月別アーカイブ / 2017年09月

学校、お前たちにとっての学校とはどんなものであったのか?学校とはいろんなインスピレーションを受ける場であるな。
お前たち、恩師はいるか?俺はいる。
凡庸な教師は教える。いい教師は説明する。
優秀な教師は例を示す。偉大な教師はインスピレーションを与える。俺もそう思う。








月曜から土曜までお届けした「学校へ行こう」、お前たち、インスピレーションを受けたかい?
毎回いろんな形で行ったこのイベント、まさに授業のようだった。総合学科ってやつだ。俺の母校、七戸高校もそれだ。
本当に毎日、学校のようであったな。それに尽きるな。
月曜、学校のスタート。お馴染みの顔を合わせたり、仲のいいやつ、そして転校生的なやつもいたりした始まりであった。
火曜、これは部活の様なテンションであった。お笑い同好会みたいやつから軽音、アイドルやらと部活なノリだった。2日目から濃厚だった。
水曜、他の学校のやつらが対外試合をしにやってきたみたいな感じかね。riceさんは始めての対バンだった。えんそくの赤坂BLITZ講演を宣伝してくれた。なんていい先輩なんでしょう。ベンジャミン先輩もだ。ありがたい。みんな10月13日来てくれるらしいよ。たぶんな!
木曜、やつらが来日した。一人逮捕されたやつがいるが、新しいメンバーも入って日本語もみんなちょっとうまくなってたね。さーし兄ちゃんやユータくんも来てくれて楽しいあれでしたね。
金曜、寺子屋のやつらが大集合したね。やはり全員愛すべきやつだね。最近気付いたが、マイナスは俺の救いだし、スワンスワンは話し相手になってくれるし、乙女国家はZだし、本当に愛すべきやつらだよ。
土曜、最終日、ガチャロッカ先生との2マン。素晴らしい2マンだったと心から言える。JUNさんはこっちがわの人間でした。そして十夜さんはやたらと面が良い。十夜さんとはいいセッションをお届けできましたね。
そして









BeautyPlus_20170926022058_save.jpg








御樹威さんと御一緒させて頂きましたよ。
奇しくも目をつぶってしまいましてあぁ悲しき。クラオカ、また来世で会おう。
そんな御樹威さんには昔からお世話になっていました。その歌声に。いざ会ってみるととても気さくな方でした。そしてうちのブルーハーツを御樹威さんが歌ったのだ。あぁ、こんなブルーハーツがあるのか。と歌い手によって本当に世界観って変わるのさ。いいブルーハーツでした。ありがとうございました。ガチャロッカ先生とはまた是非ともよろしくお願いしたいですね。みなさんも楽しんでくれたでしょうか?所見の人たちよ、えんそく赤坂BLITZよろしくね!










さてそんな学校へ行こう、いろんなインスピレーションを受け、そして与え、こうして終わりを告げました。素晴らしい一週間だった。全生徒たちにもお礼を言いたい。最高の学校生活、ありがとう。いい薬です。







お前たちよ、今後とも俺たちは嵐を呼ぶぜ。目を離すな。









カミングスーン

今日はバイリンガルな学校になりそうだね?









ちょっと気になることがあるのでチェックしてみましょうか。

















ほう?TAKAも言うようになったな?これはBONEに入りたいと言うのは本当だったようだな?気持ちが表れが出てるなおい。TAKAを入れた暁にはあいつは絶対に水色スターダストで決まりだな!









さて、今日はバイリンガルな学校になりそうだね?これさっきも言ったね?









カミングスーン

昨晩は学校へ行こうスペシャルと言うことでスペシャルなやつらが出演したらしい。









その名も








「BONE」









さぞ骨抜きにされたことだろう。










それはふくよかなやつらが世の中に捨て散らかした骨の化身、いや化身って言葉では言い表せない。
この骨たちはこの世への未練やら恨みやらがあるわけでもない。骨の大切さ、そしてありがたさ、そしてカップヌードルを知らしめたいのか、なんなのか。その化身らしきものとなり、限られた時間の中でどうお前たちを骨にしていくというのか、なんなのか。ちょっとわかりません。









これからもこの骨たちには刮目せざるを得ないな。









BeautyPlus_20170920131637_save.jpg








昨日は戦場必殺カメラマンTAKAが仕事しに来ていた。


















相変わらずこいつはいい仕事をするな。さすが戦場必殺カメラマン。あとで骨抜きにしてやろう。








次回のこいつらがまたいつお前たちの骨を抜きに来るのか、覚悟して続報を待ちな。









カミングスーン

↑このページのトップへ