月別アーカイブ / 2019年03月




今週で3月も終わり


すっかり過ごしやすくなってきましたが
特に夜はまだ冷えますね



さて、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪聞きやすい声、間、タイミング
 ちゃんと狙っていますか?»



自分の声を聞いたことがありますか?


あなたが聞いている自分の声は、
あなたの体の中で反響して聞こえています。


録音して聞いてみると、
だいたい違和感を抱くはずです。


私も自分が出演した番組を見て、
自分の声が「こんなにも鼻声なのか!」とびっくり。


もっとしっかりしゃべっているはずだったのに……。



さらに緊張するとゆっくり話しているつもりが
早口になってしまうものです。


それに話の内容よりも
話しかたやトーンなどの方が記憶に残るそう。


面白いかどうかより、
いい声はいつまでも記憶に残ります。


実際に声フェチの女性も多いはず。


相談者の方でも、
「ルックスはイマイチ好みじゃなかったけど、
 彼の声が好きで、
 お付き合いをスタートさせました」
という女性も結構いました。


男性も同じく、
声に弱い方は多いのです。


だからこそ、
初対面の時や自分を印象づけたい時は、
聞きやすく、耳に入りやすい
柔らかな声を意識してみましょう。


NGなのは、
やりすぎたぶりっこの声と声が小さすぎること。
(聞き返されることが多い人、要注意!)


コミュニケーション自体が
うまくいかなくなってしまい距離を縮めるのは、
難しくなります。


男性と会話のキャッチボールが続かない場合は、
声が小さかったり、早口過ぎたり、
滑舌が悪く聞き取りにくかったする可能性が高いです。


会話の内容もしかり、
話し方も練習してみてください。


コミュニケーション能力を上げて
悪いことはありませんよ。


仕事でも恋でも
あなたを魅力的にしてくれることでしょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



コミュニケーションで悩んでいる方は
ご自身の話し方や声を客観的に見てみるところから
始めてみましょう



イヴルルド遙華



関東では今週末から
桜の開花シーズンに入るそうですよ

今年も満開の桜を楽しみましょう



それでは、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪豊富な語彙が、自由な表現を生む»



テレビ番組に欠かせない、
食事のレポートコーナー。


食べてスグに、「美味しい!」とか、
どこかで聞いたことのあるフレーズのオンパレードでは、
肝心の味わいは伝わらないでしょう。


映像のないラジオでは、
よりしゃべり手であるDJの力量が問われます。


スポーツの試合やギャンブルの中継は、
さらに専門性が必要となります。


プロの方たちは事前に話す内容、
わかりやすい表現、たとえ話など、
豊富な語彙を操る瞬発力を身につけるために努力する。


できなければ、
リスナーから苦情がきてしまうことも。


災害時にはDJの声や、
端的に情報を流し続けるラジオの魅力に、
改めて気づかされたという声が多く聞こえました。


語彙の多さは、
伝える能力に大きくかかわるのです。


しかしそれと同時に、
難しい言葉やビジネスワードを織り交ぜられるよりも、
相手のレベルに合わせて、
内容をかみ砕ける能力も必要なります。


それには
「自分の言葉で伝える」ことが必要で、
簡単に習得できるものではありません。


私は占い師を始める前から
雑貨屋さんを経営していました。


22歳で起業して、
社会経験がないまま
大手企業や父親以上に年が離れた人を相手に
交渉したり、契約したり……。


ビジネスシーンに合わせた会話や
言葉遣いができているか不安で、
「このままではいけない!」ととにかく本を読み、
映画を観て、使える表現や
好きな言葉をノートに書き写しました。


熱意があって語彙を身につければ、
自分の感じたこと、伝えたいことを
相手に理解してもらえるはずです。


そのためには、
自分にあった言葉や表現を見つけて使いこなし、
アレンジしていきましょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ビジネス以外の日常生活でも
語彙力を鍛えることで
コミュニケーションが円滑になりますよ



イヴルルド遙華



今週はホワイトデー

みなさんにとって
特別な一日になりますように


それでは、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪自分本位に生きるために
 チャンスは自らつかみに行く!»



誰もが
「人生一度きり、
 自分の思うように生きたい」
と願っているはず。

一見、育った家庭環境や
生まれた国の状況のせいで、
目指す境地に到達するのが難しそうでも、
「チャンスは自分でつかみに行く」気持ちが強ければ、
チャンスをものにできる場合もあります。


自動車王のヘンリー・フォードは、
子だくさんの農家の長男。

幼いころから農作業よりも機械に熱中し、
時計の修理や分解に明け暮れていたそうです。

農場を継いでほしい父の意に反し、
メカニックな仕事に就きますが、
どれも数か月や数年でやめます。

理由は、
「学ぶものがなかったから」
どんな環境で働いてもグングン知識を吸収し、
自分の経験値を高めていったとそうです。

当時、
お金持ちしか乗れない高級品であった車を
大衆向けに生産し、
「自動車王」となるまでには、
なんと5回の破産を経験しました!

そんな彼が残した名言は
「今はチャンスの時、
 だけど大半の人はそれに気づいてないだけ」。


また、孤児院で育ったココ・シャネルは、
女性が男性に養ってもらうことが当たり前だった時代、
出資してくれた恋人には、
事業が軌道にのってから相手が断わっても費用を返済し、
もらったプレゼント以上のお返しを欠かさなかったそうです。

そして「あなたはラッキーだ」
といわれることを非常に嫌いました。

理由は、
「私はラッキーだったわけではない。
 目の前にきたチャンスをちゃんとつかんできただけ」
だからと。


チャンスは待ってても
あなたの元へはやってきません。


自らつかみにいきましょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



待っているだけでは、
現状を変えることはできません

チャンスをつかむために
まずは動きだしてみてください


イヴルルド遙華

↑このページのトップへ