月別アーカイブ / 2021年09月

 

かなり涼しくなってきましたね

お家でゆっくりお団子を食べながら、月のパワーを浴びて過ごしましょう

 

それでは今回も引き続き、

「人生に深い関わりがある数字」

のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪ネガティブなことを口にすると叶ってしまう≫

 

瓢箪から駒、嘘から出た真。

英語でも「冗談が本当になる」という表現があるように、

古今東西、口にした言葉は現実になるといわれ、

縁起の悪いことは口にしないようにし、

不吉な言葉は避けられてきました。

 

そして、引き寄せブームの影響か、

最近では特に前向きな言葉や名言に注目が集まっています。

有名なたとえ話でコップに半分残っている水を見て、

「あと、半分しかない」と思うのが悲観主義、

「まだ半分もある」と考えられるのが楽観主義という話を聞いたことがあります。

あなたはどちらですか?

 

私が輸入雑貨店をしていた時のお客さんで、

常にネガティブな話をする方がいらっしゃいましたが、

その方とは、健康診断で病気が見つかり、

再検査となったという話をして以来、

もうお店にくることはなかったので、強く記憶に残っています。

いつも、彼女に似た雰囲気の人を街で見かけるたびに、

どうかお元気でいてほしい、と願ってしまいます。

 

そして、ポジティブマインドとネガティブマインドが

健康におよぼす影響という研究は盛んに行われており、

ネガティブマインドは、健康リスクを高めるという結果もあるようです。

 

私の鑑定はポジティブになれると紹介していただけることがあるのですが、

私でも辛い時、苦しい時は、ネガティブなマインドに陥ってしまうことだってあります。

だけど、病気で死にかけた時、親族の借金を背負い、

どうしようもないと行き詰った時、暗いことばかり考えていたら、

明るい未来を描けない!と腹をくくり、

ひたすら空元気で自分を鼓舞することで、乗り越えられたんです。

 

お金が無くても、家族がいる、笑えないなら、笑えるようなことをしよう、

泣きたい日は、思いっきり泣いてスッキリする。泣き癖をつけない。

 

だから、もしもいま、あなたが物事をネガティブに考えてしまう癖があれば、

少しずつ、ポジティブマインドに変えてみてください。

そして、まだ起きてもいない自分の空想を恐れて、

そのことばかり考え、口にしないようにしてください。

叶うって漢字は、口に十と書きます。

口から10回、その話が出てしまうとその通りになってしまうかもしれません。

どうせ、口にするなら楽しい話の方が心もワクワクして楽しくなりますよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心を前向きにするにはまず身体から

少しでもポジティブにいられたら、毎日がどんどん素敵になりますよ

 




イヴルルド遙華

 

秋になるとまた新しい楽しみがたくさん増えますね

ご飯にオシャレに趣味と、ハッピーに楽しんでいきましょう

 

それでは今回も引き続き、

「人生に深い関わりがある数字」

のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪幸運のサイン≫

 

 

幸運体質になったら、どんどんハッピーな連鎖が続き、

どんなことがあっても結果的に、チャンスをつかんでいるってことになります。

 

たとえば、電車に乗り遅れたことで、

たまたま友人に何年かぶりに再会できたとか、

嫌な人がいて、その人がいるせいで仕事が全く面白くなく、

辞表を出そうと思ったら、先にその人の異動が決まったとか。

幸運体質になったら、どんどんいい結果が待っているのです。

 

その連鎖を続けるためにも、大事なことは、実にシンプルです。

気持ちの切り替えと長く嫌な気持ちを引きずらないこと。

仕事柄いろいろな人に会う機会が多いですが、

運気がいい人は、みんな、悪いことはそもそも考えない、

嫌なことは忘れる、切り替える、って方ばかり。

 

嫌なことをずっと考えて幸せになるなら、考えるけど、

そんなことに縛られて身動き取れなくなったり、

落ちてしまうと、効率も悪くなるし、パフォーマンスも下がるから、

無駄なことに時間は費やしたくないと。その通りだと思います。

 

起こったことは、変えられないし、それをどうカバー出来るかが大事だから。

そのカバー力こそが、チャンスに気づかせてくれ、サインを受け取って、

幸せ連鎖を生み出してくれるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アンラッキーなことがあってもくよくよせず、

自分なりに前向きに進んでいきましょう

 




イヴルルド遙華

 

秋雨前線が早々とやってきて、少し肌寒いですね

こういう時ほど体調に気を付けて頑張っていきましょう

 

それでは今回も引き続き、

「人生に深い関わりがある数字」

のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

≪いつまでもチャレンジ精神を忘れない≫

 

 

"奴隷解放の父"と言われるエイブラハム・リンカーン。

第16代アメリカ合衆国大統領となった、

彼は常にチャレンジ精神とともにありました。

 

彼の両親は、文盲でしたが、地元に貢献しており、

広大な土地と多くの家畜をもち、地元民からの信頼が厚く、

経済的にも裕福な家庭でした。

飲酒やダンスを制限する、厳格な協会に家族は通っていましたが、

彼自身はまっとうな教育を受けていません。

 

1832年、23歳でイリノイ州議会議員に立候補するも落選。

しかし有力な支持者や知名度が足りないことが問題だと考え、

自力で弁護士になることを決心。

がむしゃらに書物や専門書を読み、弁護士になるため自力で学びつつ、

2年後に二度目の出馬。

前回での失敗を糧に、地区内で地元民と握手するなど

地道な活動に力を入れ当選しました。

見事、弁護士にもなりました。

 

その後は、1846年に合衆国下院議員にも選出されましたが、

もっと自分の理想の政策を行うため、1860年に大統領へ立候補します。

 

リンカーンは190センチを超える長身と、一度目の落選で、

"たくさんの人に演説を聞かせなくてはいけない"ことを学び、

遠くまで届く声の出し方を会得していました。

ウィットに富んだ話術で、彼の演説は子供ですら聞き入ったほどだそうです。

 

そして、190センチを超える長身の彼は瘦せ型で、頬高だったため、

頬がこけているように見えました。

 

大統領を目指して、多忙な日々を送る彼の事務所にある時、

小さな支持者から手紙が届きます。

それは、父親がリンカーンの支持者だった少女からのもので、

あなたは、ヒゲをたくわえた方が、もっと威厳が出て、見栄えがよくなって、

奥さんがきっと旦那さんにあなたへの投票を進めるわ

(当時女性は選挙権を持たなかった)

と書いてありました。

 

この可愛いファンレターに、彼は喜びますが、ヒゲを伸ばしたことがなかった彼は、

当初半信半疑でしたが、ヒゲを伸ばすことにしました。

すると、そのおかげか見事当選!

何とヒゲを生やしてから、アメリカ大統領に当選したのです。

 

弁護士になる、政治家になる、大統領になる、

と決めてからの彼の行動は、常に攻めの姿勢。

そして、54歳の時にゲティスバーグ演説を行い、

「人民の、人民による、人民のための政府」という

世界で最も有名なフレーズを残しています、

 

 

自分にとって経験したことのないことでも、

臆せず、チャレンジする。

 

人の意見に耳を傾ける心の余裕を持つ。

 

それがきっと彼の成功の要因なのではないでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しいことにチャレンジする心はいくつになっても強いですね

自身にとって新鮮なことに出会ったら、まずYESと言ってみましょう





イヴルルド遙華


↑このページのトップへ