月別アーカイブ / 2018年08月

みんな夏休み後半戦楽しんでますか?

今年は酷暑だったり

立て続けに台風が来たり

突然訪れた束の間の秋とか

色んな事があったね!

いよいよ来週の

29(水) 30(木)に Awakeは7周年を迎えます!

本当にみんなのお陰だと思います

何回も転んでボロボロになって

暗闇の中を彷徨った夜もあった

好きな事を続ける事は

こんなにも苦しくて大変なんだ

と泣いた夜

でもね

自然と

歩みを止めよう

ここで終わりにしよう

そうは思わなかった

どんなに険しい道も

高い壁も越えていこう

そう思えた

もちろん今も

これからも

僕達を何がそこまで突き動かすのか?

それは他でもない

君達一人一人の笑顔や声

僕達を応援してくれるその気持ちに応えたい

その一心です

バンドを続けて来て1番の幸せはなんでしょう?

迷わずこう答える

君達に出会えた事だ

感謝しても感謝しきれない程

君達一人一人の事を愛しています

日々殆どの人が

すれ違っては通り過ぎて行く

そんな世界で

たった一回の人生の中で

みんなに出会えた事

それが

宝物なんじゃないかな

今年のワンマンは5月頃からこっそりと長い時間をかけて

準備してきました

こっそりやらないとみんなにバレちゃうかなーって

楽しい事があるとすぐ話したくなっちゃうからね(笑)

今回はお口チャックで♪(´ε` )

当日のお楽しみにしようと思います

29日

MyRzo3DOHu.jpg

30日

UnkOriu9wp.jpg

両日とも是非遊びに来て下さい!

初めて Awakeを見る人も必ず楽しませてみせる!

待ってるよ👍🔥


皆さん こんにちは

Eru.です

毎朝

今日から肉体改造だ!

と誓うのに

気付いたら

カフェでココアラテを注文している

豚野郎である…😭

良し!絶対今日から!

そう今朝も誓ってスタジオへ向かう

そして

頼んだのがこれ(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8083.JPG

Nooooooo😵

ココアラテ

結局かよ😭

甘いものって中々辞められないよねー

悲しい🙄

ところで

夏と言えば

怪談話とか恐怖映像とか

昔良くやってたでしょ?

最近少なくなっちゃったのかな?

あんまり見てない気がする

怖いの嫌いだけど

やっぱり夏は見たくなるんだよなー(笑)

本当にあった呪いのビデオ

プリズンブレイク並みにシリーズがある

怖いビデオシリーズなんだけど

昔よーく借りて観てたなぁ

最初借りた時から

本当にあった呪いの「ビデオ」では無かったけどね

呪いのDVD or Blu-ray ?(笑)

見過ぎでだいたい

ここで来る!

ってのが解ってきてね

おばけも大変だなーって思いながら見てたな

きのツイッターにこんな書き込みがあった

幽霊なんて居るわけないよ
何故わざわざ廃墟や暗闇を選ぶの?
自分が幽霊だったらどう?
間違いなく女風呂に居るだろう?

みたいな…

あまりの正論さに

何も言えなかった(笑)

確かに幽霊は何故暗闇や廃墟にいるというイメージがつきがちなのだろう?

それは生きている人間の先入観に他ならないのかも知れないね

確かに心霊写真で

幽霊が尻出したり、ち◯ち◯出してる

写真ないもんね

俺なら100%出すな(笑)

んー

しかし

世の中

確かな事ばかりじゃない

目には見えない不思議な事が沢山あるから

毎日ワクワクして生きていけるのかもしれませんな

まだまだ暑い夏は続きますが

楽しんでね

Eru.








お疲れー🤟🔥

全然ブログ書いてなかったね!

ごめん( ̄▽ ̄)

8月もあっという間に中盤!夏休みもそろそろ折り返しかな?

最近よくナオツ。とか勇輝と出会った頃の事を思い出すんだ

ナオツ。とは最初ライブハウスでリハーサルの入れ替えで初めて挨拶したんだよ

当時は柄 柄 柄 髪の毛 赤! 靴柄! 靴下柄!

巨人!

って感じだった(笑)

しばらくしてある日いきなりAmeba blogからメッセージが来たんだよ

「キョウノミニイキマセンカ?」

って(笑)

世界観はんぱねーなーって思ったけど

駅まで迎えに来てくれて

馬鹿みたいに酔っ払って

新宿の銀のベンチに朝まで2人で寝てたっけなー(笑)

それからもう7年(笑)早いよね。

たまに喧嘩もするけど

7年間変わらず大切な人です。

勇輝はね、高田馬場エリアでナンパしたんだよ(笑)

ライブ見て

顔好きー  

ドラム上手い!

ってなって

追いかけ回して

遂に新宿の喫茶店で2人でお茶する事になって

緊張したなぁ(笑)

可愛い顔だけどね

以外に男らしい一面もあって

助けて貰ってばかりの

7年間だった

人生って不思議

通り過ぎて行く人が殆どなのに

たまに血より濃い繋がりが生まれたりする

運命なんて僕は信じないタイプだ

でも運命なんじゃないか?

そう思わざるをえない

大切な出会いが

このバンドでは沢山あった

きっとこれからも

みんな毎日色々な事があるけれど

一つ一つ

きっと運命

楽しんで行こう






↑このページのトップへ