このシーンからオープニングが鳴り響く。