ここ2年くらいちいの髪型はボブ。
安定のボブヘアーやけど
最近のばそうか悩んでる...

ずっとずっと超ロングやったから
なつかしさもあるけど


やっぱりボブもいいかもー
うーーん。ロングもいいかもー



なつかしいなー(  ´ ꒳ `  )
これはだるまのアー写撮影やね。
まだまこちゃんいてないやー


やっぱりいまの6人がFABLED NUMBERやね!!!早く新曲のMV撮りたいなー(◡̈)/


FABLED NUMBERって、ジャンル何でしょうね。

ラウド、メタルバンドから、じっくり歌もの系まで共演できるバンドって少ない。
ダンスロックが得意で、アコースティックも極上。

今回はそのアコースティックの一面について少し。


今月21日、19時からここLINEの"LINE LIVE"にて
アコースティックライブを生配信します!

これ読めてる人は全員視聴できるんですよね??
おじちゃんLINE詳しくなりたい…

そのライブではオリジナルだけじゃなく、カバー曲も演奏します。
カバーしてほしい楽曲をリクエストで受け付けるってエイタがツイッターで言ったら、とんでもない数の応募がきたみたい(笑)
でも本人が言い出したことなんで、引き続きエイタのリプに投げつけちゃってください(笑)

既にすごい倍率になってるけど、何を選んで歌うのか、俺も楽しみ。

事前に曲の発表はしないそうです。当日の生ライブでいきなり歌う。それが発表。
だから俺も知らない。俺も歌い始めるまで楽しみにしよ。



アコースティック…で思い返すのは、第一回のダイオンロックフェス、FABLED NUMBER伝説の機材トラブル。
約20分間のライブ中断…。
ここまで聞くと残念なライブだったと思うでしょう。普通はそうです。でもあの日、会場にいた人はそうでなかったのを知っている。
終演後、機材トラブルありがとうっていうファンの声もあったくらい。

機材が直るまで、エイタがずっと歌ってました。
即興のアコースティックライブ。選曲はもちろんアドリブ。
なのに、それにハモれちゃう兄タイチとの兄弟技。

一切の台本もセットリストも無いところから生み出された"本生"の時間でした。

FABLED NUMBERのライブはきっと停電になっても続きます。
真っ暗な中、みんなが不安にならないよう、明かりが点くまであいつが歌い続けると思います。

が、第二回のダイオンロックフェスが本当にそうなったら泣きます。
心斎橋BIGCATに文句言います。
そういう意味ではリベンジです。1/30(土)です。
ヒトリエ、My Hair is Bad、ヒステリックパニック、AIR SWELLがぶっ太いバトンを繋いできてくれます。この日も確実に伝説になります。

チケット、そろそろ残り枚数にも余裕無くなってきました。
お早目に。チケット情報はこちらより↓
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E016046-1.html

マネージャー 鈴木しんや

FABLED NUMBER LINE公式ブログをご覧の皆さん、こんばんは。
日は何曜日ですか?
そう、火曜日!!
ということは…………
?今夜も現れました。

カリスマブチにゃんこと

Taichiです( ̄+ー ̄)

まだ初詣に行ってない俺は毎晩お祈りを捧げています。
みんなが明るく元気よく過ごせますように、と。


ん?俺はええ奴か?
勝手に新しいキャラを設定さすな!!

ふー、ふー!!!


とまぁ、お決まりの前置きはこんなところでしょうか_φ( ̄ー ̄ )


新成人の皆さんおめでとうございます。
このブログを読んでる子の中にもいるでしょう!新成人!

これから何が変わるかは人それぞれやと思いますが、悔いのなきよう!

ん?なんや知らんけどええ奴キャラがどうも顔を覗かすようなので、今夜はこんな感じでお送りしましょうか☆

まぁしかしここ最近はもっぱら新曲のプリレコーディングでバタバタしてます!

2016年ライブ初めはまだ果たしてへんです。

女子A『えっ?それっていつなんですか?教えてたいちさん!』
たいち『ええよ( ̄+ー ̄)下読んでみ?』

1/30(土)心斎橋BIG CAT
『DIE ON ROCK FES 2016』

これがライブ初めや!!
それまで力蓄えちょります。

もう知ってる人もいるとは思うけど、この日FABLED NUMBERから参戦した人だけに、最速で重大発表をさせてもらいます!

去年もやったけど今年は更に激動の一年になりそうでし!

どうも今夜は眠た過ぎて締めの言葉がなかなか出てこんです!

うーーーーーこんな時は、、、

アブトロニックで腹筋揺らすべし!!

うん。終わり方結構気に入った。

以上!火曜日の猫使いこと
ブチニャン、誰がや

Taichiでした☆またな



↑このページのトップへ