月別アーカイブ / 2020年05月




緊急事態宣言が解除されても、
新型ウイルスが完全に消えたわけではありませんから
油断せずに感染予防を続けていきましょう



今回からは、
婚活に対する心構え」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪結婚のネガティブなイメージを捨てる≫



結婚をためらう人がよく言う言葉に、
こんなものがありますよね。

「結婚すると、自分の自由がなくなる」
「家庭にこもりきりになっちゃう」。

――でも、私はその言葉を聞くたびに、
こう叫び出したくなります。


「なんて時代遅れなことを言ってるの!」


「育児は女の仕事」
「妻は家で夫の帰りを待っているもの」
なんていうのが常識だったのは、
遠い過去のことです。

幸いなことにも、今の私たちは
何事も「選べる」時代を生きています。

社会に出て、男性よりもお金を稼いでいたり、
忙しく働いている女性がいるのですから、
「家事や育児は女の仕事だ」なんて
いったい誰が言えるのでしょう?

夫婦には、夫婦の数だけ家庭の形があるのです。

そうした中には、仕事をする妻を支えるために
専業主夫を務める男性だって数多く存在するでしょう。

さあ、女性だけが我慢する時代はもうおしまいです。

もしも不安に思うことがあるなら、
すでに結婚をしている友達や知り合いに
話を聞いてみてください。

身近な人が実際にどういう結婚生活の
スタイルを取っているのか知ってみて、
では自分ならどうするのか、というのを
前向きにイメージしてみるのです。

また、将来のパートナー候補がすでにいるなら、
本人に相談してみるのも1つの手でしょう。

そのタイミングは、恋人関係に発展する前でも、
恋人としてつき合っている時でも、
いつでも構いません。

あなた1人だけでは結婚はできないように、
相手の男性だって1人きりでは夫婦になれませんから、
話し合うことが大切なのです。

こうしてあなたの中にある結婚のネガティブイメージを
1つひとつ消していってください。

常習やしきたりで強制されるものなんて
何もない世の中なのですから、
あなたとパートナーにとってベストで納得できる
結婚生活のスタイルを見つけて!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



結婚に対するネガティブイメージを無くして
理想の結婚生活を思い描いてみましょう



イヴルルド遙華




初夏とはいえ、暑い日が多いですね

今週は比較的落ち着くそうですが、
気温差には気をつけたいところです

あとは、元気で過ごすためにも
明るい気持ちと笑顔を忘れずに!



それでは今回も引き続き、
強運体質になるためのルール」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪心の整理整頓。モヤモヤを晴らす方法を身につけて!≫



部屋の中が汚く散らかっていたら、
探しものはなかなか出てきませんよね。

それどころか、探せば探すほど散らかってしまったり。

落ち着いて考えごとをするにしても
散らかった部屋だと集中もしづらいものです。

これは部屋だけじゃなく、自分自身の心の中も同じ。

よけいな心配や不安なことばかり考えてしまって、
目の前の事実に目を向けられずにいると
思わぬミスを招いてしまったりとか、
負の連鎖が始まってしまうのです。

心が散らかってザワザワしていると、
やるべきことや優先順位も
わからなくなってしまいますよね。

大事なことがすぽっと抜けてしまうことも。

さらに、なにもなくても
いろいろと考え込んでしまう人は、
「悪いことが起こったらどうしよう」
と必要以上に不安を感じて恐怖に陥いってしまうのです。

しかし起きるか起きないかわからないことにまで
翻弄されてしまっては疲れるだけでしょう。

また「あの、別の方法を選んでおけばよかったかも」
と後悔を続けても、なんの解決にもならず
さらにモヤモヤしてしまうだけです。

過去は変えられないけど、
未来はつくり変えることができるのだから、
泣きたい時は思いっ切り泣いてもいいけど、
どんなに考えても今は答えが出ないようであれば、
一度その問題を考えないようにしてください。

無理して答えを出そうとしても、
グルグルと迷宮に彷徨い込むだけなのです。

スポーツで汗を流したり、趣味に没頭したり、
自分なりのストレス解消法をいくつか見つけて、
いつでも心の中を整理整頓しておくようにしましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ストレスを抱え込み過ぎると、
体の健康面でも悪影響が出てしまいます


悪い運気も溜まってしまいますから、
日頃からストレスを上手に解消してください

もちろん、笑顔を心がけるのも効果てき面です




イヴルルド遙華




大型連休が終わって人出が増えてきますから、
休み明けで気が緩んでしまいがちな分
感染症には一層気をつけなければいけません

営業を再開するお店などもあって
お出かけしたくなるかもしれませんが、
くれぐれも油断しないようにしてくださいね



それでは今回も引き続き、
強運体質になるためのルール」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪やるか、やらないか≫



人の能力は99%みな同じもので、
その差はたったの1%の差しかないと
聞いたことがあります。

この世の中にはたくさんの人がいますよね。

テレビやネットの中には
自分じゃ到底手が届かないような
偉業を成し遂げた人もいて、
その能力の差は大きなものに感じてしまいますが、
そうではないということが
ヒトゲノムの解析で判明されました。

ではなぜ、その1%で
そんなに違いが出てくるのでしょうか?

それは気持ちや心の問題なのではないかと思っています。

熱い気持ちがあればどんな無理難題にも
立ち向かっていくことができるでしょう。

逆に人に言われたことや自分にとって不本意なことに
情熱を注ぐことはできないものです。

それは自分の気持ちに乗っていないからです。

「朝5時に目覚めなさい」と言われたらどうでしょう。

それがしたくないことだったら、
起きるのも憂鬱だと思います。

「なんでこんなことしないといけないんだ」
と愚痴をこぼすかもしれません。

しかし、大好きな趣味のサーフィンや、
心から愛する人との待ち合わせ、
楽しみに待っていたイベントがあればどうでしょうか?

きっと目覚ましが鳴る前に
自分から目が覚めてしまうはずです。

つまり、自分の気持ちに左右されるということ。

気持ちを強く持つことで
目標を達成する力が大きくなるのです。

だから夢や目標を書き出したり唱えたりすることで
常に意識を途切らせないように
アファメーションをしてみましょう。

人生は一度しかないのです。

やるかやらないかは
あなたの気持ち次第です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



気持ちの持ち方ひとつで
人生はずっと豊かになるはずですよ



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ