月別アーカイブ / 2019年06月





熊本でのワークショップに
あそびにきてくれたみなさん、
ありがとうございました

6月もあと少し、
じめじめした空気を
乗り越えましょう!


今回も

「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪思い出したくなる女性になる≫



ふっとした拍子に、
つい思い出してしまうような人って
いらっしゃいますか?

どんな人でも構いません。

すごい美人や、かっこいい人、
親切な人、話が面白い人、
すれ違った瞬間いい香りの人や、
電車を待つ姿勢がぴんとした人など。

「あっ、あの人最近見てないけど
元気かな、なにしてるんだろう」
と、誰を思い浮かべるでしょうか?

逆に、あなたは誰かに
思い返されるような人ですか?

どうせなら人の記憶に
残りたいものです。

あのレディー・ガガがインタビューで
「同級生はグーグルで働きたい
と言ってたけど、私はそこで
検索されるような人になりたい
と思っていた」と答えていますが、
まさに有言実行ですね。

今や世界で知らない人は
いないんじゃないか、
と思えるような活躍ぶりでしょう。

なにもあなたに、
レディー・ガガのような
奇抜な恰好や言動を
勧めているわけではないのです。

ただ、「自分をみんなに
知ってもらう、覚えてもらう」
ということに意識をおいて
生活してみてください。

本当に簡単でささいなことからで
いいんです。

例えば、笑顔で受け答えをする。
相手のことをきちんと名前で呼ぶ。

いつも見られているのを意識して
背筋を伸ばすようにする。

なかなか会えない相手には、
季節の連絡をまめにする。

……など、ほんのちょっと
意識して行動することで、
思った以上にあなたの存在を
相手に印象づけることができます。

せっかく覚えてもらえるのなら、
いい印象のあなたを記憶して
貰いたいですからね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



人の記憶に残る女性になれば
人脈も自然と広がります




イヴルルド遙華







6月に行ったワークショップに
多くの方がいらしてくださり、
ありがとうございました

熊本でのワークショップもあるので、
ぜひあそびにきてくださいね~

▼詳細はこちらから!
https://lineblog.me/evelourdesharuka/archives/1750844.html


今回も

「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪下ネタをうまく交わす!≫



本来なら隠すはずのことを
笑いにする下ネタ。

普通ならオープンに
しないような内容を話題にされ、
対応に困ったことがあるはず。

一緒になって大盛り上がりするのは
ちょっと勇気がいるし、
過剰に反応して拒絶すれば、
場の空気を読めないやつと判断されるし。

加減がほんと難しいですよね。

なんで言われた方が気を使わなきゃ……
と、
思うこともありますよね。

もし、あなたがよく異性から
下ネタを振られるのであれば、
同性の友達として思われている
または、軽い付き合いができるかを
チェックされている可能性があります。

もちろん後腐れなく
遊びで付き合いたいならいいのですが、
そうでないなら笑って聞き流すとか
思いっきりすっとぼけるとか
うまく交わすようにしてください。

実際、「本命の女性には
下ネタを話してほしくない!」
という男性が圧倒的です。

もし、あなたに下ネタをガンガン
振ってきて、あなたからいろいろ
聞き出そうとしている人がいたら
違う話で流れを変えるとか
聞こえないふりをしてスルーすること!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



うまく交わすのがポイントですよ



イヴルルド遙華







関東も梅雨入りして、
今日も雨ですね

ですが、6月もたくさんの幸せを引き寄せていく
ワークショップを行いますので、
ぜひみなさん遊びにきてください


▼東京のワークショップ情報
https://lineblog.me/evelourdesharuka/archives/1773163.html

▼熊本のワークショップ情報
https://lineblog.me/evelourdesharuka/archives/1750844.html


今回も
「素敵な人脈を広げるためには」
のお話をしていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪めんどくさい女になっていない?≫



話が長い、毎回同じ内容のネタしかない、
いつ会っても悩みごとが変わらない、
愚痴ばかりで人のせいにする人、
まわりにいないでしょうか? 

さらに年甲斐もなく、若い男性を追いかけて
勘違いしている人は要注意です。

年下君に慕われ愛されるのは、
健全で素晴らしいと思うのですが、
年上の女性が彼のことを忘れられないと
しつこくするのは逆効果だと思いますし、
美しくありません。

若い男性から、
「40代や50代の人にやたらと誘われたり
 プレゼントをもらったりするのですが、
 全く興味がないし、 女の表情 をしてくるから、
 さらにめんどくさい」
と聞いたのは一度や二度ではないです。

今の若い子は優しいですし、
特に仕事関係者や職場の先輩には、
丁寧に接して距離感も近く、
優しい言葉をかけて年上女性を
ドキッとさせてしまうのでしょう。

だけど、そこに恋愛感情がない
可能性があります。
彼の恋愛対象外とわかった時、
いちばんつらいでしょう。

好きでも、そもそも対象外だから
どうにもならないのです。
なのにしつこく連絡したり、
仕事と絡めて会う機会を増やそうとしたり、
うんざりされてしまっていることもあります。

さらには、インスタなどのSNSで
ネガティブなことばかり発言したり、
いいねやコメントを欲しがったり
してしまうことです。

気軽になんでも簡単にアップできてしまう分、
しっかりと気をつけないと、
ただのめんどくさいかまってちゃんに
認定されてしまいかねません。

もし今あなたがちょっと
「あれ? あてはまっているかも」と思うなら、
気をつけましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これを機に自分の行いを
見直してみてくださいね




イヴルルド遙華



↑このページのトップへ