月別アーカイブ / 2018年06月




6月もラストの週になりました


夏に向けて
元気をチャージしましょう



それでは、今回も
『強運をつかむために必要なこと』の
お話です




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪あれこれ考えずに交際関係を広げ
 ノリよく参加してみる!≫




人生80年として
人が一生で出会う人の数は、
「なんらかの接点を持つ人が30,000人、
 学校や職場、近所の人が3,000人、
 友人を呼べる人が30人、
 親友と呼べる人が3人」といわれています。


SNSで友達が何千人の人もいるけど、
リアルな関係は
だいだいこんな感じではないでしょうか。


しかも、一人が楽だと閉じこもっていたら、
より可能性をつぶしてしまうことになりますよね。



最初は苦手タイプだと思っていた人に
面白い一面があったり、
共通の趣味の持ち主だったりする
可能性もあります。


逆に、最初いい感じだったのに、
仲良くなるほどズレを感じたり、
人生の環境や状況が変わって、
話が合わなくなったり……。


例えば、
バリバリのキャリアウーマンで
「もっと仕事して出世したい」と
思っている女性の親友が、
結婚して子供が3人いて
子育て真っ只中だとすれば、
やはりいろんなところで
価値観の違いが出てくるのは当たり前。



年を重ねていくと、
人間関係そのものが
閉鎖的になっていくもの。


人と話を合わせるのも
面倒くさくなりますし、
よほど社交的でなければ、
自分から話しかけて
「友達になってください」と
言えなくなります。


年の離れた友達をつくろうと思っても、
情報通だったりトレンドに敏感でなければ、
相手も話して面白くないからと
敬遠されるかもしれません。


だからこそ、今、
いろいろなタイプの人とおしゃべりをする、
人脈を広げる、
コミュニケーションをしっかりとれる人になっておかないと、
将来、寂しい人生になってしまうかもしれないですよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



出会える人の数には
限界があります


明るい未来ためにも
人脈は広げておきましょう



イヴルルド遙華




本格的に関東でも
梅雨入りしましたね


今週も雨に負けずに
笑顔で元気に過ごしましょう



それでは、今回も
『強運をつかむために必要なこと』の
お話です




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪意見の違いが出る時、
 うまく伝わらない時こそ、心を閉ざさない≫




相手と会話が全く通じない時ってありますよね?


仕事でも、恋愛でも、
家族や友達同士でさえもあると思います。


連絡してもなかなか返事がない、
話が弾まない、
言いたいことが伝わらないなど。



実は、コミュニケーションは
うまくいっていない時のほうが大事なんです。


遠慮してオブラートに包んで
伝わらないまま終わったり、
強い言葉で傷つけてしまったり、
コミュニケーションは難しいものです。


育った環境や生い立ち、
相手の心理状態や体調でも
受け取り方は変わるもの。


でも、一番大事なことは、
伝えようとすること、
相手を理解しようとする気持ちです。



以前の私はとにかく人から嫌われたくない、
よく見られたいという気持ちが強くて
ストレートに気持ちを表現することが苦手でした。


海外を旅するようになり、
だんだん、言葉はシンプルじゃないと伝わらないし、
価値観や文化の違いで
共有できないこともあるんだなと理解しました。


英語が話せなかったので、
絵を描いたり、ジェスチャーで表したりしました。


強い気持ちがあれば、
何とか伝わるもの。


相手に伝わりやすいように考えて、
工夫してみましょう。


誰かに仲介してもらうのもいいし、
文章にして伝えてみたり、
イラストにしてみたり、
言い方や言葉を変えてみたりもいいでしょう。


最初から相手を否定したり、
拒絶したりするのは得策ではないです。


今後も合わない人が出てくるたびに、
フェードアウトを選択する人生になりかねません。


世の中は、十人十色です。


うまくいかなくて当然なんです。


相手の個性、考え方を認めた上で、
伝わりやすい方法を考えるようしてみましょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



合わないと感じる時は
相手にあなたの気持ちが
うまく伝わっていないことが
原因の可能性もあります


心を閉ざす前に
できる限り工夫してみましょう



イヴルルド遙華




今週も雨に負けずに
笑顔で元気にいきましょう


それでは、今回も
『強運をつかむために必要なこと』を
お話していきますよー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪ウワサ話は信じない
 本人から直接言葉を聞いて!≫




今でこそ元気印の私も、
ウワサ話ではすごく苦しめられました。


「〇〇さんがあなたのことセンスがないって」
「〇〇さんがあなたは気が利かない人だって」など、
耳打ちされた時はかなり悩みました。


嫌われていたんだ、
私の態度がダメだったのかな、
ただの社交辞令を真に受けてしまったのかな……など、
考えれば考えるほど人間不信に陥りました。


次第に人付き合いが面倒になり、
それから殻に閉じこもるように
なっていきました。


でも仕事でイタリアに通うようになり、
陽気なイタリア人と触れ合うようになって、
何かの話の流れで、
「私は人付き合いが苦手で、
 いろいろ言われてしまうから」と
ポロリとこぼしたら、
「直接言われたの?」と聞かれ、
「いいえ。
 でも陰で私のことを批判したり
 悪口を言ったりしてるみたいなの」と
答えました。


「それはダメよ。
 気にすること全くないわ。
 本人の口からじゃないと真実を知ることはできないのよ。
 本人から『嫌いよ』って言わない限り、
 第三者が言う言葉は無責任よ」と。



その言葉で
私の目は覚めました。


そっか、
私は本人から聞いていない言葉に翻弄され、
勝手にあれこれ悩んでいたんだ……
ダメじゃん!


そこからは何を言われても
まったく気にしなくなりました。


そして世の中には、
なにかとあれこれ言ってくる人も
少なくないのだとわかってきました。


外見のこと、
友人関係のこと、
恋愛や仕事の話にも口を出してくる人!


でも、よけいな言葉に惑わされたり
落ち込んだりするのは、
すごくもったいないです。


悩んでいる時間は、
あなたが笑顔で過ごす
時間だったかもしれないのですからね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ウワサ話は当てになりません


気にして悩んでいる時間はもったいないし、
本人の口から真実を聞くようにしましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ