月別アーカイブ / 2018年04月

レコーディングが終了したのがはるか前な気がしてやまない。幾億の時を重ねてーってよく言うじゃない?まさにそれよ。
やはり今は一家に一枚の奇跡、5月5日のなかのZERO大ホールワンマンより先行発売「5次元よりの使者」を聞いて夜な夜な外を徘徊したりしている訳だ。早くお前たちに届けたいなぁと思いつつ。







そんな中、久しぶりに聞きましたえんそく前回の軌跡、「悪童に死す」。それに収録されている「犬死にマクマーフィー」。これがくそ名曲だった。なんだこれ。聞き終えた瞬間襲ってきたのは例えようのない感動だった。まさに映画一本見終わったあとのような感覚だ。曲がフェードアウトしていくと共に夜空を見上げる。すると夜空には満天の星空があった。俺も夜のハイウェイに助けられたい。








ちなみにこの曲の一番の聞き所は、3:24のキメのブラッシングだ。ここはこだわった。ハーモニクスとブラッシングの間の音、これがなかなかムズいが、おかげさまで切なさ倍増。
あとピアノがやべえ。フレーズが変わるのがニクい。
当時のレコーディングで、この曲のおかげさまで、あれ、俺アルペジオ下手じゃねー?って思わされた。たまにあるんだよな、出来てたことが出来なくなるとき。スランプってやつだ。あともうちょっとってところでつまずいたり、弾く順番間違えたり、とにかく一生リテイクしてたなぁと染々思う。
この音源持ってるみなさん、いろんな想いを共にもう一度聞き、持ってないみなさん、必聴の価値あり。








さてそんなクラオカユウスケメンバーですが、クラオカ昆虫オンパレードが開幕したのでチェックしよう。













おうそうだ。こんな一面もあるってこった。笑ってんじゃねー。おい、いいぜ。虫が人間化したらこうなるだろう。
さすが他のモデルさんはモデルらしい出で立ちで。勉強させてもらいました。決め手は足だ。この勉強はいろいろ役に立ちそうです。SEXPOT先生、おかげさまでカッコよくなれました。か?俺の新しい一頁を作ってくれてありがとうございます。もう俺専属ですか?どうですか?笑
愛する全国セクポユーザーたちよ、セクポ関係者のみなさん、5月5日、なかのZERO大ホールワンマンにぜひお越しください。俺の別の一面、そして愛の形、体感しに来ませんかね?セクポを身に包みながらのお越しを心からお待ちしてます!







  •  中野ZERO大ホール

特異点0~Moment&Forever~


[OPEN] 17:00 [START] 17:55
[前売]¥2,000 (A席)[当日]¥2,500 (税込)
※[前売]寺子屋先行チケット(S席)¥5,500 (税込)


【出演】
えんそく



■一般発売日 12月24日(土)A1~
・e+
・ローソンチケット
・チケットぴあ
・CNプレイガイド

※入場順
並び順

【主催/企画/制作】寺子屋
【協力】DISK GARAGE








カミングスーン

俺は染々と思う。













染々と思う。トイレは気にならんけどあの俺の顔は染々がすぎると。構わないよ。







俺の涙腺を爆発させる文章力を体感せよ。








素敵な後輩を持てたことを誇りに思う。
ありがとう。TAKA。








カミングスーン

こうして今、東京にて思い起こすことばかり。全国各地を回った俺たち寺子屋一行。そして先日、寺子屋ツアー最後の地、北海道2DAYSを経て俺たちは咲き乱れたのだった。
そのファイナルの地、北海道での記憶を呼び覚ましてみよう。







俺たちはフェリーと言う乗り物に乗り、いざ北海道へと向かった。どうしてフェリーと言う乗り物は人をこうも駆り立てるんだろうか。







BeautyPlus_20180419195459724_save.jpg







ひゃっはー!







その後この男はいったいどうなったのか。男は背後に飛び、普通に甲板を歩き去っていった。これが俗に言う逆ダイブだそうだ。おいたわしや、おいたわしや。
みんなすぐに他人の不利をするよ
       未来航路より by TAKA






BeautyPlus_20180419195333490_save.jpg








世界一甲板が似合う男、まこっちゃん。そしてその後ろに伸びる手、誰のだ!顔が柱にかかってわかりません!どうやら流れ星につかまりたいらしい。シャイヤイヤ








フェリーでは宴だった。宴に次ぐ宴だった。宴ゆえに、なんか知らんがぬいぐるみをゲットした。ここだけの話、俺はUFOキャッチングのプロである。なのでそこにいた小野寺くんにあげたのだった。






いざ北海道でのフェス、待たせたな北海道。久しぶりの道、それも仲間たちと共に来れた道、もうそれはやってやるしかないわけでして。
と言うわけでどうでしたか北海道。俺は想いってやつを込めまくってやった。それはいろんな想いがある。まずえんそくはついにここ北海道でワンマンを行うことが決定している。そのワンマンに向け、そして道民たちにえんそくと言うものをたくさん知ってもらいたい。そして北海道を愛していると言う想いも込めて込めて。その想いが届いたぜと言わんばかりの熱い応え。どうもありがとう。






そして俺にとってはもうひとつかけがえのないフェスであった。
俺の救いであり、兄弟たち。スワンたちとの最後のフェスだ。









込み上げてくる想い、感謝、尊敬の念を込めた。俺の魂を込め、文字通り、全身全霊であいつらを受け止めるフェスを届けたつもりだ。この世には永遠なんてない。だからその一瞬一瞬をどれだけ大切に生きなければならないのか、あいつらは俺に思い出させてくれた。でもな、この限りある時の中で、俺が生きている限りは、お前たちは俺の中で永遠に輝き生き続ける。それは永遠と言ってもいいのかもしれないね。もちろん俺にとってもだし、お客さんにとってもだろうよ。
スワンよ、ありがとう。いい薬です。







20180420_163537.jpg








お前たちの愛、ひしひしと感じている。なんだRENAの横にいる糸こんにゃくみてーなやつは。どうも、糸こんにゃくです。グニャリ。あと糸こんにゃくの後ろに写ってるやつ怖ぇよ!







BeautyPlus_20180422171813203_save.jpg







本当にお前は弟みたいに思ったよ。お前たちがいてくれて、本当に楽しいツアーだった。
俺はこの思い出をずっと大切に思うよ。樹よ、ありがとうな。








5月1日、お前たちの全てをぶつけてきな。







全国各地で行ってきた寺子屋ツアー、それはもう素晴らしいものとなった。それはもう素晴らしいものとなった。
全国のみなさん、何のために各地を回ったか。正直に言おう。えんそく5月5日に行われる奇跡、なかのZERO大ホールワンマンにお越しいただきたい所存のためである!2000円です!早い!安い!うまい!それに、悔しいくらいに便利です!
そしてこのワンマンに俺は命をかけている。全国のお前たち、俺たちと共に、命を燃やさないか?全国のみなさん、中野に大集合スペシャルオブザ祭!!







つまるところ、寺子屋ツアー、ばんざーい。ばん、ざーーーーい。ばん、ざーーーーい。
             by ロン毛








カミングスーン

↑このページのトップへ