IMG_20160712_191804.jpg


アシスタントを1名募集します。

面接後、一定の期間インターンとして働いていただき、その後話し合いの上採用を決めていく形になります。

 

小道具製作、撮影現場でのアシスト、小道具管理、事務作業(PC作業)など全般的な作業を行って頂きます。

休みは不定期です。早朝や深夜の作業もあります。


なお、今回学生の募集はしておりません。

 

 

 



ここで少しお話しさせてください。


プロップスタイリストというお仕事は、「こういう風にしたらなれる」という決まったレールがあるような職業ではありません。

なので資格や特殊な技術が必ずしも必要とは限りません。

また、まだまだ認知度の低い職種のため、お仕事の内容自体がわからないという方もたくさんいらっしゃると思います。

なので、とりあえずおもしろそうだからアシスタントになってから学んでみようかなと思ってくださる方もいらっしゃるかもしれません。


ただ、今回は「プロップスタイリストになるために今まで自分なりに努力してきたけれども、どうしても道が切り開けない」「自分には物を作ったり絵を描いたりする技術や、自分にしかない特技があるのにそれを実践、発揮できる場所がなかなか見つからない」というような方に是非来て頂きたいと思っております。



なぜかというと、私がやっているプロップスタイリストという職業は、基本的には「物を創るお仕事」だからです。

木材を加工したり、発泡スチロールを削ったり、紙を切ったり、絵を描いたり、縫い物をしたり、ペンキで色を塗ったり

家具小道具を集めてスタイリングして空間を創るだけのお仕事ではありません。


ありとあらゆる物を創るお仕事です。


なのでベースとして、「物をつくることが好き」である必要があります。


テーブルコーディネートやインテリアコーディネートなどとはまったく違うお仕事です。



そのため、何も技術がない状態で来られても発揮するものが無いので、ただ出遅れる一方で自信を無くしてしまうだけだと思います。


もちろんお仕事ごとに作るものは全く違うものなので、苦手な作業も出てくるし、やり方がわからないこともたくさん出てきます。


そんな時はみんなが得意とする分野で補い合えばいいと思っています。


アシスタントというのは大切なチームメイトの1人です。仕事仲間です。
私も苦手なことやできないことがたくさんあります。
補い合って、力になってもらえたら、とっても嬉しいです。



いずれプロップスタイリストになりたいと本気で思ってくれている方なら、今自分に必要なことは何なのか見えてくると思います。


大物の造形物を作れるようになっておいた方がいいのか 、絵が描けるようになっておいた方がいいのか、イラレやフォトショが使えるようになっておいた方がいいのか、運転免許が必要なのか。
まずそこから考えてみてください。


アシスタントというのはスタート地点ではありません。あくまで実地経験を積む場です。


はっきり言うと、スタイリングに関しては私は何も教えません。見て学んでくださいスタイルです。

なので、そういった準備や基礎が自分なりにできたなと思った方に、今回のアシスタント募集のお知らせが届くといいなぁと思っています。


余談ですが、プロップスタイリストとは具体的にはなんぞやと興味を持って頂いた方は私の本「Girly Prop Styling(扶桑社)」をぜひ読んで頂けますと幸いです。


どうぞ宜しくお願いします。

 





【募集要項】

●将来絶対にプロップスタイリストになりたいという強い願望をお持ちの方

●28歳以下。男女問いません。

●東京在住(又はアトリエのある新御徒町駅(3月中)、蒲田駅(4月から)に通える方)

●健康で体力に自信のある方(かなり重いものを日々持ちます)

●明るくて基本的な常識のある方

●Photoshop / IIIustrator/Power point/Excel などのPCソフトの基本的な操作ができる方

●ミシンが使える方、運転免許を所持している方だと嬉しいです。

 


履歴書と連絡のつくメールアドレス、電話番号を表記の上、志望動機や自分が作った作品の写真などがあれば是非添付して頂いて、こちらの宛先に御郵送ください。


〒111-0056
東京都台東区小島2-9-10
台東デザイナーズビレッジ102
遠藤歩宛

 

なお締め切りは
2017年2月24日必着でお願いします

 

選考の後、面接をお願いしたい方のみご連絡を致します。

ご連絡がない方は、申し訳ありませんがまたの機会に宜しくお願い致します。

また、履歴書のご返送は行っておりませんのでご了承ください。

 

ご連絡お待ちしております。






大切なお知らせです。




7/1にわたしの初著書「Girly Prop Styling」が扶桑社さんから発売されます。


 

表紙帯なし




ずっと夢見てた、念願の書籍出版です!!!!!




去年末にこのお話を頂いてからこの半年、一切の妥協を許さず、こだわりにこだわり抜いて本の製作に勤しんできました。


一体わたしには何が出来るのかと自分と向き合う日々で、
本を出すからには当たり前だけど自己満足の境地ではなく、たくさんの人の人生に寄り添えるものがいいなぁって、
でも私にそんな力があるのかなぁと疑いながらも、絶対にいいものを作ってみせるぞ〜!と、全力で走り抜けてきた半年でした。





無事ここまで辿り着けて、今、ほんとに嬉しい気持ちでいっぱいです!
 
自信作です!





と、いうわけで書籍の内容ですが、

 
パーティーシーンや記念日に使えるフォトブースの作り方12パターンをはじめ、
ウェディングシーンのウェルカムスペースの提案、
インスタで使えるスタイリングのコツや、
マイメンの菅野とKUNIKAちゃんとの対談、
わたしのイメージソースや過去のお仕事など、
もうそれはそれは盛り沢山な内容です◎






そして、表紙巻頭はもちろん菅野結以にお願いしました。
私の親友でもあり、仕事仲間でもあり、唯一無二のミューズです。
晴れの日をこの表紙で戦えるなんて、ほんとーに心強いです。ありがとう♡
 


この本に関わってくださった全ての方々に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 



というわけでAmazonで予約受付中です!
こちらから予約できます!





プロップスタイリストというまだ日本では認知度の低い未開拓な業種にも関わらず、この本が出せる喜びをひしひしと感じてます。




宜しければぜひお手にとって頂けると嬉しいです。


たくさんの人の手に届きますように。



楽しみ♡

1月、凄い勢いで駆け抜けた。


2016年凄いかもしれない。
 

もう限界かもしれないといつも思うんだけど、限界なんていつもやって来なくてやるしかない現実しかなくて

でもできるって自信があるからやってるんだと思う。
 

アウトプットの連続でインプットする時間が全然無くて、絞り出して絞り出して、息が詰まりそうになるんだけど、そんな時こそ才能の塊みたいな素晴らしい作品がふと目に入ってくるともうたまんなくなる。
 

負けてられないし、私にもできないはずないし。
 

ただ、ほんとに、いい作品がつくりたい。


辛いのは寝れなかったり食べれなかったり会いたい人に会えなかったり責任感に押しつぶされそうになるぐらいで、あとはもう楽しくって楽しくってしょうがないからこの仕事やってる。

 

この1ヶ月、いろんな面で悩んでたことが突然わーーーっと信じられないぐらいの勢いで動き始めて、たくさんの人が助けてくれて、そういう時なんだなってもうほんと今なんだなって思ってる。ありがたくてほんと泣ける。

 

先のことばかり考えて心配して心配して先回りして安全な道確かめて今まで生きてきたけど、そこまで心配しなくていいのかもしれない、全部ひとりでやろうと思わなくてもいいのかもしれない。
 
今を確かに生きるって、その時の感情で動くって凄く大事なことなのかもしれない。

 

2月も凄い勢いで駆け抜ける。

今日はわたしの好きなもの







自分が何がしたいのか、どういうことがやってみたいのか。


最近、自分がどういうことがしたいのか皆目わからなくなってしまっている。


否、やりたいことはあるけれども世の中がそれを欲していない気がしてしまうというか。ただの思い込みだけど。なんとなく。



自分のやっていることに価値を見いだしたいという気持ちがあって

評価が伴って必要とされることがとても好きで、嬉しくて





そんな中でやってみたいことをなんとなく後回しにしてたら、自分がやりたいことなんて忘れてしまってて、一度わっと燃えた気持ちがすーっと冷えていくのを、あぁまただ。

なんて思いながら静かに溜まっていくドロドロしたそれをただ見つめるだけの日々。


そんな自分に辟易してる。


やればいいのに。ね。


やればいいんだよ。 










今日はわたしの好きなもの


オフィーリア。マークライデン。赤い靴。野田凪。宇野亜喜良。牧神の午後。ジョンデリアン。ファニーフェイス。シノワズリ。雪の女王。青。過剰装飾。剥製。サティ。ドヴォルザーク。‚‚‹高橋真琴。ティムウォーカー。イリナイオネスコ。キャバレー。イーディセジウィック。ネオン。バレエ。天体。プロムパーティー。バーグドルフのホリデーウィンドー。おとぎ話。フォルナセッティ。ビョーク。グザヴィエドラン。リリーコール。


いつだって変わらずずっと好き。




スライド1


美し過ぎて泣いてしまいそうな、そんなものがつくりたい。



 

突然ですが私にとって三大神が実花さん、椎名林檎さん、野田凪さんなのですが



さっき神様仏様椎名林檎様のライブに行ってきました。


運だけがいい私はチケット運も最強なのですが、まさか林檎様のライブで最前列だなんて。

多分数年分の運を使い果たしました。


こんなにも内なる気持ちが爆発したのが久々過ぎていてもたってもいられない状態です。



目の前で繰り広げられる様々な出来事にたくさんたくさん心を震わせられて、もう本当に永遠に余韻に浸っていたい。。。



ひとつ、強烈に感激したのが、衣裳についてです。


ライブの衣裳って世界観を創る上でとてつもなく重要な役割を担っているということを感じずにはいられませんでした。
衣裳チェンジの度に全てのお客さまの心を鷲掴みにし、ドキドキさせ、世界観と歌のストーリー性と彼女の魅力を最強に爆発させるお仕事。



スタイリスト飯嶋久美子さんのお仕事って本当に素晴らし過ぎてもうほんと国宝だと思います。誰にも真似できない絶対無二。
あんな順番であんな仕掛けに素晴らし過ぎるスタイリング、そして衣裳の数の多さに脱帽。平伏すレベル。

10cmヒールのあのルブタンに踏まれたいと思ったお客さんが何人いただろうか。





早着替えの際に舞台上に飯嶋さんがサッと出てこられてバッと布を剥ぎ取られたお姿に真のプロフェッショナルを感じて異常に興奮しました(笑)





私もあんな魂レベルでお仕事ができるようになりたい!!!!

卓越した境地に自分もいつかいけるように頑張りたい!!!!

って強く強く感じました。




近くで見ないとわからないことが死ぬほどある。

今、このタイミングで最前列で林檎様をはじめ、関わられている皆様のプロフェッショナルの極みを拝見できてほんとに良かった。


ちょーがんばる。


image

明日から3日間モノマチという台東区のイベントで私のアトリエがある台東デザイナーズビレッジも3日間施設公開します!



台東デザイナーズビレッジとは小学校の廃校をリノベーションして、一部屋ずつを、創業してまだ年数が浅いブランドさんやクリエイターさんに対して台東区が支援して貸し出してくださっている施設です!


すっごい良い施設です!♡


現在は19組の素敵なブランドさんやクリエイターさんがアトリエを構えています!アクセサリーや革製品やお洋服など様々!


この3日間デザビレでは、入居ブランドを始め、卒業ブランドの方々も一緒にとっても素敵な商品の販売や展示が行われます♡


私はデザビレ入居2年目! 
特に販売するものもない私(笑)
というわけで私のアトリエがある102号室ではキラキラフォトブースを用意しました

もれなく物で溢れかえった混沌としたアトリエもご覧頂けます涙
必死に掃除して断捨離して大きな製作物は別室に全部移動させたけどそれでもまだまだ汚くて恥ずかしい😭



無料です♡

あんまりふわふわガーリーなセットだとおじいちゃんおばあちゃんがビビって部屋に入ってきてくれないので(笑)老若男女楽しんでもらえそうなカラフルなセットにしました!


携帯やデジカメなどでお友達やご家族と一緒に記念にパシャパシャご自由にお撮りください♡


私はアトリエに3日間ともいます◎
ぜひ遊びにきてみてください☆ 




■日程  5月22日(金)・23日(土)・24(日)10時から18時まで

■場所  台東デザイナーズビレッジ (台東区小島2-9-10)

地下鉄大江戸線・つくばエクスプレス「新御徒町駅」A4出口1分

■内容 ・入居クリエーターのアトリエ公開、商品展示・販売
・卒業クリエイターの商品販売
・「浅草ものづくり工房」入居クリエイターの商品販売


↑このページのトップへ