世間では新型コロナVirusの騒ぎの渦中

盂蘭盆の休日に入っている

今年のこの連休は、どういう結果をもたらすのか

興味があるところである


外来は、休みでも病棟には、関係ない
昨日も外来は、休みなのにドクターが、きていて回診をしてくれた

無能な行政の下にあっても現場は、頑張っている
医療も介護も福祉も問題。
その一回層上の「なんとかマネージャー」(相談員)は、どうなんだ?

こんな感じで、一日が明けた

またまた、行政批判。

突然、頭をよぎったので

私の今の収入は、
A型事業所の工賃と障害者年金である。

生活の上で急に現金が必要となり、キャシングを利用したとする。(カードローンとか)

この時、障害が悪化し入院した場合、
工賃収入が無くなるため、家計が成り立たない。

更に、生活保護の受給を辞退しようとして、借金をしたとしても、借金があれば生活保護は、受けられない。

額にもよるが、通常は、任意整理をすることになる。この部分は、法テラスを利用して処理できるらしい。後負担の分割払いになるが。

役所の言わんとしていることは、こうだろう
借金する前にうちに来い。

どうでもいいような人が、生活保護の受給を受け、ギリギリまで耐えようとした人が切り捨てられる。
自殺者が減らないのは、こう言うカラクリでセイフティネットから外された人が減らないから
そう考えると説明がつく

いつも、このblogに登場する福祉の相談員は、この件も後出しジャンケンである。

日本のセイフティネットも地に落ちた
潤うのは、そこを貪るハイエナばかり=福祉に関わる法人。(社会福祉法人、NPO法人etc)

護憲派の皆さんは、憲法に謳われている生存権を裏打ちする努力を怠っていましたね。
政権与党の皆さんも同罪

司法は機能せず、行政は怠慢、立法は‥

健常者から見れば当たり前、で終わるのだろう
健常者の皆さんも、いつどうなるか、わかりませんよ

↑このページのトップへ