月別アーカイブ / 2011年05月

2マンお疲れ様でした。ちゃんと2マンの話をしようと思います。ぶうです。


まずは先ほど勢いオンリーで、「読み返してみたら…コレ…ピンと来ない人にとっては暗号みたいな文章だなぁ…」ってブログを上げちゃったことをお詫び(笑)
ごめん。


昨日はえんそく初のツーマンライブにして、えんそく対マモノのガチンコ対決「魔人と遠足」に来てくれた方、どうもありがとうございました。
楽しかった方、イマイチ楽しみきれなかった方(がいたのなら是非ワンマンでは楽しみ過ぎて下さい。俺が楽しませ過ぎますですはい。)
みんな本当にありがとうございました。
おかげ様で大成功のイベントだったんじゃないでしょうか?
そしてメッセージもらいましたが、ペットボトルの件…(笑)
アレ別に怒ってないですよ(笑)
(えぇ、来れなかった人の為に補足しますと、ぶうさん昨日バンド人生史上初めてステージからペットボトル投げたんですね…そしたら誰も拾わないで床に落ちてやんの…笑。それでぶうさんってばたいそう落ち込んで、その後やたら怒っていた!笑…ってそんな事件)
ぶうさんは機嫌が悪いとすぐに顔に出る(うん。それは本当だと思う。よくないよねー。反省しようと思う。)と言われますが。
昨日のアレは全然大丈夫(笑)逆に面白くて自分で楽しんでいたくらいです。その結果がアレですからご安心を。


さて、ここんとこマモノさんおよびアートポップさんには最近お世話になりっぱなしで……まぁこれからもお世話になっていこうと思っています(笑)
だのでマモノにお熱な「人間共」も是非えんそくを気に入ってくれるといいですね。
えんそく的にも初めてのツーマンってことでマモノメンバーとはだいぶ仲良くなれたと思います。
先輩らしからぬ、そして魔界の者らしからぬ謙虚さと人の良さなので、基本性格の悪め(笑)なえんそくメンバーもばっちりフレンドリーにできました(笑)
本当にありがとうございました。


てことで、たまには昨日のライブのセットリストでも振り返りましょう。
需要あるよね??
(持ち時間が長かったのでいっぱい曲をやりました。)


01 ししゃもパワー
02 とってもマッケンロー
03 となりのオロチ

-MC-

04 妖怪ジジィのテーマ
05 大人のチャリンコ道
06 俺イクラ化計画

-MC-

07 鋼鉄のMACHIKO
08 イガトラ

-MC-

09 はたらくのりもの王
10 戦慄!!悪魔の肘バン人形
11 少女怪獣バンギャルラ


コレ、正直リストを書いた紙を捨ててしまったので自信がないんだよね(笑)
と言うのも、今回のセットリストは本来上記の曲順でやる予定じゃなかったものを俺が間違えたタイトルコールで曲ををぶっ飛ばして順番を前後させたり、
本当はやる予定だった曲を急遽変更してみたり、
「ライブ感」たっぷりにやった結果の「結果論」的セットリスト。
ライブの熱も合間って記憶が曖昧ですわ…。
うん。でもそんなんライブバンドっぽくていいでしょ?

じゃあちょこちょこ解説。
ししゃもパワーは色々なバージョンがありますが、今回はAメロで踊りながら終わっちゃう中途半端なバージョン(と言うのがあるんですよ。はい。)
人間、音楽と歌と踊り、つまり「音」と「踊り」ってのがハイテンションになるには重要なファクターなんじゃないかって事には気付いていたんですが、
実は最近になって、「人間は脳内で音を再生する事ができるので音楽がなくったって踊っちゃえばいいんじゃないの?」って事が学会で発表されたとかされないとか(笑)
まぁ見た人は分かると思うんですが、実際、BGM無しに踊ってみても、相当楽しいです(笑)
そして「マッケンロー」と「妖怪ジジィ」はもうすぐ出る(6月5日ワンマンにて先行販売、全国発売は8日!)
ニューシングル「魔夏のマッケンロー」収録曲で、
最近のライブではしつこくやってきたんでもうお馴染みでしょう。
(音源は音源でいいですよー。)
買ってくださいね。
で、せっかくいっぱい曲ができるので、普段あまりたらない曲をと思い、
「チャリンコ」「イクラ」「MACHIKO」あたりを久々に演ってみましたがいかがだったでしょうか?
新旧織り交ぜたナイスリストじゃなかろうか?ん?
そしてマモノと対バンの度に悪魔的に成長を遂げてきた「肘バン人形」は、
とうとうおじさんの故郷魔界に人間共をご招待。
おじさんの弟「指バン坊や」を紹介するまでに至りました。
まぁ坊やだけあって盛り上がりもミニマムでしたがね……(笑)なっはっはっは(泣)
(二度とやらないかもしれないし観れた人はラッキーでした本当に。)


そんなこんなで、
果たして5日のクラオカミドの誕生際ではどんなセットリストなのか…。
ご期待あれ。

最近とーんとオタクな事から離れていてアンテナ感度が鈍い。ぶうです。


いかんですねぇ。
我が実弟(最近流行りのリア充オタクと言いますか、いわゆるひと昔前で言うところのゲーセンのビデオゲームコーナに女連れで来て、俺や俺の友達の様な生粋のゲーセンファイターに「漢の戦場に余計なもん持ち込んでんじゃぁねぇよこのクソダボがぁっ!うるぁ!隣の筐体のイスに座らせておくんじゃぁねぇーーっ!」って感じの憎々しい人種なのですが…って言ってもこんな話はよく分からないって人のほうが大半だよな…笑)には
「お兄ちゃんはオタクの心を無くしちまった!」
とか言われてむしろ嘆かれているレヴェルで(それどんな兄弟!?笑)
でもそんなボクでも最近のジョジョの最近の展開(7部完結→間を空けずに8部開始ィィッ!しかも舞台が!ドドドドド…)やジョジョの新しいノベライズ(作家陣がマジちゃらい!チャラッチャラで売り上げ確保は間違い無ぇだろうってぇ商売っ気満載の最高の執筆人!何故!?の舞城は俺得だっ!)にはアンテナビンビンっす。マジよだれ出るっす。
って感じなのです。(西尾維新には期待しない!何故なら彼はもはやジョジョをノベライズ済!みたいなもんじゃないか?)


はい!オタッキートーク以上!


すいません。こんな話需要無いですよね(笑)
実は『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』もまだ買ってないハンチクビチグソ野郎に成り下がっているボクなので(とか自覚しつつも「SBRの最終巻出たらそん時買いに行くかな」とか思ってるからマジでぬるぬるのずるっずるです・・・)あんまり大っぴらにオタク発言をする自信を失いつつります。
コレきっとおんなじような話でも
「最近やってる某有名子役が出てるドラマ面白いよねぇ、主演の人が某バンドの某さんに似ているって耳に入ったんだけど、そう思って見ると本当にそう見えて、そのありえなさたるや面白さ10倍増しだよねぇ~」
って話のほうが需要があるかもしれない(笑)
ちなみに俺はアシダマナちゃんそんなにカワイイと思わないナァ。
・・・あ!テレビの話で思い出したんだけど!
近頃出てくるようになったあのペロって舌出す女!!アイツなんなの!?(わかる?あのモデル上がり的な奴だよ!そう!明るい髪の毛の!それそれ!そいつ!
)
マジ生理的に受け付けなくてビックリなんだけど!!人間ってホントウに「生理的に受け付けない」ってあるね!(笑)
おい!誰かアイツに「気持ち悪いよ!」って言ってやれよ!絶対普通にしてるほうがカワイイよって!頼むよ!もうテレビつけたくないよ!
(ついでに。個人的には最近めざにゅ~の杉崎さんがカワイイって言う意味が理解できるようになった。おじさんになったのかな?笑・・・本当にやぁねぇ女子アナの話なんて)


漫画離れテレビ離れが進んでますので、皆さんのオススメを是非教えて下さいね。
君達が俺の鈍ったアンテナをフォローしたまえ(笑)

↑このページのトップへ