月別アーカイブ / 2020年02月




令和になったことで、今年から
2月23日が祝日となりましたね

皆さんは連休を有意義に過ごせましたか?



それでは今回も引き続き、
強運体質になるためのルール」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪フレッシュな自分でいるために、新しいことを受け入れる≫


終わりがあれば、必ず何か新しいことの始まりがあります。

私自身もいくつかの恋を経験したり、
引っ越したり、起業したり、占い師をスタートさせたり、
何度も終わりと始まりを経験しています。

でも人間、年を取ると
新しいことを受け入れることが難しくなってきますよね。

今までの経験を元に、過程や結果が想像できるからこそ、
なかなか受け入れられないこともあります。

初めてのことは体力も時間もかかるし、
始めるのが億劫に感じます。

確かに、今まで自分が気づいていたことを
また一からスタートさせるのは、
気が遠くなるような作業です。

一歩踏み出すのは怖いし、
「自分が“なんでもわかっている”という
楽な環境を捨ててでも新しいことを
始めることに意味があるのか?」
と考えてしまいます。


でも人間は挑戦や勝負を忘れて
簡単なほうへと進んでしまうと、
単調な生活になってしまい、
頭を使うこともなくなってしまいます。

人間は日々成長し変化することができるのに、
毎日同じ繰り返しだと脳も
学習することを忘れてしまいますよね。

人間の脳は、年を取ると
脳信号と脳信号の間を飛び交う信号や
刺激スピードが落ちてくるのも確かです。

さらに刺激のない単調な生活をしている人ほど、
その傾向があるのだとか。

その脳の信号を鈍らせないためにも、
挑戦したことのない体験によって
生まれる刺激が必要なのです。

いつまでも若く
生き生きとした生活がしたいのであれば、
初めてのことに失敗や恐れを抱えずに
どんなことにも挑戦し続けることが必要です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



新しいことから目を背けないで

何事にも臆せず挑戦する姿勢こそが、
あなたにパワーを与えてくれます

休みの日などを使って、
何か新しいことに挑戦してみて!




イヴルルド遙華




この時期は、各地で梅まつりが行われていますね

暖かくなってくる頃合いに、
春を告げる梅の花の可憐さとその香りを
楽しんでみるのも、オススメですよ



それでは今回も引き続き、
強運体質になるためのルール」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪終わりを受け入れて、執着で自分を傷つけない≫



なにかが終わる時ってまるで
自分の一部が切り取られたみたいな、
ぽっかりと穴が開いてしまうような、
そんな喪失感に襲われてしまいますよね。

そして終わらせたくないからと、
もがき、苦しみ、悩みながら
どうにか終わりを回避できないものかと
悪あがきしたくなるものです。

でも見たくない、知りたくないからといって
現実から目を背けてしまっても、
終わってしまうものは終わりなのです。

もがいてなにかが変わることはめったになくて、
苦しんで悩んだ分だけ傷ついてしまいます。



「別れた彼氏のことを何年も思い続けて
新しい恋に向き合えない」

「彼氏から別れを告げられたのに、
拒否を続けている」

など、恋の終わりを受け入れられない人も
たくさんいらっしゃいます。

私自身も、彼に執着してしまったことがあります。

今考えたら、なんであの時あんなに固執したか
わからないぐらいなんですが、
当時は別れを告げられても聞こえないふりをして、
全く別れる気がなかったのです。

でもどんどん彼は冷たくなるし
私の想いと彼の想いが反比例していきました。

冷たい言葉を言われたり、無視されたりして、
自分も傷つけてしまっていることに

やっと気がついたのです。

彼がどんどん私を嫌いになっていくことで
楽しかった期間も嫌な思い出に……。



彼への想いを手放してリセットしてから
私の人生はスピードアップしました!

もし執着してしまっていることがあれば、
手放してみるとことできっと、
ネクストステージが現れるはずですよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



終わらせたくないものが終わってしまう、
そういう時は冷静でいられなくなってしまうのか、
なぜか執着してしまって、結果的に傷ついて…

そういった悪循環に陥らないように、
終わりを受け入れる心構えが必要なのです

終わりを乗り越えられれば、
そこには新しい始まりがあるはず!



イヴルルド遙華




立春が過ぎたころからようやく、
平年並みの寒さがやってきたようですね

暖冬だったせいで、より寒く感じましたが
すぐにまた例年以上に暖かくなるようなので、
体調管理、体温調節に気をかけてくださいね



それでは今回も引き続き、
強運体質になるためのルール」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪「ポジティブ変換」を習慣にしよう≫



人生で、自分ではどうにもできないことって
いっぱいありますよね。

例えば天気、時間、環境など、
努力ではどうにもできません。

その時に前向きに捉えることができるのか、
それとも悪いほうに考えてしまうかによって、
人生の楽しさって、何倍も差が出るものです。

例えば、「雨が降ってきた、濡れて嫌だな」
「外に出ていくの面倒だな」
って考えればネガティブ。

「雨だ、お気に入りの傘が使える」
「今日はゆっくり部屋でリラックスして
読みかけの本を読もう」「虹が見られるかも」
って考えればポジティブ。

受け取り方の差によって
ワクワク感や楽しさが大きく変わってきます。



人付き合いの中でも、会うたびに
「疲れた!」「最近いいことがない」
「私なんて生きる価値がない」
なんて言われ続けたら、
あまり会いたくなくなると思います。

あるいは、暗いことをずっと考えて
負のオーラを出しまくっていると、
同じように運気が落ち込んでいる人ばかりが
集まってきてしまうものです。

それってすごく悪循環だと思いませんか? 

いい人も、いい出来事も集まってこない……。

ネガティブループから抜け出すためには、
まずあなたが「幸せ」「楽しい」って
思えることが大切です。

嫌なことがあっても残念でも、
「きっと次になにかいいことがあるサインなんだ」
って言い聞かせましょう。

自分を幸せにできるのは自分しかいません。

「私は幸せになるぞ!」って考えると、
本当にマインドが変わって
どんどんいい方向に進んでいくはずです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ネガティブで自分を追い込まないで!

生まれつきの性格だと思わず、
ポジティブ変換の癖をつけ、習慣にして、
呼び込む運気を良いものにしましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ