人は誰もスーパーの店頭に並んでいるバナナに疑いを持たない。
その中身はバナナだと思っている。
「中身が電子部品」だなんて誰も想像すらしない。
でも、実際は剥いてみないと判らない。

遠くに見えるビルが実は薄いハリボテかもしれないのに。
喫茶店の食品サンプルはホンモノかもしれないのに。
地球は平らかもしれないのに。
実在している生命体は“あなた”だけかもしれないのに。
その“あなた”すら脳みそだけがプールに浮かんでいる状況かもしれないのに。
我々はほぼ日常を思い込みだけで生き抜いている。