来年は2010年だ。
子供の頃、
2010年といえば確実に少しは車が浮いて走っているんだろうな…という感覚だった。

だがしかし、今の時点で浮いていない。

もう何年も実験しているリニアモーターカーさえ、なんだかよく判らない状態だ。

そんな浮いた車は、透明チューブの中を走りビルからビルへ移動する。
火星探索ロケットは頻繁に打ち上がり、あらゆる星に開拓民が住みはじめている。

人々はやたらピッタリフィットな服を着て、家の形はドーム状。もちろん窓は丸い。

それが小さい時に想像していた2010年頃の日本だ。



エンドケイプオフィシャルブログ「エンドケイプ・ほぼオンライン」by Ameba-Image1425.jpg




池袋で宝くじ売り場を見た時、まだまだ思い描いていた2010年は遠い先にあるのだと思った。