最近少女漫画原作アニメを観るのにハマり中

ということで、視聴作品と短く感想を。
ネタバレ含むので、そこは自己責任で見てね。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9171.JPG
『満月をさがして』

種村有菜先生原作のアニメ。
「声優があってない」みたいな感想をよく目にするけど、自分としては文句無し。というかこの声優で良かった。

1話のオーディションで「new future」を歌うところ、何度も繰り返し観ちゃう。
「ねぇ見上げて〜」からの英知くんと月を見る回想演出に鳥肌。

全話通して話が少女漫画らしからぬヘヴィー&ディープな内容でビックリ。

雪の中、英知くんの墓石の上で眠り、天国からの迎えを待つ満月。
病院の屋上から飛び降りそうになった満月を、いつも冷たく厳しく当たるお祖母様が必死に助けようとするシーン
名場面が多すぎて釘付けになってしまった〜〜
こんなに泣いたアニメは久々。

とりあえず
○私は少女漫画原作アニメの中でフルムーンが一番好き。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9169.JPG
「Dr.リンにきいてみて!」

こちらも少女漫画原作の女児向けアニメという固定観念をぶち壊す名作だった。

前半は少女漫画の王道をいきながらリンが風水で事件を解決していく内容。

ただ、わりと最初の方から飛鳥くんや友達に命の危険が降りかかる(しかもわりとシャレになんない)ので
その時点で「このアニメすげぇ」と思いました

後半からは、何と今まで敵キャラだった奴等を護衛に従えてライバル闇の巫女と死闘を繰り広げるバトルアニメに。
しかもラスボスが自分のお兄ちゃんだからビックリ。(それ以外にも、主人公以外の登場人物はほはぼ全員1度は催眠で敵になります)

とくに最終回がもの凄くて
「…えっ…これは…いったい何のアニメだ…^^;???」みたいな。
もはやスケールがまどマギレベル。
世界が一回滅ぶ作品なんて少女漫画でコレぐらいじゃないのかな。

とりあえず
○少女漫画、少年漫画の王道パターンを一通りおさえた上で斜め上を行く展開に驚いた。隠れた名作


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9170.JPG
「超GALS!寿蘭」

読みは「スーパーギャルズことぶきらん」
まずテーマがギャルな時点で興味をひいた(ギャル好き)

そしてギャルアニメだからと言って舐めてはいけなかった

主人公、寿蘭がギャルなのに一本筋の通った熱血キャラで
曲がった人間をズバッと名言で一喝する、漢すぎる骨太人情アニメだった。。。痺れた

少女漫画版こち亀みたいな感じ。(原作者さん、実際こち亀のアシやってたらしいです)

とにかく、ギャルというバカっぽい設定にまどわされちゃいけない
社会問題にもめっちゃ切り込むし、複雑な家庭環境に悩む人間ドラマもリアリティがあって本当に良いアニメだった。

絵も2001年の作品とは思えないほど可愛くてあまり色褪せてないのが素晴らしい
男性キャラにイケメン多いのも見どころとして美味しい

とりあえず
○観ておいて損なし