東京に住んでいて最も素晴らしいと
思うことは…美術館の豊富さです!
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0014.JPG
(写真:国立新美術館  六本木)


世界中の名画や芸術品が集まるのは

・ロンドン
・パリ
・ローマ
・ニューヨーク

などなど、世界に名だたる街ですが…


東京も、芸術の都です(*゚∀゚*)

案外、忘れられていますけど
東京は美術館が豊富です。

地方に住んでいた時には
およそ考えられない頻度とボリュームで
美術に触れることができます。

美術館が所有している作品も
膨大な量ですけれど
日本は世界中から
名画や美術品が豊富に貸し出しされます。


ちなみに…
世界の貴重な名画は、保存の観点から
安全を確保できない地域は
貸してもらえないそうですよ。

そりゃそうですね。
破壊されてしまったり盗難に遭う
可能性もありますもんね。

ありがたいことに
東京は、世界中から名画がやってきます。


ぜひ大学生の方は美術館にいっぱい
行って欲しいなと思います♡



最近、知ったことなのですが
大学生が提携美術館に無料で入れる
キャンパスメンバーズという制度があります。

慶應義塾大学もそのメンバーなのですが
なんと通学だけでなく
通信生でも利用できる
ことがわかりました♡

詳しくはこちら↓↓


美術館に行って世界や日本の名画や
芸術に触れることも
とても良い勉強になります(^ ^)

若い学生さん達が
無料でたくさんの芸術に触れられるように
大学がお金を出しているんですね。

それを、社会人の我々も利用できるなんて…
なんだか申し訳ない気持ちになりますが(・∀・;)
(通信生は学費も恐ろしく安いですし)

絵が好きなわたしには、たまらないシステム!

普通の学割を利用できるだけでも
本当にありがたいのですが
常設展は無料で見られて
企画展も学割からさらに割引になります。

もしも、通信生の方でこのシステムを
ご存知ない方がいましたら
ぜひぜひご利用下さい(^ ^)



そして、割引がなかったとしても
本物の名画を日本にいながら
数千円で観ることができるのは
やっぱり、ものすごーくお得なことです!!


パリやニューヨークやロンドンやローマなど
現地に行って鑑賞できれば、
それが一番感動的なことかもしれませんが…
なかなか毎回行くわけにもいきません。

また自分で所有することは
金額的にも不可能ですよね(笑)


だから、時々お小遣いをつかって
電車に乗って絵を見に行けるのが
とても贅沢だなと思うんです♡




わたしの美術館の楽しみ方

1.お目当ての作品についてウィキペディアなどで事前にチェックしておく(どんな作品か?時代や活躍した国など)

2.音声ガイドを借りて作品をじっくり堪能
(これは本当におススメ!ただ絵を見るだけではわからない作品の深い意味や背景がわかります)

3.ミュージアムショップで画家の本を購入
(作品展の画集ではなく新書などの軽いもの)

4.併設カフェでお茶とともに読書で復習タイム(^ ^)
やっぱり、この時間がたまりません(笑)


美術館て、ゆっくり歩くから実は結構
足腰が疲れるんですよね(笑)

だから、終わった後にカフェで
ゆっくりできると幸せです♡

その絵画が描かれた当時の歴史や、
画家の人生など読書しても
楽しい過ごし方ですね(^ ^)








先日、夫とお散歩デートしてきました。

家の周りは、古き良き歴史的な建築物や
緑も多くてお散歩にピッタリなのです。

ちょっと足をのばして
神保町の古書店街もブラブラ。

神保町はカレーとコーヒーと古本の街。
私たちの好きなものばっかり♡

古本は、珍しい絵画の本から漫画
歴史書から文庫本まで
掘り出し物が沢山あります。

ウィンドーショッピングでも
十分楽しめます(^ ^)


歩きながら、夫婦水入らずで
いろんな話ができるのも楽しいです。

最近、夫が仕事で多忙で
朝帰りの日も多かったので
久しぶりに2人でゆっくり過ごしました。

特にどこに行くわけでも
何か買うわけでもなく(笑)

ただ歩くだけで夫婦円満です。



最後にお抹茶とプリンで休憩。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0009.HEIC

ここは、最近見つけた夫のお気に入りカフェ。
お茶が美味しい、お茶にこだわったお店です。


コーヒーブレイクもいいけど
お茶ブレイクもいいね(^ ^)




今日は、病院の日でした。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9929.JPG


先生「えー、検査結果ですが…」

そう、今日は
先日検査した結果を聞きに
来たのであります。


先生「ひとつだけ先に
お伝えしておかないといけない
ことがあります。」

?!(゚∀゚)
んんん、なんだろう。


いやーな予感。


先生「なおみさんは、
特殊な血液抗体がありまして
ご自身は持っていないタイプの
特定の血液型に反応してしまうのです。」


先生「これは、
輸血の時などはあまり問題になりません。
問題になるのは…」


私「…妊娠した時ですね?」 (・Д・)

「はい、そうなんです」



うーむ、これは大変。

どうやら、妊娠したときに
赤ちゃんを異物と判断して
攻撃してしまう可能性があるらしい。


先生「おそらく、以前に流産されているので
その際にこの抗体が作られたのではないかと
思われます。」

私「…その攻撃をやめさせる方法は
なにかあるんでしょうか?」

先生「治療法があるわけではなくて
抗体が増えすぎてないかを
チェックしながら様子を見るしかありません」



なんと!!

それじゃあ、一か八かの勝負…
ということだなぁ。

万一妊娠したとして
抗体が増えすぎたら
おそらく妊娠は継続できない。



それにしても
自分にそんな抗体があるとは
全く知りませんでした。

もしかしたら、世の中で
「不育症」と呼ばれる
妊娠が継続しにくい女性のなかに
この抗体があるケースが多いのだろうか?


女性は、もっと普通の婦人科チェックで
こういうこと、わかればいいのにね?

今まで何回も何回も…
血液検査してきましたけど。

不妊専門のクリニックでも
言われたことなかったので
特殊な抗体までは
調べないのが普通なのかも?


ショック半分、
粛々と受け止める自分半分。



その後、入院準備の説明を
看護師さんからしていただきました。

なんでも、ジェルネイルNGらしく
せっかくこの間付け替えてもらった
足のジェルネイルを外してもらわないと
いけなくなりました(ㆀ˘・з・˘)

手術される方は、お気をつけください。
あらかじめジェルネイルを
オフしておくことをオススメします。


そして、せっかく入院するし
こんな機会は滅多にないので
個室希望出してきました(゚∀゚)



第1希望に少し贅沢な
お食事も特別メニューになるお部屋を。

第2、第3希望はワンランク下の
個室にしました♡

年末で混み合うので個室が取れるか
わかりませんけど…

もし取れたら、
ホテルでのんびり過ごすような気分で
手術にのぞみたいと思います。


抗体のことは、とりあえずもう少し
考えてみよう。









↑このページのトップへ