今週はバレンタイン

今年のバレンタインは
どんな一日になるのでしょうか


さて、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪意外と役に立つ…!
 月と星の動きを知る»



紀元前に活躍した哲学者で、
天文学者であったタレス。

彼はあまりに貧しく、
周囲から「彼の知識はお金にならないもの、役に立たないもの」
とバカにされていました。

そこで彼は
一計を案じることにします。


星の動きから翌年には
オリーブが豊作になることを先読みし、
冬期にオリーブ絞り機を貸し切りました。

収穫時に大金を稼いで
見返すことに成功したのです。
(しかし、彼はお金に興味がなく
 すぐに元の暮らしに戻ったとか)。


このように、はるか昔の時代から、
人類は夜空からたくさんのことを学びました。

現代の学者をもってすら、
驚くべき正確な天文知識を取得していたのです。

医療が進んでいない頃、
人間の生死を分けたのは、
ほんの小さな心掛けや偶然だったのかも。

夜空に自分の運命を重ね想像したのは、
当然のように思えます。

「満月の前後は事故が多い」
「出産が増える」……
科学的には眉唾物の情報も
大昔から世界中で語り継がれてきています。

満ち欠けする月は女性に、
絶対的なパワーである太陽は
男性に例えられることがあります。


私自身、月と星の動きを頭に入れて過ごしますが、
うまくいかない日には、
「こんな月の動きだからな」と気を取り直したり、
「うっかりミスが増える時期だから気を付けよう」
と心を引き締めたりしています。

あえて、星のせいにして肩の力を抜いたり、
目に映る大きな月に感動して今日という日に感謝する。

嫌なこともいいことも
受け入れて明日へ繋いでいく。

ぜひあなたも疲れたとき、
夜空へ語り掛けてみてはどうでしょうか。


興味があれば、
月の満ち欠けや占星術などを
ひも解いてみるのもおススメですよ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



月・太陽・星……
不思議なパワーが私たちに
何らかの影響を与えているのでしょう



イヴルルド遙華





2月に入りました

新年を迎えてから
早いものでもう1ヵ月が立ちましたね


さて、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪今日の友が明日の敵に……
 あなたの言動は大丈夫?»



「ライバル」を「好敵手」と書くように、
ライバルは自分を成長させてくれる
大事な存在です。


植物も競うように並べて植えると、
上へ上へと背比べのように
成長することがあります。


もちろんそうやって、
お互いに高みを目指す、
ブラッシュアップできるよい刺激になるのが理想的ですが、
ひがまれたり妬まれたりする可能性もでてきます。


友達だと思っていた人が、
急に敵意をむき出しにしてきたりスルーしたり、
めんどくさいことになってしまうこともあります。


逆にあなたの言動が相手の逆鱗に触れてしまい、
ギクシャクしてしまうパターンもあるかもしれません。


特に、
仕事のやり方について不用意に口出しすると、
怒りの矛先はあなたに向いてしまうでしょう。


英語では他人からとやかく言われた時に返す言葉として、
「It's none of your business」(あなたの仕事ではない)
という言い回しが存在します。


頼まれてもいないのに、
いくら友達でも相手の仕事やプライベートに
首を突っ込むのは大きなお世話です。


やめたほうが賢明でしょう。


また聞かれてもいないのに、
自分の経験や、
相手の話に張り合うようなエピソードをかぶせるのも
大人げないものですよ。

自分の話を否定されたり、
台無しにされたりすると、
話す気力が失せてしまって当然。


最近、同僚や友人との会話が弾まない、
と心当たりがあれば、
自らせっせと敵を量産するような会話や行為をしていないか、
大至急、自分の話術を見直してみましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



お互い、高みを目指す
存在になるためにも、
自分の言動に改めて注意してみて



イヴルルド遙華




1月も今週で終わり

2019年になってから1ヵ月、
あっという間ですね


それでは、今回も
「仕事運をアップさせるために必要なこと」
のお話です



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



≪壁に耳あり障子に目あり
 会話の場所に気を付けて»



サービス業で多いクレームが、
「お客の少ない時間に、
 従業員同士がプライベートな会話に夢中になっていた」
なのだそう。


時にはお客の悪口を話していて
問題になることも。


聞こえていないようで聞こえているのが
人の会話なんです。


私もこんな経験が……。



以前、
あるトークショーが終わってトイレに並んでいたら、
聞きに来てくださった方から声をかけられて、
占い話で盛り上がりました……。


後日、
なんとその時偶然トイレに並んでいた別の女性から、
「話が興味深かったので、
 会話の途中で聞こえた名前をネットで検索して、
 お仕事の依頼をしました」
とオファーを受けたのです。


私の声が大きいとはいえ、
これは本当にびっくりしました。



偶然にもよい出会いに繫がりましたが、
「普段から、
 人前で話す内容には気を付けなくては」
と心に刻みました。


というのも、その少し前
都内のレストランで食事をしていた時のこと。


少し離れたテーブルには、
携帯電話を片手に大声で話す業界人風の男性。


食事をしながら耳に入ってきた内容は、
なんと人気タレントのプライベート情報!!


マネージャーのようで
話の内容も実に事細かでした。


お客が私たちしかいなかったので、
油断してかなりあけすけに話しており、
バッチリ耳に入ってきました。


半月後、
そのものズバリの内容が
ワイドショーで話題になり……、
「本当だったのね」とみんなで納得しました。



あなたもカフェでなんとなく
人の会話を拾い聞きしたことはありませんか?


仕事関係の内容であればなおさら、
どこで話すか場所を選ぶことを忘れないように!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



どこで誰が聞いているかわかりません

時と場所を選び、
自分の発言には注意しましょう



イヴルルド遙華

↑このページのトップへ