ランキング:スペイン料理 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

 

↑このページのトップへ