月別アーカイブ / 2019年09月




明日から10月です!
過ごしやすい時期なので、様々なことに
精力的に取り組みたいですね


今年も残り3か月、
元気に過ごしましょう


それでは今回も

不運から抜け出すためにできること
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪自分を否定しないで≫



日本人は歴史的に謙遜を美徳とする民族です。

家族を紹介する時に愚妻や愚息と呼び、
「つまらないものですが」と前置きをして
手土産を渡すのが習慣だったのです。

自分を褒めたり、自慢しない文化でした。

それが最近では、欧米の子育てのように
「褒めて育てるほうが、自己肯定力が高く、
やる気のある子に育つ」
と提唱され、広まりつつあります。

確かに親から否定されて育った子と
そうでない子は、
将来の言動に大きく差が出るのは
事実のように感じます。

相談者の中には、
「自分は何をやってもダメ」
「うまくいかなかった原因はすべて自分にある」
と、自身を喪失して前向きになれない
という方もいらっしゃいます。

ご両親や兄弟の学歴が高く、
特殊な専門職についていることで、
「正社員でない自分はなんてダメ」
と嘆いてしまう方など……。

でも、自分を否定して状況や結果が
よくなることは、ないのです。


ある分野の革新者である医師が、
「手術前には、あらゆる状況や変化を
イメージトレーニングし、そして必ず
自分がすれば手術は成功する」
というマインドで挑むと語っています。

「同じ人間でありながら、
人の命を預かっている。失敗しない、
という絶対的な自信を持つ。」
ということだそうです。

もしもあなたが
やる前からできっこないと否定し、
うまくいかなかった原因を
自分の容姿や性格、
生まれた環境のせいにして
自己否定していたら、きっと
物事の本質は見えてきません。

むしろそんな環境の中で頑張った自分を
肯定してあげるべきなのです。

まだ頑張ろうと思える状態に、
チューニングすることが
いちばん大事なのですから。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



自分はダメと思う負の感情が
不運を呼び寄せてしまいます

自己否定をやめて、
不運を断ち切りましょう



イヴルルド遙華




皆さんは3連休を
有意義に過ごせたでしょうか


9月もあと一週間ですので、
しっかり気を引き締めていきましょう


それでは今回も

不運から抜け出すためにできること
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪自然の癒しを感じて≫



最近はいろいろな問題から、
公園から砂場が減っています。

今の子どもたちは、
砂場で泥だらけになることも
少なくなっているのです。

タブレットは瞬時に反応してくれるし、
飽きることもないでしょう。

しかし、仮想の世界なので、
決して触れることができないのです。

スティーブ・ジョブズや、
海外のIT業界のトップたちが、
自分の子どもには
タブレットを与えなかった
という逸話もあるそうです。


今や私たちは、
便利な電子機器やシステムのおかげで、
一言も口を利かずに済み、
買い物も家の中で快適にすませられます。

しかし電車や信号の待ち時間など
ちょっとした空き時間でさえ、
携帯電話を触る習慣のせいで、
近い将来の視力悪化も懸念されるでしょう。

なにより気持ちよさそうにそよぐ緑の木々、
どこまでも青い空、
澄み切った海底を泳ぐ魚たち……
映像や写真を見ることで心は癒されても、
実際に風を感じたり、匂いに包まれたり、
リアルなシーンじゃないと
受けることはできない五感の刺激は
はるかに大きいものでしょう。

世界的に活躍する
デザイナーや経営者たちが、
海辺や緑の多い場所に別荘を構え、
富裕層ほど自然溢れる場所に
バカンスに出かけるように、
忙しい日々を過ごしている人ほど
都会や自宅を離れて
自然に身を置きたくなるもの。

最近、仕事ばかりで
ほっとする時間がなかったという人には、
自然に包まれ季節を感じる浄化方法を
強くオススメしたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



たまには日光浴や森林浴にでかけて、
自然の癒しの力を体に取り込むことで、
不運を浄化してしまいましょう


イヴルルド遙華




9月の半分が終わって、
残暑も落ち着いてきましたね

2週連続の3連休も
有意義に過ごしたいです


それでは今回も

不運から抜け出すためにできること
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪心と体をほぐせていますか?≫



美容師や整体師など、
他人の体に触れる職業の方と
お話をしていてよく話題になるのが、
「頑張りすぎる、責任感が強い人ほど体が固い!」
というお話です。

筋肉が緊張した状態や同じ姿勢が続いて、
血流が悪くなり肩がこってしまうようですね。

特に日本は、気を使い謙遜し相手を敬うお国柄で、
「負けて、勝つ」という言葉さえあります。

海外では、「肩こり」という言葉すら
存在しないという噂がたつほどです。


コリを放置したままにすると体が固くなり、
そうすると頭も硬くなってしまうそう。

石頭という言葉があるように、
融通が利かなくなってしまったり、
固定概念に縛られやすくなるのです。

そして自分を追い込んでしまう……
まるで動物が身を守るために、
硬い皮を持つように進化していく
過程に似ていますよね。

腕組は自分を守るための
精神的なガードサインですし、
緊張している様子を
「身を固くする」と言います。

つまり私たちは、自分自身を守るために、
無意識に身を固くしているのでしょう。

女性の場合は、ヒールを履いたり
立ち仕事だったりすると、
仕事が終われば身も心もクタクタ、
セルフマッサージする気にもなれない……
なんて日も多いと思います。

体がこわばってきたな、と感じた時は、
プロの手を頼って、マッサージ店に
駆け込むのもよいかもしれません。

心のマッサージが必要な時は、
なにがそんなにあなたを苦しめているのか
ちょっと自己分析してみましょう。

あれが原因でモヤモヤしているんだ、
不安なんだ、と自分の中の感情と
向き合う時間を取ってみてください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これから涼しくなってきますし
軽めの運動などでコリをほぐすのも
いいかもしれませんね

心と体を柔軟にして、降りかかる不運を
避けたり跳ね飛ばしてしまいましょう


イヴルルド遙華

↑このページのトップへ