こんにちわ!
挨拶もほどほどに、皆さんにお知らせがあります!









■えんそく活動休止のお知らせ■

【えんそく活動休止のお知らせ】


えんそくは10月20日TSUTAYA O-EAST単独公演をもって当面のライブ活動を休止いたします。


ドラムSINはながらく腕の不調を抱え専門医の治療を受けながら活動を続けておりました。
この度、来年2020年10月の15周年を万全の形で迎える為しっかりとした休養を取り、治療に専念する事といたしました。
活動再開時期は症状の経過を見た上で発表させて頂きます。


以下、メンバーからのコメントです。

__________________

〈VOCAL:ぶう〉


今回のお休みの性質上、今はまだ復活時期を明言出来ていないので、
皆さんクッソ心配してくれているでしょう!


楽しい事ばかりが売りのえんそくが、みなさんの顔を曇らせてしまって本当に申し訳ない!

でも大丈夫!


2020年10月、みんなで一緒に心から笑って、
最高の15周年をぶちかましましょう!


(なるべく早くSIN君が良くなって復帰できるよう、みんなで毎晩!空にパワーを送ろう!)

さて!しばらくライブが無いとなれば!
14周年にして活休前最後となる10/20のO-EASTワンマンは必ず来て下さい!!!
休止中のぶんも「ぶちかまし溜め」できるすげぇワンマンにしようじゃないか!


この5人のえんそくは本当に最高のバンドですよ!


俺たちのライブバカな日々を、腕の不調と戦いながらも共に走り続けて来たSIN君のストレスは、時に相当なもんだったと思います!
俺も声が出ない日には「こんなはずじゃないんだ!」とモヤモヤして、楽しいはずのライブで心が折れそうになることもあるもの!
そんな日は、それを無理矢理ぶっ飛ばして最大限ライブを楽しむんだけどさ、
そんなのが何度も続けばいつか疲れて立ち止まりたくもなってしまうかもしれない!


そうなる前にちゃんと相談してくれて、キチンと5人で話し合えて、
こうして前向きな気持ちで一丸となって休めるバンドで本当に良かった!


皆さん!これから先もえんそくを応援宜しくお願いします!

__________________

〈GUITAR:Joe〉


まずは、こうした発表をすること、皆さんにご心配をおかけしてしまうこと、ごめんなさい!


えんそくにとってとても重要な、何よりも楽しい「ライブをする」という活動が苦しいものになってしまう前に、少しだけ我慢する時間を頂くことになりました。


誰よりもキツいのはシンさんだから。
同じ我慢を、私たちも、皆も、共にしましょう。


当然その先に待っているものは、やっぱり楽しい最高のえんそくのライブです!


「今夜は焼き肉だから、お腹空かせておこう!」みたいな、ワクワクを見据えたお休みですからね。


すぐにお会いしましょう!よろしくどーぞ!

__________________

〈GUITAR:クラオカユウスケ〉


これから先の未来を、みんなで笑い合い、そしてこれからも共に走っていくための活動休止。未来の為の活動休止だ。それってすげーポジティブだと思わないかい?

SINさん的にはとても苦渋の決断だと思うし、俺は治してやることも出来ないが、相談してくれてよかった。
早く復帰出来るようにサポートするのみさ。

皆さん心配をおかけしますが、SINさんも俺たちも万全の状態で、最強で尚且つ伝説的な15周年を迎える為に、ここは1つ。

と言う訳で、皆さん温かく見守ってくださいな。ありがとう。
今後ともえんそくを、末長くよろしく頼むぜなぁ!

カミングスーン!!

__________________

〈BASS:ミド〉


いままでずーっと遊び続けて、これからも楽しく遊ぶために昼寝します。
起きる時間がくれば目が覚めて
また思いっきり楽しく遊べるから、ちょっと待ってて!

__________________

〈DRUMS:SIN〉


本当にごめんなさい。


活動休止する原因は自分の左腕にあります。
かねてより不調でしたが、ここ最近さらに悪化してきてます。
このままでは良くなるはずがない、ドラムが叩けなくなるかもしれないと思い、休養を申し出ました。


来年10月はえんそく15周年を迎えます。
15周年を成功させる為の休養。そんな風に捉えてもらえれば幸いです。
サポートメンバーを入れずに、活動休止を選んでくれたメンバーの為にもしっかり治していきます。
必ず戻ってきます。








唐突な発表で、皆さん驚かせてしまったり心配お掛けして申し訳ない。
10月20日のO-EASTを一区切りに、休ませて頂きます。
しかし、全員の意思は一つだ。
必ず戻ってくる!必ずだ!だから待ってておくれよな!








カミングスーン

ついにファイナルを迎えたクラッシュオブモード2019。始まってからと言うもの、終わりは本当にあっという間だ。
さてそんなファイナル岡山、クラッシュの終わりと、夏の終わりを感じながらお届けしたフェス。皆さん最高のファイナルを共に迎えられてとても嬉しい。素直にこれに尽きる。






岡山は俺の救いの土地だ。いろんな意味で。そんな岡山でファイナルを迎えられてよかった。







さて、今ツアーではとてもお世話になった宇宙戦隊NOIZの皆さま方。
YAMAちゃんには箸をあげたり、叫さんとは乳首をつまみあったり、MASATOの兄貴とはいろんな話をしたり、呼太郎ちゃんはキマってるし、ジェル兄さんとはオトモダチになれました。
そんなMASATOの兄貴と。







BeautyPlus_20190828224821657_save.jpg






今後ともよろしくお頼み申しますわ!
それにしてなぜこんなに周りがボンヤリしてるのか…
う、悪寒が…








1566717139910.jpg






夏と言えば悪寒は付き物だよな。うん、気のせいだ気のせい。






フェスから打ち上げまで、いやはや全てがとても楽しいファイナルでした。
こうしてまた季節は巡っていく。そしてまた一つ大きくなるのである。







次回クラッシュオブモードtheアフター








カミングスーン

そして愛すべき高松へ







なんかどこにでも愛すべきって言えばいいと思ってないとの声が自分からしたが、そんなことはない。行く度に愛すべき更新があるのだ。それは愛すべくことになるよね。







うどんバカ一代みたいなところに行きました。テルホの受付のおばちゃんイチオシだけあって、なかなかどうしてうまい~だったわ。釜バター。うまいに決まってるよね。店員さんは至って真面目でした。バカ一代、オススメです。
あぁ、そう言えばテルホのおばちゃんととても仲良くなりました。するとあだしがもううん10年若ければアンタのこと襲ってたわよと口説かれ、あぁ、俺もまだ捨てたもんじゃねぇんだなと思いました。
高松よ、俺に愛と自信をありがとう。






こーゆうのも地元感があってたまらないよな。







そんな気持ちで挑んだクラッシュインザ高松フェス。俺の愛と自信をお裾分けフェスでした。伝わっただろう、俺の愛と自信が。







そー言えばこの日はジンマのフューチャリング岡島くん先輩が生誕した日付近だったよね。おめでとう、青森の風よ。







BeautyPlus_20190824050651743_save.jpg








世間話中に勝手に撮ったのでいい感じだ。ちょいもちょいも。








PicsArt_08-27-07.55.31.jpg







ヤンタラキモチイイジャーハンズメデダー







それにしてもクラッシュって素晴らしいフェスだよ。しかし始まりがあれば終わりがある。次回はファイナル、岡山へ。







カミングスーン

↑このページのトップへ