月別アーカイブ / 2021年05月




明日で6月
あっという間に半年ですね
下半期も悔いのないよう、日々を大切に過ごせたらいいですね


それでは今回も引き続き、

人生に深い関わりがある数字」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪人との距離感は大事です≫


相談者の中で、
人間関係によって潰れてしまう人が多数いらっしゃいます。

それは、たとえ家族や大切な友達であっても、
時として監視や束縛、嫉妬が凄すぎると心が崩れてしまいます。


だからこそ、「人と関わらない」ということも大事だと思うのです。


昨今、SNSなどの手軽なツールができたからこそ、
何かと繋がっていないと不安になってしまう人が多い気がします。


友達の数や、いいねの数を気にしたり。

でも、それを気にすることによって、
疲れてしまい、何もできなくなってしまったり、
人の目が気になるあまり、行動に起こせなくなってしまったり。


ひとつ言えることは、薄い繋がりの人は、
窮地に立たされると冷たくなる人がたくさんいます。


あなたが、みんなのいい人でも、
みんなが、あなたのいい人とは限りません。


確かに、いろいろな人との繋がりを大事にすることは、
悪いことではないと思います。

ただ、人間疲れをしたり、悩むぐらいなら元も子もないですし、
本末転倒だと思います。


だからこそ、
人間関係に疲れた時は、潔くお休みすることも必要です。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


体はもちろん、心も疲れたらお休みをしましょう
たまには人間関係に距離を置くことも大切です



イヴルルド遙華




じめじめして曇りが続くと、気持ちも暗くなりがちですよね…
そんなときは、思う存分自分の好きなことをやりましょう
気持ちは明るく晴れやかに


それでは今回も引き続き、

人生に深い関わりがある数字」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪噂話に翻弄されないこと≫


女子の中では、あるあるだと思うのですが、
「○○さんがあなたのことをこう言ってたよ」とか
「○○さんがこう思っているらしいよ」など、
本当か嘘かわからないことを言ってくる人がいますよね。

私は女子校で、女性ばかりの環境だったからか、
誰かが言ってたよ!といった話が多く耳に入ってきていました。

その度に、嫌な気持ちになったり、不安な気持ちになっていました。
「私は嫌われている」「私のあの発言がダメだったんだ」と。

だけど、ある日、
イタリアの友達に「私、○○さんから嫌われてるらしい。
友達から言われた。どうしよう。」と相談をしたのです。

そしたら、彼女がバッサリ
「本人から言われていないことを気にするのはナンセンス。
誰からか聞いたことには、尾ひれがつくから、気にする必要はない。」
「もし本当に気になるのならば、本人に聞くべき。」と言われ、
目からウロコでした。

そうか!本人に聞けばいいのかと、
それから「○○さんがあなたのことを悪く言ってたよ」
と言われたときは、「そうなんだ。じゃあ本人に確認する。
私が不快な思いをさせたなら直接向き合って話をしたい」
と言うようになった途端、
その彼女は私が周囲にどう思われているか言ってこなくなりました。

私の性格が面倒くさいと思ったのか、
本当は事実とは反することで直接確認されたら困るのか、わかりませんが。

そんなことはどうでも良くなりました。
私の気持ちが落ち込まないこと。
私の耳に嫌なことが入らなくなったことが、大事です。


もし、あなたの周りにも、
「あなたのことを悪く言っている人がいるよ!」
などと言ってくる人がいれば、
言い返し、そんなネガティブな人との縁は遮断しましょう。


落ち込んだり、感情が揺さぶられることがなくなりますから。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


噂話に左右されるなんて、嫌ですよね…
ポジティブに本人に聞いて解決しましょう



イヴルルド遙華




5月も中旬になりました
梅雨も近くなり、寒暖の差も激しくなってきます
気候の変化で体調を崩さぬようお気を付けくださいね


それでは今回も引き続き、

人生に深い関わりがある数字」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪ドラマクイーンにならないこと≫



ドラマクイーンとは、英語のスラングで、
芝居のように大げさに騒ぎ立て、
悲劇の主人公ぶる人のことを指します。

ドラマクイーンタイプの特徴は、
すぐに周囲のせいにします。

実際に周囲が悪いこともあるでしょうが、
ドラマクイーンは、常にすべてがうまくいかないのです。

なぜなら、すべて被害者で、すべて受け身で、
すべて他人任せ、そんな人が多いような気がします。

「どうして私だけ」「なんで私が」「誰もやってくれない」
「いつもそんな役割」「ちっともいいことなんてない」と、
ドラマクイーンになってしまうことも理解はできますが、
その環境を変えようとしなかったり、
その不幸にいる自分を楽しんでいるかのように見えてしまいます。

どうせなら、めそめそして口をへの字にして過ごすより、
笑顔いっぱいにして過ごしたいと思いませんか。

いじめやコンプレックスによって、
笑えなくなったり、対人恐怖症になってしまったとしても、
何度でも人生はやり直せると思います。

同じような境遇で同じように悩みを抱えている人もいるはずです。

同じような友達ができれば、きっと気持ちも軽くなれたり、
お互いに悩みを話すことで不安や痛みをシェアすることができます。

そんなときも、自分をさらけ出すことを怖がらないでください。

ハートチャクラを開くことで、他者への愛、
自分への愛が整うはずです。


愛が整えば、ドラマクイーンには、もう、ならないはずですよ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


マイナス思考から、前向きに進んで
笑顔いっぱいに過ごしましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ