月別アーカイブ / 2017年07月




今日で7月も終わりですね
明日からは8月 
太陽に負けないくらいみなさんも輝きますように


今回も黄金ルールについて、ご紹介していきますよ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



≪結婚相手選びに譲れない外見の条件を1つだけ決めて、自分を見直す≫



人間、まずは見た目で印象を決めてしまいますよね。
容姿が好みの相手であれば好意を抱くかもしれませんし、
気にかかる要素があれば、なかなか好きになれない場合もあるでしょう。


もちろん、外見がすべてではありませんから、
その人の内面に目を向けることが一番です!

だけど、どうしても気になってしまうようであれば、
1つだけ”こだわる外見のポイントを決めましょう。


なぜ“
1つだけ”なのか。
それには、ちょっとした理由がありますよ。


ある日、「長年彼氏ができない…」と、
悩んでいた女性が私の元にやってきました。

彼女に好みの男性を聞くと、
いろいろな条件を告げた後に、
「メガネの男性は嫌なんです。」

私は思わず目を丸くしてしまいました。
だって、彼女の顔には、“メガネ”が…!

聞けば、自分がメガネをしているから、
隣に並ぶ人にはメガネをしてほしくないと。

二人ともメガネが嫌なら、解決策は単純!
「あなたがメガネを外したらどう?」
「コンタクトは目が痛くなってしまって……」

私はこの後に笑いながら彼女に告げました。
「あなたの目が痛いように、向こうの目も痛いのかも。」


この話のように譲れない部分はあると思います。
だけど、条件をつけるとそれだけチャンスは減ります。
だって、相当数の男性を恋愛対象外にしてしまうから。


恋人選びのときに、自分中心で考える女性は多いでしょう。
でも、まずあなたが条件をつけたとして、
その条件をクリアした人が、同じように条件をつけてきたら?
あなたの恋のチャンスはどんどん減るのです。


恋のチャンスを広げられるかどうかは、あなた次第。


条件にこだわりすぎないで、一つに絞って。
そして、相手に無理のない条件をつけていないか、
自分自身も見直しましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



譲れない条件も大事ですけど、
本当にそれでいいのか、自分を見直すことも大事
!!

それができれば結婚へと近づきますよ



イヴルルド遙華




7月もあと残り1週間ですね~
残りの1週間もエンジョイしてくださいね



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



≪目当ての異性と恋に落ちるための努力をする≫



女の子は、いつだって自分だけを見つめてくれる王子さまに現れてほしいし、
あわよくばその王子さまが、
お金持ちで将来性のある、趣味の合う優しいイケメンならば…
なんて願うのは当然ですよね。

しかし現実には、あなたが何もしていないうちは、
王子さまはなかなか目の前に現れることはないですし、
周りが羨むようなハイスペック男子と恋に落ちる確率は高くないかも……

それでも夢を実現したいなら、
まずあなた自身が夢に近づくことが必要なんです。


あなたがもし毎日、朝早くに出社して、夕方早くに退社、
夕ご飯の買い物だけをして、まっすぐ家に帰る……
という省エネ生活を送っているのなら、
恋のときめきやチャンスはそうそう落ちていないでしょう。

反対に、日常の中にある出会いのチャンスに備えて、
毎日きちんとしたメイクとファッションで着飾っているならば、
その努力を披露できる場所を見つけなければ
もったいないと思いませんか?


「毎日、仕事で忙しくて出会う暇なんてない!」という人も、
毎日の中に眠る“出会いのチャンス”や“有効に使える時間”を探ってみましょう。

朝、ほんの1時間早起きして、仕事を早く切り上げたり、
夜遅い時間まで開いている、常連が集まるバーを発掘してみたり。

どうしても平日に時間が捻出できないなら、
休日は思い切ってサークルや交流会に参加するのもアリです!


何はともあれ、まずは行動ですよ!!
あなたが行動することで、行動範囲が変わり、人間関係が変わり、
そして…… 恋の相手が変わっていきますよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あなたの時間の使い方ここで見直してみましょう
恋に落ちる努力していきましょう



イヴルルド遙華




今日は海の日ですね~
海に行ってる方やお仕事の方や
みなさんいかがお過ごしですか??
さて、今回も黄金ルールについて
お話ししていきますね



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



≪結婚や出産報告を聞いたときの“焦り”が婚活開始サイン≫



年齢を重ねれば重ねるほど、
友達から聞くことがうれしいニュースがありますよね?

「私、結婚することになったの!」
「やっと赤ちゃんができたの!」

そうした知らせはいくつになってもうれしいし、
本当に仲のよい友人なら、感激のあまり涙することもあるでしょう。


だけど、手を叩いて喜ぶ気持ちと同時に
ひっそりと胸に湧き上がる思いはありませんか?


「やばい…ついにあの子も結婚したか。
あれ?同級生で結婚していない人、何人残ってたっけ…」


そう、“焦り”です!


一つ言っておきますが、
そうした“焦り”を感じたからといって、
後ろめたくなったり、意地になったりする必要はありません。

むしろ、「結婚リレーのアンカーを務めまーす!」なんて
自虐ネタを口にしているようなら黄色信号!!


実は、その“焦り”こそ、
脳と身体、特に女性にとって大切な部位である子宮が
婚活を始める時期を教えてくれているサインなんです。


女性には、肉体的に妊娠に適したタイミングがあるんです。
10代や20代前半の若いころ、
友人の結婚の知らせを聞いたとき、
同じような“焦り”を感じたかと言えば、
そうではないと思うんです。

年と共に“焦り”を感じ始めるのは、
「自分も子どもを産みたい!」という
子宮からのメッセージなんです。


そうした脳と身体が送っているメッセージを
強がって無視しているようなら、
まずは自分の気持ちに素直になること!

あなたが認めない限り“焦り”は
いつまでも“焦り”のままなんです!!

せっかくあなたの身体から結婚へのGOサインが
出ているのですから、走り出すタイミングは今ですよ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



“焦り”を強く感じているなら動くこと!
あなたが動かないと始まらないですよ!!



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ