★ ランチカロリー ★

北海道ツアーの続き。 旅行をすると、やっぱり繁華街の札幌が中心になっていましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7057.HEIC
北海道はでっかいどうなので、未知なるエリアで新しい料理に出会いたくなるものです。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7059.HEIC
そんなわけで今回は、札幌から車で2時間くらいの留萠(るもえ)というエリアにある、緑と赤が目印の「CURRY ZION(カリー ザイオン)」に突撃しました!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7062.HEIC
こちらは、北海道のミシュラン2017で、カジュアルな料理店を表彰する「ビブグルマン」に輝いたお店。 なんと、北海道で唯一、「スープカレー」の部門で受賞。 札幌にもたくさんスープカレーのお店がある中で、留萠という離れた場所でこのお店だけが選ばれるというのは快挙です。

GEld7DkOzA.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
とは言え、DEBU的にはビブグルマンよりデブグルマンなので、自分の舌と腹だけを信用。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7154.JPG
【チキンスープカリー(1030円)+チーズ(160円)+ごはんにもチーズ(160円)】
いざ、名物のチキンスープカリーを注文してみると、、王道の美しいビジュアルで登場です♪

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7160.JPG
大きめの器にはたっぷりとスープが入り、中央にはチキンと野菜がチーズをまとっていて…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7172.JPG
まずは肝心のスープからすすってみると、、想像以上に優しい! スープカレーと言うと、今まで体験したものはスパイスフルな刺激がガツン!なタイプが多かった中、こちらはマイルドであっさりとした口当たり。 しかし、何度もすすりたくなるようなクセになる味わいで、時間が経つとスパイスパワーで体の芯から熱くなってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7161.JPG
カレーはもちろん、ごはんにもとろとろチーズをトッピングできちゃうのはめずらしく…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7175.JPG
そのまま食べても良いけど、やっぱりここはスープにダイブさせて、たっぷり吸わせちゃう♪

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7174.JPG
どことなく出汁感のあるスープはごはんとも相性が良く、そんなスープに浸かっていたチキンはスプーンだけでほぐれてしまうほど柔らかく、スープと一緒にノドごしで楽しめそう(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7180.JPG
野菜はひとつひとつが大きく、グリルしてあるので香ばしさもあり、存在感ばっちり。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7163.JPG
【ニラ豚スープカリー(980円)】
そして友人が注文したニラ豚スープカリーは、チキンカリーとは違った変化球タイプで…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7168.JPG
スープには豚バラ肉とニラがたっぷり入り、上にはゴマが散らされた画期的なビジュアル。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7170.JPG
スープをすすると、どことなく中華風で、カレーと中華が融合したようなおもしろさがあります。 こちらもあっさりしているのに、しっかりとした奥行きが感じられ、ニラの風味と豚の肉々しさもプラス。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7177.JPG
スープカレーはごはんにかけずに、ごはんをスープに浸すのが王道と言われていますが、このニラ豚カリーに関しては、あえてごはんにぶっかけたくなる美味しさです。 そういうところも含めて、中華の風を感じる!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7065.HEIC
なにげに、この1時間前に海鮮丼を完食したばかりでしたが、カレーもゴクゴクと完飲。

そう、スープカレーは名前にスープがついているとおり、通常のカレー以上に飲み物だったんですね。 留萠は初めて行きましたが、優しい女将さんがアイヌ由来の地名なんだと教えてくれたり、なんだか身も心もHOTになれたお店でした☆


▼ こんなときにココで太りたい!
もし友人の大食い女王もえあずだったら、「もえもえキュンキュン♡」の決めゼリフを、留萌に合わせて「るもえるもえキュンキュン♡」と言うだろうな、とまったく関係ないのに考えてしまったとき。

▼ 備考
・甘エビが名物の「増毛町」の近く
・店内はアイヌ楽器も置いてあり、雑貨も販売
・エスニックな雰囲気で、ただならぬ本格感あり
・テーブル席と小上がりで、個室やカウンターはナシ
・(この日は)店主と女将さんのふたりで営業

=====================
Youtube チャンネル」はじめました♪
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
=====================

関連ランキング:スープカレー | 留萌駅

★ ディナーカロリー ★

北海道・札幌の名物と言えば、味噌ラーメン、スープカレー、〆パフェなどありますが…

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6999.HEIC
やっぱり王道の「ジンギスカン」は、肉好きDEBUとしてはハズせないところ。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7038.JPG
とは言え、羊肉は脂肪燃焼効果のあるLカルニチンが豊富なので、痩せちゃいますが…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7001.HEIC
そこはたくさん食べて、量でカバーすれば、痩せずにキープできるから安心してください。

CwijN8hGQH.jpg
【メニュー(クリックで拡大)】
さて、そんなわけで今回は札幌の隠れジンギスカン名店「大一(だいち)」に突撃!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7009.JPG
ここは雑居ビルの1Fにあり、厨房を囲むカウンター席だけの、伝統的なジンギスカン。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7010.JPG
【ラムチャック(893円)】
最近は、いろいろな羊の品種や、稀少部位を置いたりするお店も増えてきましたが…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7011.JPG
ここは肩ロースの芯の部位であるラムチャックだけしか置かず、逆にそれが自信のあらわれ!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7016.JPG
1種類だけだと飽きてしまうだろうと思いきや、逆にこれが何回もおかわりしたくなるもので…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7019.JPG
キレのある甘辛いタレにつけて食べると、柔らかい肉質とともに、風味豊かな肉汁が広がるわけです! ラム特有の香りはあるけれど、決してそれはクサさではない、上質な肉を使っている証拠です。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7021.JPG
タレはそのままでも良いけれど、卓上のトウガラシをたっぷり(+にんにく少々)投入すると、タレの輪郭をよりハッキリと感じることができ、それにも消されることのない肉の存在感もさらに増しちゃうわけです♪

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7022.JPG
【ラムチャック 2人前(893円×2)】
基本、2人前を頼んでも1人前×2皿ずつ出てくるものの、自分でひとつにまとめると…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7023.JPG
こんもりとした美しい盛りに。 しかしそれ以上に、この鮮やかな赤色が美しきかな!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7034.JPG
ラムの肉汁を吸ったタマネギも一緒に食べることで、シャキシャキな爽やかさが加わり…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7027.JPG
【生ビール(510円)】
止まることのない肉のスピードに呼応するように、キンキンに冷えたビールもナイスコラボ!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7014.JPG
【大一特製 昆布煮(290円)】
肉以外にはツマミメニューがいくつか置いてあり、塩気を効かせた昆布はもちろん…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7012.JPG
【真鱈 腸の塩辛(350円)】
いわゆるチャンジャは、コリコリッとした食感とともに、ピリ辛な刺激をチャージ。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7029.JPG
【激辛 いかの塩辛(315円)】
辛いと言えば、なにげに、いかの塩辛が異常な辛さでしたが、だからこそクセになりそう。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7031.JPG
【南幌産キャベツキムチ(315円)】
北海道・空知郡 南幌町産のキャベツキムチは、ザクザクとしたフレッシュなみずみすしさも。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7025.JPG
そんなツマミの援軍を味方にしながら、生卵(+100円)ですき焼き風にして食べていたら…

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7005.HEIC
さいご、大竹まことさん似の店主が、残った生卵をジンギスカン鍋に流しかけて、肉汁を吸わせた玉子焼きを作ってくれるというサービスも! 

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7037.JPG
つけダレは出汁で割ってくれるので、じんわりと優しく、身も心も温まったのでした。

夕方にガッツリ食べてしまったので、オンザライスできなかったのは悔やまれるものの、そのぶん生ビールがススみまくってしまった夜。 店主と話していたら、なんと息子さんが東京のスカイツリー前で支店(同じ店名)をやっているとの情報も入手したので、今度は東京店にも突撃してみたいと思います☆


▼ こんなときにココで太りたい!
ラムチャックだけで勝負する穴場ジンギスカンで、口のチャックを開きっぱなしにしたいとき。


=====================
Youtube チャンネル」はじめました♪
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
=====================

関連ランキング:ジンギスカン | 豊水すすきの駅すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)

★ とっておきカロリー ★

大阪編のラストです! さいごは、マイベストオブかき氷のお店を紹介しちゃいます!

_var_mobile_Media_DCIM_143APPLE_IMG_3877.JPG
それは、大阪の本町にある「かき氷研究所」というお店で、進化系かき氷に出会えます!

_var_mobile_Media_DCIM_143APPLE_IMG_3882.JPG
何がすごいって、複合的な味わいを見事にひとつにした一体感で、キャラ立ちも秀逸。

_var_mobile_Media_DCIM_143APPLE_IMG_3868.JPG
黒ゴマのエスプーマを流しかけたブラック氷は、ビターなオトナの味わいを演出しているし…

_var_mobile_Media_DCIM_143APPLE_IMG_3872.JPG
こちらの、イチゴにフォーリンラブ氷は、見た目の華やかさにも、フォーリンデブ♡


【↑動画:▶︎ボタンをクリック】
この素晴らしき全貌を紹介している食べあるキングTVは、まさに神回と言えます!

関西ナンバー1グルメブロガーのM三郎さんや、スイーツマニアあまいけいきさんと、楽しく紹介しているので、ぜひこの大阪のフィナーレをいっしょに見届けてあげてください☆笑


=====================
Youtube チャンネル」はじめました♪
 instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント          
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
        
=====================

関連ランキング:かき氷 | 西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅

↑このページのトップへ