月別アーカイブ / 2020年11月




色々あった2020年も
あと1ヵ月で終わりですね

寒い時期は空気が乾燥するせいで、
感染症が再び流行の兆しを見せています

無事に2020年を乗りきるためにも、
今一度
感染症対策を意識して過ごしてください



それでは今回も引き続き
婚活に対する心構え」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪未来について彼と話してみる~その2~≫


大切な「未来を語り合うタイミング」は、
なぜ早いタイミングがいいのか。

それは、女性にとっての時間は、
妊娠を始めとしたその後に人生設計にも
関わる重要なものだからです。

1分1秒であろうと、
無駄にはできないのです。

そのうえ、優しい女性であれば特に、
つき合いが長くなるほど、彼のためを思って
言えないことが増えていきがちかもしれません。

いざ人生の岐路に立ってから話し合いをした時に、
2人の間に埋められない、
決定的な価値観の相違があったとしたら、
それまでに2人で過ごした数年間が
無駄になってしまうことも考えられます。

ですから、つき合いが浅いうちに、
思いきって話してみてください。

「彼に嫌われてしまいそうで……」
という理由で話をうやむやにするのは、
決断を先延ばしにしているだけかもしれません!

「でも私、もう彼と3年つき合ってる」という人も、
決して遅すぎるということはありません。

だって、結婚をすれば、その3年は、
5年、10年と積み重なっていくのです。

だとすれば、3年の「今」が一番新しい時。

このルールを知った今こそ、
動き出さなければ損というもの。

未来についての話し合いは、
パートナーと同じ方向を向いて
人生を歩んでいくために必要であると同時に、
夢にあふれたものです。

だって、互いの夢を語り合って、
その未来が1つに重なったなら……
それは、彼にとってもあなたにとっても、
素晴らしいことだと思いませんか?

それに、将来の話や彼の理想を通して、
彼の生まれた場所や家族、学生時代のこと、
いろいろなことを話すコミュニケーションにも
つながっていきます。

さあ、次に彼と会うタイミングを、
未来を語り合う素敵な日にしましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



未来について早めに話し合うことには、
大きなメリットがあるのです

怖がらずにどんどん話し合って、
素敵な関係を築きましょう



イヴルルド遙華




3連休はゆっくり過ごせましたか?

勤労感謝の日ですから、
仕事で忙しかったという方も、
休めるタイミングにしっかりと、
自分をねぎらってあげてくださいね


それでは今回も引き続き
婚活に対する心構え」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪未来について彼と話してみる~その1~≫


彼とは仲がいいから、
もしくは長年一緒にいるから、
私の気持ちを察してくれている、
なんて思ってはいませんか?

その考えは、
少し危ないかもしれません!

男性と話していると、
よく「彼女が急に怒り出した」
というようなグチを聞きます。

我々女性からすれば、
それは決して急ではないし、
むしろ当たり前すぎること
だったりもしますが……。

しかし残念なことに、
男性には女心を察せない場合が、
数多く存在します。

そしてここで、今回の黄金ルール。

それは、「未来について彼と話してみる」
というものです。

たとえあなたが「彼は察してくれている」
と思っていても、実はそうでもないことは、
たくさんあるのです。

「4年もつき合っているんだから、そろそろ結婚」
なんて思っているのはあなただけで、
彼はさっぱりそんなことは考えていない
というケースもあるかもしれません。

だからこそ、しっかりあなたの望む未来像について
話しておく必要があります。

話す内容は、あなたが思い描く未来であれば
何でも構いません。

「老後は田舎に住みたい」
「犬を2匹飼いたい」
「最終的には親と同居したい」など、
素直な気持ちを伝えてみましょう。

そうして話し終わった後、彼が
「それはちょっと……」と悩むようであれば、
その時点でしっかりと話し合ってください。

2人の間で、譲り合うラインが明確になれば
不安もなくなり、結婚への勢いもつくのです。

そして、大切な「未来を語り合うタイミング」ですが、
これは、早めの時期をおすすめします。

つき合いが浅いうちや、
まだ恋人になる前でもいいでしょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



なぜ早めがおすすめなのかは、
次回にお話しします

とにかくお互いを理解するには、
しっかり話し合うことが一番ですよ



イヴルルド遙華




12月に入ると慌ただしくなりますから、
今のうちから早めに準備できることを
確認しておきたいですね



それでは今回も引き続き
婚活に対する心構え」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪お金の使い方と価値観を照らし合わせて≫



結婚をするにあたって
避けて通れない問題が、お金の問題です。

互いに安定した経済力を持っているに
越したことはありませんが、
この場ではそれより、
「相手の金銭感覚を知ること」の重要性
についてお話ししていきます。

なぜなら、「お金持ちほどケチ」だとか、
「安物買いの銭失い」など、先人の言葉として
たくさん残っていることからもわかるように、
「お金」が、生きるうえでなくてはならないものだからです!

例えば、「玉の輿に乗った!」と喜んでいた女性が、
「夫が十分なお金を渡してくれない」
「自分の趣味にしか散財しない」
と後からガッカリしている様子を見るのは、
そう珍しいことではないのです。

またその逆で、収入は少なくても、
記念日にはプレゼントでちゃんと
お祝いしてくれるという、
女性にとってはうれしいパターンもあります。

また、あなたにとっての「必要経費」が、
彼にとって「無駄遣い」とされてしまう
パターンもあるかもしれません。

ある程度、余裕のある独身生活を送っていた妻が、
洋服やコスメを買うたびに「原価がいくらか知っているか」、
シーズンものの靴を選ぼうとしたら、
「そんなにたくさん靴が必要か」など、
夫が小言を言うので苦痛、という話も聞きます。

かと思えば、なんの気なしに
トイレットペーパーをシングルにしていたら、
お腹の弱い彼が大激怒したなんてことも。

いずれも笑い話のようですが、
何を一番重視するかによって、
2人の間で譲れるもの、
譲れないものが出てくるのです。

特にお金の問題は、
愛情でなんとかできるものではなく、
もっとも価値観の相違が表れる部分です。

どんなに相性が好くても、
少なからず問題が発生するものですから、
衝突が起きる前に十分、
会話をしておくことが大切になります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



生活していく上でどうしても必要になる問題ですから、
お互いの価値観はしっかりと把握しておきたいですね

お互いが納得できるまでしっかりと話し合って、
細かい使い道でも相談し合える関係になるのがベストです



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ