月別アーカイブ / 2014年05月

やぁ、爆誕した男、湯島ことクラオカユウスケです。最近最愛の相方のjoeさんは俺のことを湯島さんと呼びます。いや、誰っすか?クラオカです。てかゆしか合ってませんから。







さて、なんだかんだ言っておりますけども、我らえんそくまた新しい伝説の幕開け秋ツアーの先行郵便振替が開始されたぜ!ギャー!

そして、それに従いまして、あの感動再び!東北行きのバスツアー再来!!ギャアー!!うれしみー!!

また最低施行人数とかもあるみたいですので、よろしく頼むよ!







さっそくいってみましょう。バスツアーの時間割だ。







9月26日(金) 9:30頃 新宿駅発 a 16:00頃 古川駅 周辺着 A


9月27日(土) 11:00頃 古川駅 周辺発 b 16:00頃 七戸町イベント広場着 B 22:00頃 七戸町イベント広場発 c 2:00頃 古川駅 周辺着 C


9月28日(日) 16:00頃 古川駅 周辺発 d 17:00頃 仙台駅 周辺着 D 23:00頃 仙台駅 周辺発 e


9月29日(月) 4:00頃 新宿駅 着 E








おいおい、これは完全になにかあるな?9月28日よ。








グループと料金です。






1班:a~E 新宿~古川~青森~古川~仙台~新宿 25000円

2班:a~C 新宿~古川~青森~古川 20000円

3班:b~E 古川~青森~古川~仙台~新宿 20000円

4班:b~C 古川~青森~古川 15000円

5班:c~E 青森~古川~仙台~新宿 20000円

6班:c~D 青森~古川~仙台 15000円








となっております。今回は1班でご利用のお客様で30人が最低施行人数となっております。そして定員を超えたら抽選になります、よろしくどうぞ!そして抽選の場合は1班が優先されてしまうのでその辺もよろしくどうぞ!








御予約に関しまして

1お名前 2ご住所 3電話番号 4東北行きえんそくバス1班~6班のいずれか1班 1~5を記入漏れの無いよう、6月1日~6月14日までにticket @ terakoya .vc までお送り下さい!

振込自体は7月下旬から8月上旬になる予定です!



注意事項 ※

お一人様各1班、ご本人様のみのお申込みとさせていただきます。

※予約後のキャンセルは極力控えて下さい。お願いします。どうしてもの場合は仕方ないですが極力控えて下さい。お願いします。








さぁこうして伝説へのいろいろが解禁したわけですが、みなさん、今回のこの爆秋ツアー、とんでもないこと請け合い。みなさんこぞって参加しよう。伝説をその目で、体で、体験しよう!

またこのことに関しましては、近いうちにえんそくハイパーHPの方で詳細を載せますので、引き続きよろしくお願いします!







それではみなさんこんにちは!








カミングスーン





生まれたよ。ユッチャンクオケッツことクラオカユウスケ、俺は今日5月31日と言う日に生まれたよ。爆誕。

俺はこの世に生を受けて、今こうして音楽をやっているわけです。そしてえんそくと言うバンドに入り、園長に出会い、寺子屋に入り、そして数々の出会い、経験を経て、そしてお前さんたちと共有している。何か少しでも違う選択をしていたらば、今とは全然違う人生を歩んでいたことだろう。それもまた一つ。俺は本当にすべての出会いに感謝している。最高の人生を歩んでいる真っ最中だとはっきり言える。みなさん、ありがとうありがとう。一人一人に感謝の言葉を伝えたい。みなさんがいるから今の俺がいます。そして、俺と言う存在がこれからもみなさんの糧になれれば本当にこれ幸いです。そんなことを思う爆誕日であるます。

これからも俺は、俺たちえんそくは、伝説を、奇跡を作り続けていきたいと思ってます。全ての生きとし生けるものに感謝、そして全ての出会いに感謝し、これからも突き進んでいく所存であります故、みなさんよ、ぜひともついてきてくれ。また一つ年を重ねた俺と、どこまでも行こう。








みなさん、今日はよろしく頼むよ!俺の爆誕を、祝い散らかしてくれい!ウッドウッドウッドワーーーーー!!どこまでも行こう、駆け抜けろ青春。










20140531_162553.jpg









いや、生まれたことに感謝。そして、今こうしていることに感謝。ありがとう。いい薬です。

今後とも俺の俺たちの活躍に括目せよ!迷わずに行こう。行けばわかるさ!ひゃひゃひゃ









カミングスーン













もう俺は大人です。大人になって目を回して、しかも前にずっこけるとは夢にも思わなかったですね、くわばら。回転ヘドバン、joeさんが一番華麗に出来ていました。他の連中と言えば誰も向いていませんでした。くわばら。しかし、いずれはみなさんの前に顔を出す日がくるかもしれませんよ。ないか!ブッシュ







なぁ、ライブがないっつーのはとてもさみしいもんです。この気持ちどこにぶつければいいのか?







さて、そんなときはお待ちかね。伝説「惡道のススメ」の解説と言うか感想と言うかいろいろ物申す!

「GO!GO!こんにちは!」のお時間です。







まずはこれ!「ここで会ったが百年目!!」、「ここは一先ず退散だ!!」から行ってみましょう。








この曲は出囃子にぴったりのソングです。もちろんライブでも使われてますね。この曲がなり始めると、これからえんそくのスーパーフェスが始まるんだという期待、そして高揚につながっていきますね。

この曲は私クラオカが作曲をしたわけですが、まずはメインメロを取る楽器はなにか?やはりここは楽団的に攻めたいと思い、ピアニカをチョイスしたのだ。ナイスチョイスだと思わないかい?

ピアニカを弾くのは小学校以来か?はたまたもっと前か?あのチューブをくわえた途端、あのころに帰りました。

さていざ吹かんと息巻いて吹いてみるとだ、あれ?おかしいな、全くもっていいメロディーが弾けない。どないしよう。俺はピアニカに負けてしまうのか?音楽人クラオカとして、それだけは堪忍して。やばいやばいと思っているともっとドツボにハマるもんですね。

いや待て、俺はすでにピアニカに負けているんではないか?なにピアニカをかっこつけて吹こうとしているのか?小学校以来のこの楽器、吹きこなそうとしている俺が、もうすでにピアニカに負けていたことに気付いた。そして俺は立った。立ってピアニカを構え、そして踊った。踊りながら吹いてみた。

それでできたメロディーがこの曲となっております。野生。俺の中の野生がこのメロディーを生んだのだ。ああ、音楽って素晴らしいなと思いました。








そしてこの曲はメンバーそれぞれがいろんな楽器にトライしました。まずメインで聞こえてくるピアニカが野生クラオカ。そして左側でチンチンチンとなっている鉄琴、そして口笛がトンチク。てかそもそも論音階楽器がそれしかないってのもすごい話ですね。右側でなっているパッションでしかないハーモニカ、これは音階とかではありません。ニュアンスです。ニュアンスの塊を演奏したのがミドリーダー。そして聴きどころは「ここは一先ず退散だ!!」のドンケツに入っているヒューッ…って言う人間の音だ。人間からあんな音が出るとは、まだまだこれはNASAとかも発見できてないんじゃなかろうか?これは採用でしょう!すごい!

そしていろんなマラカスなどのカシャカシャ音がjoeさんだ。4つくらいの楽器を一気に演奏したのだ。その時の光景を見せたかったもんだ。ドタバタ劇。そして稔さんだ!すげーだろ。

意外と大変でしたよこれ。しかし、こんな出囃子をできるのも俺たちのパワーの一つです。それをかみしめて、CDをヘビーループ、そして1本1本のライブをかみしめてほしいものです!








さて、みんなもメンバーと同じ楽器を手に取り、演奏してみよう!さすれば野生の仲間入り!ウッドウッドウッドワーーーー!!








それではまた次回に








カミングスーン







↑このページのトップへ