_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1738.HEIC
ウニ(欲しいニュース)を獲る気満々で海(ネット)に出かけるが、その海の中には多くの栗(フェイクニュース)も混ざっていたりする。
でも、中身も見ずにストックしてしまうから、その人はずっと自分がゲットした獲物が本物のウニだと思い続けてしまう。

本当は栗なのに。

しかも自分で食べる前に人にあげたり(拡散)する。
悪気がないから余計にやっかいな話で、本当に自分できちんと情報を噛み砕いていかないといけない。
フェイクニュースは誰もが割と簡単に引っかかる。
多くの人は最初から予め『こうであって欲しい』という器を持ってネットサーフィンしている。
特に政治の話や芸能スキャンダルでは自分の思い描く方向の情報ばかりを取り込みがちだ。
ウニの話で言えば、最初からウニを入れる器で海に来てしまっているから、形が同じものをどんどんそこに投げ込んでしまう。なんなら本当は栗だと気付いているのに、ウニという事にしてそのまま持ち帰る狂信的な人もいる。
情報の海は広い。
慌てずのんびり泳ぎ、時には俯瞰的に見て自分がどのへんを泳いでいるのか確認するくらいがちょうどいい。
写真は大好きなココアシガレット。リラックス出来るよ。