0LXeBBPsKX.jpg
子供の姿勢が気になる。

子供が勉強に取り組んでくれない。

腰痛があり、授業に集中出来ない。

こういったことで悩んでおられる親御様が実は多くおられます。

今回は症例報告になるのですが、お子様をお持ちの親御様の参考になればと思い、ブログを書いています。

是非最後まで読んでみてください。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6322.JPG
皆さんこんにちは。

普段から職業病が出てしまう経験ってありませんか?

例えば大工さんが自分の施工していない建物でもじっくり眺めていたり、車屋さんが街に走っている車をあれこれ解説していたり...

私にもそんな職業病があります。

それが〝歩き方〟や〝姿勢〟です。実はこの2つを観察するだけで、その人のクセや痛めやすい場所が手に取るように分かってしまいます。

見えてて気になるのが子供の姿勢です。

今回は何故子供の姿勢を整えなければいけないのかということと、当院で施術を受けておられる方の症例報告をさせて頂きたいと思います。

話の構成は
①何故、子供の姿勢を整える必要があるのか
②施術でここまで子供の姿勢を整えることが出来る
です。

それでは話を進めましょう。

①何故、子供の姿勢を整える必要があるのか
9z79Z3kRcz.jpg
姿勢は何故整えないといけないと思いますか?

"見た目が気になるから"でしょうか?実はこれだけの問題だけではないんです。

今、子供の学力低下が深刻化しています...

小学校では授業についてくることが出来ない児童が不登校となり、学級崩壊が起きる問題が後を絶ちません。

そんな中、勉強ではなく姿勢を改善することで学力向上につながる研究が文教大学の論文で発表されました。

研究では"姿勢を調整したグループ"と "何もしなかったグループ"を10回のテストで比較したそうです。

すると "姿勢を調整したグループ"の方が7回も成績が良かったという有意差がありました。

さらにランドセルのセイバンが500人の小学生のお子様がおられる親御様にアンケートを取ったところ...

お子さんの『姿勢が良い』と答えた方は7%しかおらず、91%の方がどこかのタイミングで姿勢改善を望んでおられ、98%の方が具体的な対策をとっておられないそうです。

このような問題があることを知り、この1年間は親御様のお悩みを解消するために中学生以下のお子様は無料で施術させていただきました。
(現在は通常の中学生以下の料金にて施術)

おかげ様で当院の5割近い患者様が中学生以下のお子様になり、子供の姿勢改善に尽力できたと思います。

しかし、恥ずかしい話ではありますが、利益を度外視して施術にあたり、多くを子供の姿勢改善の時間に使い、さらに勉強会に行く費用も重なり、大幅な赤字になってしまいました。

これからも少しやり方を変え、草の根レベルで姿勢の重要性を伝えていきたいと思っています。

それでは実際の姿勢改善の結果をみていきましょう。

②施術でここまで子供の姿勢を整えることが出来る
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2449.JPG
まずはこちらをご覧下さい。

スマホ首で悩まれていた方の施術になります。

全部で4回ほど施術をさせて頂きました。施術と同じくらい大切なのが"家での生活習慣"です。

会話の中や歪み方から見直した方が良い生活習慣を見つけ、アドバイスさせて頂いております。

4回の施術でしたが、首の角度も大きく変化していると思います。

親御様からも嬉しいお言葉を頂けましたので、こちらをご覧下さい⇩
3HN6ka7pQb.jpg
嬉しいお言葉ですね。ありがとうございます。

続いて
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7211.JPG
小学二年生のお子さんの姿勢改善です。

こちらは1回の施術での変化になります。

首から肩が体の前側に傾いていることが写真から分かりますよね。

このように"姿勢をみよう!"と思わなければ、なかなかお子さんの姿勢に気がつかないものなんですよね。

施術後は首と肩が正常な位置に戻っているのが分かって頂けると思います。

姿勢が良くなると生き生きして見えませんか?

現に心の問題で悩まれている方も姿勢の歪みから起こっている場合もあります。

心身相関と言いますが心の問題は姿勢にあらわれ、姿勢の問題は心と関係しています。

姿勢を変えるだけで変化していくのであれば治していきたいと思いませんか?

続いてのお子さんは別の角度からみていきましょう。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7208.JPG
こちらは小学四年生の1回施術した変化です。

後ろからみてみるとどうでしょうか?

beforeでは首が右斜め前に向いています。

体全身の歪みをみてみたところ、内臓の歪みがこのような姿勢を作っていました。

1人1人体は違いますので、内臓の歪みが原因の方もいれば、筋肉や関節の問題によって姿勢の歪みが出ていることもあります。

まずは
・どこが原因で歪みが作られているか
・どんな生活習慣が原因で起きているか
を見つけることが重要になります。

今回の症例報告は以上になります。

皆さんの参考になればと思います。

他にも姿勢改善の結果を写真で残し、患者様の許可を得た上でInstagramのハイライトの方に投稿しております⇩

参考にしてみて下さい。

このブログを見てから、もう一度お子さんの姿勢をチェックしてみて下さい。

横から見た時は
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5783.JPG
このように
・耳たぶ(耳垂)
・肩の骨が出ている部分(肩峰
・股関節の骨が出ている部分(大転子)
・膝の骨の裏側(膝蓋骨後面)
・外くるぶしの前側(腓骨外果前方)
が一直線にならなければいけません。

さらに普段の姿勢では
・勉強する時に背中が丸くなっている
・イスに座る時についつい背もたれにもたれてしまう
・地べたに座ると背中が丸くなる
など気付くことがあれば姿勢の歪みがあることが考えられます。

まずはご相談からでもお子さんの状態を聞かせて頂ければと思います⇩
子供達の明るい未来への道を作っていきましょう!



監修:樋口 亮太/柔道整復師



#子供の姿勢#姿勢#姿勢改善#高槻#整体

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5984.JPG
急に腰が痛くなった。

肩が挙がらなくなった。

このように急に痛みが出てきたり、動きが制限されることは辛く、どうしたら良いか分からないものです。

今回はそういった方の悩みを解決するためのブログになっております。

是非最後まで読んでみて下さい。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6322.JPG
皆さんこんにちは。

体に急な変化がある時は不安になったり、焦りますよね。

私は現在コンタクトレンズを着用しているのですが、つけ始めた時にコンタクトレンズがズレてしまった時は焦りました。

『あれ?眼球が痛い!え?コンタクトどこ!?』
『え?眼球の裏とかに入ってないよね?眼球の裏に入ってしまったら手術!?』

あれやこれやと考えていると不安はどんどん高まっていきました。

そんな時にはGoogleで調べてみたりするのですが、私がコンタクトレンズを購入した時は、そんな情報を書いておられる方がとても少なかったのを覚えています。

今でこそ情報社会になり、調べたら直ぐに出てきますよね。

そんなことがあったと考えると体の痛みや不調で困っておられる方は、きっと疑問に思っていたり、情報を探しているに違いない!

自分に出来る情報提供で人の役に立とう!と思えたものです。

今回は患者さんからもよく質問を受けます『冷やした方がいいの?温めた方がいいの?』について解説していきます。

話の構成は
①なぜ腰痛や肩の痛みは急にやってくるのか
②腰痛や肩の痛みが出たら冷やした方がいい?温めた方がいい?
③患部を冷やす方法と温める方法
です。

それでは話を進めますね。

①なぜ腰痛や肩の痛みは急にやってくるのか
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7258.JPG
急にやってくる痛み。

肩の痛み、腰痛...

痛みが出る時は、仕事や日常生活に支障が出てしまったり、早く治したいと思うようになりますよね。

しかし痛みというのは突然訪れるものではなく(打撲、骨折、脱臼を除く)、歪みの蓄積の結果あらわれてくるものなんです。

分かりやすいように痛みを水とコップで説明します。

コップ=体
水=歪み

と思って下さい。

日常生活では日々、体にストレスがかかることによって骨や筋肉などの歪みが発生します。
・体重増加
・食事による栄養面
・姿勢
・座り方
などなど...

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6436.PNG
これがコップ(体)の中に

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6437.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6438.PNG
水(歪み)が蓄積されている状態です。

もちろん人間には"自然治癒力"(しぜんちゆりょく)という自分の体を修復する力が存在します。

しかし歪みの蓄積の方が自然治癒力よりも高い場合
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6439.PNG
水(歪み)がこぼれてしまいます。

このこぼれてしまった水(歪み)が"痛み"という訳です。

私がよくブログにしている根本的な解決とは、このこぼれてしまった水を拭き取ることだけではなく、コップに溜まってしまった水を少なくしていきましょう!ということです。

このコップの中の水を少なくするためには
・日頃のメンテナンス
・姿勢の見直し
・食生活の見直し
・運動の習慣を作る
・ストレッチの習慣を作る
などと日常生活を変えることによって、繰り返し起こる痛みを改善することができます。

とは言っても、まずは突然起きた痛みをどうにかしたいですよね。

②腰痛や肩の痛みが出たら冷やした方がいい?温めた方がいい?
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5984.JPG
ここで話す内容は、いつの時代も賛否両論別れてしまう内容です。

この文献ではこう言っている。
こちらの文献ではこう言っている。

いつまで経っても終わりがない戦いのようなものなのですが、今回は痛めてしまった方が、なるべくリスクを負わない方法をお伝えします。

まずは
・何も動かさないで痛みがある場合
・動かすことによって痛みがある場合

ここを考えてみましょう。


・何も動かさないで痛みがある場合

は患部に熱を持っている可能性が高いです。

この場合は熱が出ていることによって痛みが出ていることが多いので、患部の痛みを和らげる目的で冷やすようにしましょう。

冷やす方法については
③患部を冷やす方法と温める方法
にて解説します。


次に
動かすことによって痛みがある場合

これは患部に熱を持っている可能性が少ないと言えます。

こちらは痛みの種類によって冷やすか、温めるかを選択するのが良いと思います。

次に
・冷やした方がいいもの
・温めた方がいいもの
を分けて解説しますね。


冷やした方がいいもの
とは

1.炎症・熱感反応
患部を触り、左右ある部位に関しては左右差で比べてみて患部の方が熱がある場合。

2.急性症状
足をグネったり、患部をぶつけた、ぶつけられたなどによる怪我。
これには中で炎症が起きていることが多いため冷やす方が無難です。

3.ズキズキした痛み
冷やすことは鎮痛(ちんつう)作用もあるため、ズキズキした痛みを抑える為にも有効です。

以上3つの場合は冷やした方が良いでしょう!

これらの項目は患部を温めて、中の炎症を出し切る方が良いとされる文献もありますが、痛みがきつくなることがあるというリスクもあるため、冷やす方が無難です。

痛めた本人としても判断しやすい内容と思います。


次に
温めた方がいいものとは

1.鈍痛(どんつう)
腰が重い、だるい、鈍(にぶ)い痛みがある場合は温めて血流を良くする方が良いでしょう。

2.痺れる
一般的に痺れるというのは神経が作用してると思われがちですが、血管性のものもあります。

患部を温めることによって、血流を良くすることで改善する場合があります。

以上2項目ですが、多くの症状は温めることによって改善することが多いです。

それでは冷やす方法と温める方法をお伝えしますね。

③患部を冷やす方法と温める方法
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5367.JPG
患部を冷やす方法と温める方法は、よく間違えやすいので、何故かを解説しながら説明しますね。


・患部を冷やす方法

患部を冷やす時に冷湿布などを使う方が多くおられると思います。

もちろん患部に熱を持っている場合に冷湿布を使うことによって痛みが軽減することもあると思います。

しかし一般的な冷湿布では、冷やす力が弱いため、熱がそこまで引かないことがあります。

患部を冷やして痛みを緩和するためには
氷と水が必要です。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6905.JPG
このように氷嚢(ひょうのう)があればベストですが、なければポリ袋を使用します。

ポリ袋の中に氷と少量の水を入れて下さい。

この少量の水が大切なのですが、氷だけだと患部が凍傷(とうしょう)を起こしてしまうことがあります。

0度以下にしないようにするためにも少量の水を入れるようにしましょう。

そして患部に当てて10分〜15分安静にします。(長時間当てないように気をつけて下さい)

患部に当ててしばらくすると、痛みを感じにくくなっているのが分かって頂けると思います。

患部に熱を持っている時やズキズキとした痛みがある場合は、このように冷やすようにしてみてください。


・患部を温める方法

患部を温める時に温湿布やカイロを使われる方が少なくありません。

しかし、温湿布やカイロでは皮膚の表面までしか熱が通らず、体の芯までは温めることが難しいです。

ここでは温める方法を2つお伝えします。

まずは1つ目は
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6906.PNG
ゆっくり湯船に浸かることです。

体の芯から温もるためには10分〜15分は入る必要があります。

なので暑すぎる温度に設定すると、じっくり湯船に入ることが出来ないので、じっくり10分〜15分浸かっておける温度に設定するようにしましょう。

でも湯船に浸かるのはお風呂に入る時だけですよね。

そんな時には2つ目の
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7259.JPG
ホットタオルがオススメです。

用意するのは風呂桶とハンドタオルです。

まずは風呂桶に、ぬるめのお湯を張ります。
(50℃〜60℃が目安)

この時にリラックス効果のあるアロマオイルを少量入れるのもオススメです。

ハンドタオルをぬるめのお湯に浸らせ、絞ります。

そして患部に10分〜15分ほどタオルを当てて安静にします。

温めていると、じっくり体の芯まで温まっていくのが分かって頂けると思います。
これらの方法を試して頂くと、痛みが強くなるリスクを負うことなく、痛みを早期に改善出来ると思います。

最初にも話しましたが、日常生活の習慣によって歪みが蓄積されていきますので、日常生活の見直しも考えてみてください。

作られた歪みは当院の整体で解消出来ますので、体の歪みが気になる方のお役に立てると思います。

その際はこちらからご相談下さい⇩

監修:樋口亮太/柔道整復師


#腰が痛い #肩が痛い #急な痛み #温める #冷やす #痛めた場合の対処法

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7073.JPG
なかなか夜眠れない!
夜中に何回も目が覚めてしまう!
朝起きても体がスッキリしない!

こういった悩みを持っておられる方も少なくないのではないでしょうか?

しっかり眠れないと次の日まで疲労が残って辛いですよね。

今回はこういった悩みを解決するためのブログとなっております。

是非、最後まで読んでみてください。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6322.JPG
皆さんこんにちは。

皆さんはどんな時に幸せを感じますか?

私は1日の仕事を思いっきり頑張って、“寝る時”に幸せを感じます。

睡眠の時間は1人1人違うと思うのですが、1日24時間のうち、8時間が睡眠の時間と考えた場合に、1日の3分の1が睡眠の時間という計算になります。

そんなに睡眠の時間ってあったんですね。

それだけ長く睡眠の時間があるということは、それだけ体にとって大切なことだからですよね。

ではこの大切な時間を効率よく使えているでしょうか?

夜眠れない・眠りが浅い・疲れやすいという方は睡眠の質が低下してしまっていることが考えられます。

今回はそんな悩みを一緒に解決していきます。

話の構成はこちら
①睡眠の質ってなに?
②日常の取り組みで睡眠の質を上げる方法とは
③ぐっすり眠れるようになるためのエクササイズ
です。

それでは話を進めましょう。

①睡眠の質ってなに?
jlXVTKCQOh.jpg睡眠は量よりも質と言われますが、睡眠の質というのはどういうものを指すと思いますか?

睡眠の質はどれだけ深く眠れるかがポイントになります。

深く眠れることによって体が回復し、朝起きた時のスッキリ感に影響します。

まずは睡眠のリズムから知る必要があります。

レム睡眠=浅い睡眠

ノンレム睡眠=深い睡眠

このレム睡眠とノンレム睡眠は90分サイクルで交互に働いていると言われています。
0NC03uYdGc.jpg

深い睡眠というのは質の高いノンレム睡眠が出来ているということになります。

中でも1番大切なのが入眠導入時の深さ
です。

90分サイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているため、最初に深く眠りにつけると、後のサイクルでも質の高い睡眠が出来るということです。

それではどのように睡眠の質を高めることが出来るのでしょうか。

②日常の取り組みで睡眠の質を上げる方法とは
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7074.JPG
それでは日常生活の中で気をつけること、睡眠の質を高める方法を紹介します。


1.寝る前90分前にお風呂から上がるようにする
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6906.PNG

寝る前に体温を上げておくことは重要ですが、科学的には寝る90分前に体温が上がってる状態が理想と言われています。

そしてお風呂上がりにストレッチをすることによってさらに血流を良くするようにしましょう。

実は身体を温めて血流を良くすることによってリラックスする神経が働き、眠りやすくなります。

そして2つ目は


2.夜に電子機器をあまり触らないようにする

電子機器は微量でも電磁波を発しています。

それが先程のリラックスする神経とは反対に身体を活動的にしてしまう神経が働きやすくなります。

この活動的になる神経が睡眠の質を低下させると言われていますが、特に暗い部屋でスマホやパソコンを眺めることで身体が休まりたいのか、活動的になりたいのか、体が混乱してしまいます。

なるべく日中の間にパソコンやスマホで出来る仕事や作業を終えて、夜はリラックスする時間を作るようにしましょう。

寝る前のオススメはホットアイマスクです。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6408.JPG

特に目の奥にはリラックスする神経がありますので、疲れた目を癒し、体をリラックスモードに切り替えることが出来ますよ。

そして3つ目は


3.夜にルイボスティーを飲む
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5374.JPG

これはTVでも紹介されていたことです。

ルイボスティーには"マグネシウム"という成分が入っております。

このマグネシウムには神経の興奮を抑える役割があります。

さらにカフェインが入っておりませんので安眠ティーとしても認められています。

当院の患者さんでも、ずっと不眠だった方が施術と合わせてルイボスティーを寝る前に飲み始めてからよく眠れるようになりました。

以上3つのことを意識して試してみてください。

動画でも睡眠の質を高めるために出来ることを詳しく解説しております。

参考にしてみてください⇩

③ぐっすり眠れるようになるためのエクササイズ
LZaiLBAMOJ.jpg
エクササイズやストレッチは動画の方が分かりやすいと思いましたので動画を作成しました。

こちらをご覧下さい⇩

皆さんの参考になればと思います。

これらを試しても睡眠の質が改善しない場合は体の歪みが原因となっている場合があります。

その際は当院がお役に立てると思いますので、是非ご相談下さい。

監修:樋口亮太/柔道整復師


#眠れない #眠りが浅い #睡眠不足 #ストレッチ

↑このページのトップへ