月別アーカイブ / 2019年08月





8月もそろそろ終わって、
だんだんと涼しくなってくる頃ですね

台風が多くて大変なところもありますが、
がんばって乗り切りましょう


今回も

「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪誘いたくなる女性になる≫



決してすごく美人というわけじゃないけど、
いつもモテモテで恋人が途切れない方や、
男性からよくご飯に誘われている方、
あなたのまわりにはいないでしょうか?

なぜ愛されるのかを学ぶために、
そんな女性たちをじっくり観察してみましょう。

私の観察では、モテる女性は
表情や身だしなみがすごくきれいでした。

ニコニコ、コロコロ変わる魅力的な表情、
ツヤツヤで天使の輪がある髪、
ふわふわモチモチの触りたくなる肌、
さじ加減が絶妙で上品なネイル、
自然でフレッシュなメイクなど……。

誰でも努力できるけれど、
ついサボりがちなことを
彼女たちはいつも完璧に仕上げています。


また、どんな話でも自分の話に
すり替えてくるようなことはなく、
優しく相づちを打ちながら
相手の話に共感してあげる聞き上手だったり、
話のリズムや空気をよく察している人が多いのです。

そしてそんな人は男性だけでなく、
女性からのお誘いも多くて人気者でしょう。

女性同士の集まりでは、
みんなでいっせいにおしゃべりをして
弾丸トークを楽しむのもありですが、
男性の場合は話の内容についていけなかったり、
興味がわかなかったりすると、
彼らにとっては悪夢の時間になってしまいます。

だから男性と女性で話し方を変えたり、
内容や言葉選びを変えたりするのも大事なのです。

わーっと一気に話すのではなく
ちょっと会話のテンポを落とすとか、
間を埋めるために一人でしゃべりすぎない
という意識が必要でしょう。

もっとその人と話がしたいなら、
一緒にいて安心するムードをつくってください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



誘いたくなる女性に自分がなれれば、
自然と良い
人脈が広がりますよ

表情や身だしなみ、会話の流れなど
少し意識してみてくださいね



イヴルルド遙華





お盆も終わって、8月も後半戦ですね

夏の終わりも近づいてきましたし、
暑さに負けず頑張って乗り越えましょう


今回も

「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪自分の状況に合わせて、
人間関係をアップデートする≫



「私はこうしたい、こうなりたい
と思うけど、まわりに話すと反対される」

「まわりが思っている自分の像が、
実際の自分と違って苦しい」

と、相談にいらっしゃる方がいます。
なぜか、みなさん自分のことなのに
他人の意見に惑わされることが多いようです。

もちろん誰かに相談し助言を求めることで、
アイディアやヒントをもらえたりもします。

ですが周囲の意見に流されて、
自分の道を進めなくなるのは本末転倒でしょう。

人は知識と経験を増やして、
学びながら進化を続ける存在なのですから。

友達とは魂が刺激し合い、
バイブレーションを起こすような
間柄であるべきです。

だから、一緒にいて楽しく
いろいろな話ができます。


人はジャッジする時、
イメージできること、
知っていること、これまでの経験、
などを判断材料にしています。

だから友達の経験や
想像を超えた相談内容だと
マイナスなコメントに
なってしまうこともあります。

私自身、22歳で起業した時、
まわりは学生だったり、
就職したばかりの人だったりしました。

その人たちとは悩みの内容も違うし、
私は大学生活の話にもついていけず
ちんぷんかんぷんです。

その逆もまたしかりでしょう。

そんなわけで、私は当時、
年が離れた人や起業家という
同じ職業環境の人と仲良くしていたのです。

次に海外に興味が出てきた時は、
海外に留学経験がある人たちや
バイリンガルの人たちと
過ごすようになっていました。

だからもし、
今の友達付き合いがマンネリ化し、
最近ちょっと”?”と感じることが増えたら、
アップデートのサインでしょう。

共鳴し合える人や興味を持てる人を求めて
人間関係を広げて、変化させていってください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今の自分に合った人間関係を
築くようにしていけば
自ずと素敵な人脈が広がります



イヴルルド遙華





お盆休みの時期になりました!

まとまった休みには旅行にいったり、
山や海へ遊びにいくのは定番ですね。

お盆といえば盆踊りも忘れずに!
素敵な夏休みを過ごしましょうね


今回も

「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪お一人様行動には慣れすぎないこと≫



最近よく、
「私って一人で行動するのが苦にならない」
「ふらっと一人で旅に出かけちゃうの」
という“お一人様エピソード”を耳にします。

自立した女性で素敵ですが、
まるで自慢話のように
「一人焼肉だってお鍋だって行けちゃう」
と話すのは、いかがなものでしょう……。

この発言、すごく美人で
かつ気取りのなさそうな女性が言うと、
ギャップが生まれて
「そんな一面があるんだ!
今度誘ってみよう」
と思えるかもしれませんが、
ごく普通の女性が自虐的に話しても
寂しさを残すだけです。


さらにお一人様行動に慣れすぎると
人間関係が面倒に感じる上、
「人との距離感が取れない」
「自分中心に考えすぎる」
という傾向も出てくるのです。

なんでも一人で決定できて行動していると、
「一人でも大丈夫」
というマインドにも陥りやすくなります。

悪いことではありませんが、
もしあなたが70歳、80歳になって
パートナーも友達もおらず、
子どもも孫もいない生活を想像して
「つらい」「そんなのイヤ」
と少しでも思うのなら、
他者との交流を今のうちから
持つようにしましょう。

誰の手も借りずに生きると決めた人は、
とにかく貯金が必要です。

一人で十分な老後を送るには、
5000万円は必要ともいわれます!

面倒を見てもらうことをお金で解決し、
定年後も家賃、生活費、医療費を
払い続けることになるでしょう。

一人で生きているように見えて、
実はたくさんの人たちと繋がっているから
世の中は回っています。

社会問題の孤独死は、
誰にでも起こりえると言えるでしょう。

もしあなたが1日でも連絡がとれない時、
心配してくれる人はいますか?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



一人で出かけるのもたまには良いですが、
それに慣れ過ぎると、人脈を広げる意味を
見失ってしまうかも……

お盆休みを一人で過ごそうと思ってる方も
少し考えてみてください



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ