月別アーカイブ / 2018年03月




今週で3月も終わりですね…

今回も自分らしく生きるためのルールについて
お話ししていきます



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪やる!もしくは、やらない!≫



人の能力は、99%みな同じ。
その差は、たったの1%しかない
と聞いたことありませんか?


この世の中にはたくさんの人がいますよね。
テレビやネットの中には
自分じゃ到底手の届かないような
偉業を成し遂げた人もいて、
その能力の差を大きなものに感じてしまいますが、
そうではないということを
ヒトゲノムの解析で判明したそうです。

では、なぜその1%でそんなに違いが出てくるのか…… 
それは気持ちや心の問題なのではないかと考えます。


熱い気持ちがあればどんな無理難題にも
立ち向かっていくことができるはず。

逆に人に言われたことや
自分にとって不本意なことには
情熱を注ぐことはできないと思います。


たとえば「朝5時に目覚めなさい!」と
言われたらどうでしょうか?

それがしたくないことだったら、
起きるのも憂鬱なはず。

だけど、趣味の予定や心待ちにしていたイベント
愛する人との待ち合わせがあったらどうでしょう?

きっと目覚ましが鳴る前に
自分から目が覚めてしまうかもしれませんね。


このように人は自分の気持ちに
大きく左右されるもの。

気持ちを強く持つことで、
目標を達成する力が大きくなっていきます。

夢や目標書き出したり、唱えたりすることで、
常に意識を途切らせないように、
アファメーションをすること!

やるかやらないかは
あなたの気持ちにかかっていますよ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



自分の気持ちに正直に!

さあ、今から動いてみましょう


イヴルルド遙華




もう桜が咲いているところもありますね

さて、
今回も自分らしく生きるためのルールについて
お話ししていきますよ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪定期的にスタイリングの見直しを!≫



「常に最新のコーディネートで身を固めたい!」
「流行りに関係なく長くいいものを持っていたい」
「服装はあまり気にしない」
などいろんな考え方があると思います。

服装はその人のキャラクターが表れるところ。

イヴ・サン=ローランの格言にも
「服装は生き方である」とあるように、
あなた自身を表現する大事なもの。

だからこそ、イケてた時代でストップしていないか、
メイクも服装も定期的にチェックすること。


ある女優さんがインタビューで
「20代で大きく胸元を開けるといやらしく見えるけど
 50代を超えると、胸が垂れて胸元が大きく開いても
 カッコよく着こなせる。
 年ごとのカッコイイスタイリングがあるの。」
と答えていました。

今しか着られないコーデはあります。

もしあなたが20、30代ならば、
若いからこそ似合うワンピースや
ミニスカートを思う存分楽しんで!

40、50代ならば
若い子が着こなせないようなコーデを選び、
気品やこなれ感を意識して、
あなたらしさが引き立つものを身にまといましょう。

さらに変わらないと思いつつも
毎年、肌質の変化やたるみなど出てくるはず。

なのにずっと同じ化粧品を使い続けてしまうと、
メイクのノリやフィット感が悪くなる原因に……

定期的にコスメカウンターの美容部員さんや
メイクのプロにアドバイスをもらいましょう。

周囲から褒められる服装を増やすなどして、
スタイリングをアップデートしてみて!

だって、人は見た目で9割判断されてしまうのだから。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



定期的にチェックを忘れずに
あなたに似合うものを身にまとって


イヴルルド遙華




今週はホワイトデー
今からワクワクですね

今回もあなたがあなたらしくいれるように、
自分らしく生きるためのルールについて
お話ししていきますよ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




≪どんな状況でも希望を捨てない!≫



「プラシーボ効果」って聞いたことありませんか?

本物の薬に似せて何も効果のない薬でも、
服用する人がそれを本物の薬だと思って服用すれば、
本物の薬の効果が表れる現象のことです。

この場合は心の持ちようによって
治癒力を誘発しているんです。

このプラシーボ効果によって、
心理的な効果や暗示作用が、
自分自身に影響を与える力があるということが
証明されています。


病気は気からというように、
私たちの体は気持ちの影響を大きく受けます。

ネガティブな感情を持ったり、
孤独を感じて自分一人で悩んでしまったりすると、
ストレスから病気になる可能性が高くなるそうです。

また、がんに対しても正面から立ち向かい、
希望を捨てずに治療を続けた人は、
そうでない人に比べて、
生存率が高いという話もあるそうです。

不安や絶望などのネガティブな感情を持たないことが
本愛持っている免疫力を高め、
結果、病気の進行を和らげることにつながるのです。


また、笑いやユーモアの効果も絶大で
(ほんとにこれはすごく重要ですよ!)
不要な不安から解放して健康を保ってくれます。


人間は思い込みで未来をどうにでも
変化させることができます!

それなら、思っきり素敵な未来を
思い込んでみませんか?

諦めたり、不安になったり、
つらく悲しいことがあっても、
希望を捨てないことで素敵な未来は手に入ります!

つらいときこそ笑顔!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



常に笑顔
それが大事なことなんです



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ