月別アーカイブ / 2017年11月




なんと、黄金ルールも残り1回…!

次がラストです


早速、黄金ルールについて、お話しします



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪悪口は心の中に秘める≫



基本中の基本ではありますが、
誰もが忘れがちなのがこのルール。


ちなみにここでの「悪口」とは、
「彼自身」や「彼の家族や親友」に対してのもの。

「彼の家族や親友」への悪口は
自分に置き変えて考えると納得できるでしょう。

それが、真正面だろうと、影だろうと、
一方的に自分の周りの人の悪口を言われて、
気持ちがいい人はいないでしょう。

あなたと彼の身近な人が性格合わないとしても、
悪口は控えるのが正解です。


また、彼と彼の家族でご飯に行ったときに、
会話の流れで、彼もしくは彼の兄弟が、
責められたとします。

そうしたときに、決して便乗しないこと!

彼らにとって、あなたは新参者。
あなたが何気なく発言した言葉の意味を
正確に受け取ってくれるかわかりませんし、
うっかり失礼な発言をして、
後々にわだかまりを残さないようにしましょう。

そして、彼自身についての悪口は
余計、言わないように気を付けましょう。

親にとって、子どもはいくつになっても大事な子ども。

一方的に、「この人、時間にルーズで」なんていうのは、
相手の育て方を否定しているようなもの。

「彼のお義母さんからのあたりが強くなった気がする…」
と、感じているのなら、自分自身の発言を振り返りましょう。


大切なのは、あなたから、
彼や彼の家族、友達に向かって攻勢体制を取らないこと!

彼の大事な人たちと末永く仲良くしていくためにも、
このルールはしっかりと心に留めておきましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



彼以外の人たちともうまくやっていく秘訣です

悪口は言わないように気を付けて!



イヴルルド遙華




黄金ルールも残り2回…



今回も黄金ルールについて、お話しします



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪彼の家族に心を開く≫



いざ結婚を前にすると、
話はパートナーとあなただけの問題ではなくなるはず。

結婚をすると、彼とあなたは家族になり、
そして、彼の両親や兄弟があなたの親族になるでしょう。


あなたの家にルールがあるように、
彼の家にもルールがあります。

お風呂の順番や料理の味つけなど、
些細なことまであるでしょう。

しかし、そうだったとしても、
最初から「うちとは違います」とはねつければ
ケンカに発展するだけです。


たとえば、相手の親に、
「年末年始は必ず家に帰ってほしい」
と言われたとします。

もしかしたら、あなただって実家に帰りたい
気持ちや事情だってあるでしょう。

そんなときは、いったん受け入れて、
その後交渉するのが手です。

毎年交代でお互いの実家に帰るのもいいですし、
年末年始は旦那さんの家に行くなら、
お盆はあなたの家に行くと
伝えるのもいいかもしれませんね。


また、苦手な家事を頼まれたとします。

そのときは、先に
「苦手ですが、精一杯頑張ります!!」と
言ってしまうといいですよ。

そして、あなた自身も、
それを克服できるように努力しましょう。


大切なのは、頭ごなしに
「できない」「やりたくない」の
姿勢を取らないこと。

まずは、相手に合わせることから始めましょう。
結婚し、新しい人たちと家族になるということは、
そういうことなのです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最初は嫌だと感じる部分もあるかもしれませんが、
受け入れる努力をしていきましょう



イヴルルド遙華




黄金ルールも残り3回になりました

みなさん実践していただいているでしょうか?


今回も黄金ルールについて、お話ししますよ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪危ないサインを見逃さないで!≫



「突然彼に浮気されました……」

同じ女性として、話を聞いていると、
「許せない!」という気持ちになります。


でも、たいていの男性は浮気をする前に
「心の揺らぎサイン」を送っているとしたら?


浮気や心移りには、大体キッカケがあります。


それは、彼が苦しんでるときや、辛いときに、
あなたが話を聞いてあげなかったり、
もしくは、言ってはいけないことを言ってしまったり……。


たとえば、彼の仕事がうまくいかず転職するか悩んでいるとき、
「あなたが稼いでくれないと困る!」といった、
責める発言をしたらどうでしょう?

それは、彼の悩みを増やすことにしか繋がりません。

このままではいけないの彼自身が一番わかっていますし、
味方のはずのあなたが責め立ててしまったら、
彼はよその女性のところに行ってしまうでしょう。

つまりそれは、どちらにせよ
あなたから心が離れてしまうということ。


つらいと弱音を吐かない男性だっているでしょう。
だからこそ、彼の表情、仕草などに
常に注意する必要があります。

相手の苦しみを他人事だと思わず、
二人で解決していきましょう。


また、あなたがつらいときも、
彼に頼ったり、相談したりするのもいいですよ。

せっかく二人でいるのだから、
お互いの辛さを分け合い、
元気を与え合うのが正しい姿です。


いつまでもパートナーと円満な関係でいるためにも、
彼のSOSサインを見逃さないこと!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



いつもと違うな……と感じたら、
彼に悩みがないか聞いてあげてくださいね

二人で支え合っていきましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ