月別アーカイブ / 2017年09月




今月も残すところ、あと1週間になりますね

さて、今回も婚活ルールについて、
お話ししていきますよー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪相手のどこが嫌で結婚に踏み切れないのかを考える≫



カップルの人も、シングルの人も、
今の恋人や、アプローチをしてくれる男性を前にしたときに、
「本当にこの人でいいのかな……」
と思った経験ありませんか?

なかなか答えが出ないときは、
彼の素敵なところを思い返してみるのももちろんですが、
先に「なぜダメなのか」を自分に問いかけてみると、
シンプルに考えられますよ。

あなたは彼のいったいどんなところが気に入らず、
その先に進めないのでしょうか?


うまく考えられなくなってしまったときは、
客観的に紙に書き出してみてください。

たとえば、「私よりも身長が低い」
「ファッションセンスが良い」「お義母さんが厳しい」
など、どんなことでも構わないんです。

そうして、すべて書き出したら、
それがあなたにとって良いことか悪いことか
一つ一つ分けていきましょう。

最終的にあなたが「悪い」と判定し、
その中でもさらに許せないと思ったことこそが
結婚を妨げている要因になっているはず。

問題がわかったら、それをどうにか
改善・解決できないか考えてみてください。

その問題はあなたが自分の価値観を見直してみれば
どうにかなることかもしれませんし、
逆にあなた一人では解決できないことかもしれません。

そんなときには、相手に自分が
不安に思っていることを素直に伝えて
二人で解決できないか話し合ってみましょう。

そうしたあなたの悩みに
真摯に向き合ってくれるかどうかも
結婚のパートナーとして、大事なことなのです!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



もし、いまいち踏み切れないのであれば、
紙に書き出して明らかにしてみて下さいね
そうすることで、解決できることもあるはず



イヴルルド遙華




今日は敬老の日ですね~
おじいちゃん、おばあちゃんに
感謝の気持ちを伝えましょう

さて、今回も婚活ルールについて
お話ししますよ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪メンズを生かすも殺すも自分次第!≫



出世する男性の隣には、
必ず素敵な女性の姿があるのに気付いていましたか?

歴代のアメリカ大統領を思い浮かべてみてください。
力強く手を振る大統領の隣に
笑顔で手を振るファーストレディー。

出世する男性だからこそ、素敵な女性を選ぶのか。
素敵な女性だからこそ、出世する男性を選ぶのか。

「卵が先かニワトリが先か」の話に似ていますが、
私が考えるのはまったく別!

素敵な女性が男性を出世させるのです!


たとえば、あなたのパートナーが
平均よりも年収の低い男性だったとします。

そこで、「どうして稼ぎが悪いの?」「今後の生活が不安」
なんて言っているようじゃまだまだです!

だって、あなたは彼をパートナーにした時点で、
彼のバックヤードをある程度理解していたはずです。


そうであれば、必要なことは一つ!
あなたが彼を出世する男性に変えること!!

具体的な仕事のアドバイスを贈ったり、副業を考えたり、
もしくは、あなたが彼以上にバリバリ働いて、彼を奮起させたり、
できることはたくさんありますよ。

女性が社会に進出するこのご時世。
男性だって必死なんです。

自分をけなしたり、足を引っ張ったりする人と
一緒にいるくらいなら、一人でいた方がまし。
と考えてもおかしくないんです。

いずれにしても、彼のマイナスを探すのではなく、
彼のプラスを生み出す人こそ
「良い女性」であり「結婚したい女性」です。


あなたがもしも男性で、そんな女性が隣にいたら……
浮気なんて考える必要もないくらい
素敵なパートナーだと思いませんか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



彼にとって、良い女性でいれるように
努力して下さいね



イヴルルド遙華




寒いと思ったら、また暑くなって、
めまぐるしい天気が続いていますが、
みなさんお元気ですかー? 

さて、今回も婚活のルールについて
お話ししていきますよー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪女性の婚期に合わせないメンズとはうまくいかない≫



みなさん感じているでしょうか?
女性の1年が本当に貴重だってことを。

1年もあれば、今は出会ってもいない人と
結婚するかもしれないですし、
逆に、その1年の遅れで、
妊娠や出産に関するリスクが
高まってしまうことだってあるんです。

だから、もし今つき合っている、
もしくは、これからそういった関係になる人がいて、
あなたが「結婚したい!」と言ってるにもかかわらず、
真面目に考えてくれないのなら、それは問題アリかも……


よーく考えてみてください?
「あと、3年待って?」「結婚はもう少し後で考えよう!」
と男性は言いますけど、未来はいつだって不確定で、
3年後にどうなっているかなんて、誰にもわかりません。

3年まであと半年だったのに、
2年半経ったところで、彼が浮気をして破局…
なんてことになったら、あなたの2年半という時間を
誰が責任を取ってくれるのでしょうか?

2年半もあれば、その間に違う良い人を見つけられたでしょうし、
もしかしたら、別の男性と結婚していた可能性もありますよね?

男性が子孫を残す力は、年を取ろうと、
大きく損なわれることはあまりないでしょう。

でも、女性はどうでしょうか?

もしも、後悔しそうなあなたが浮かぶなら、
強くこのルールを胸に刻んでおくこと!


過ぎ去った時間は、どんなに願っても戻ってはこないんです。
戻らないからこそ、『女性の1年は1000万以上の価値がある』
と覚えておいてくださいね!


もしも、あなたの彼氏が、
「あと、1年待って!」なんてことを言ってきたら、
じっと目を見つめて、こう言ってあげましょう。


「女性の1年がどれだけ大事か知ってる?」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こうしている間も無駄にできませんね!
時間を大事にしていきましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ